写真家 永坂嘉光       大阪芸術大学教授
by Ynaggie
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
1948年、和歌山県高野山生れ。大阪芸術大学芸術学部卒業。1970年頃から故郷高野山をライフワークに撮影をはじめ、宗教と文化をテーマに日本各地やインド、ブータン、スリランカなどアジア各国を取材する。現在、大阪芸術大学写真学科教授。主な写真集に『高野山』(毎日新聞社、1980)、『弘法大師の足跡』(同朋舎、1984)、『高野山千年』(ぎょうせい、1989)、『永遠の宇宙 高野山』(小学館、2001)などがあり、とんぼの本シリーズにも『巡礼高野山』(1990)がある。2002年、東京写真文化館で個展「永遠の宇宙」、同年、アメリカ、ウェストン・ギャラリーで個展「Echoes of the Spirit」を開催。2004年、日本写真芸術学会芸術賞受賞。2007年、社団法人日本写真協会作家賞受賞。
検索
2010年 11月 02日 ( 2 )
天河弁財天
奈良吉野の山奥、日本最古の秘仏の弁天像が祭ってある所で
水の神、または芸術の神様として著名な天河弁財天社で
今日は秋の大祭でした。
参拝者が少なかった感じで
紅葉はしていないが寂しい天河でした。

 インドの舞踊と歌もあり、若い方が熱狂的で
能舞台で歌い舞うインドの音楽家達に、つられて。
ついダンスをしたり手を大きくふったり、観客も熱狂的でした。
とかく古くなりがちな、神社信仰ですが、ここは
若く美しい女性が多いですが、春はこの数倍ですね。
中には老人もいます。ここの宮司さんも、もう70過ぎです。
しかし、気は若い感じでした。
[PR]
by Ynaggie | 2010-11-02 21:17 | Diary
ある作家の通信
今日はある地方の実績のある作家が通信してこられた。
作品を販売する仕事をしたいんですが、どうすればいいのだろうか。
 私永坂が米国で作品が売っているから、作家としては、念願だろうと思う。
しかし、日本では本当に難しいんです。
15年前、私が東京で個展するなら、米国でしょうーと思い。
日本人が建立した、日本クラブビルのgalleryで2週間個展をした。
高野山であるが、協賛金を出してくれたのは、私の友人企業でしたが、
なんせ、良かった、50万部発行のカメラ雑誌に掲載されたのが良かった。
日本のカメラ雑誌の5倍の原稿料ー。日本ならあなたの紹介だから無料と言われるだろう。
が、写真家の地位が高い米国ならではの待遇でした。(部数も多いが)
それで気を良くしてー運もあって(ほとんど英語話せない、私でしたが)
米国の最難関のウエストンgalleryの契約作家となれたんです。(運)
しかし、そこは写真の販売の基本を今まで決めて来た経過があり、
1作品、50万、100万とかはしないんです。
よく、100万で売れたと言う、作家がいますーしかし、それが続くかですねー
 1作品限りが多いですがーそれまでです。作品としての価値がなくなります。
 (巨匠となると、また別ですが)
 で、30枚限りとしてみるならー30枚で10枚が売れた所で
 価格が跳ね上がりー作家が受賞すればーまた跳ね上がる、と言う具合に
 実績を積んで、初めてその作家の価格が定着するんです。
 その連続でいつしか、550ドルが、1000ドルー2000ドルに
 上がっていくんです。
 今日は少し触れたのですがー機会があればまた、書きます。
[PR]
by Ynaggie | 2010-11-02 00:41 | Diary


ライフログ
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧