写真家 永坂嘉光       大阪芸術大学教授
by Ynaggie
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
1948年、和歌山県高野山生れ。大阪芸術大学芸術学部卒業。1970年頃から故郷高野山をライフワークに撮影をはじめ、宗教と文化をテーマに日本各地やインド、ブータン、スリランカなどアジア各国を取材する。現在、大阪芸術大学写真学科教授。主な写真集に『高野山』(毎日新聞社、1980)、『弘法大師の足跡』(同朋舎、1984)、『高野山千年』(ぎょうせい、1989)、『永遠の宇宙 高野山』(小学館、2001)などがあり、とんぼの本シリーズにも『巡礼高野山』(1990)がある。2002年、東京写真文化館で個展「永遠の宇宙」、同年、アメリカ、ウェストン・ギャラリーで個展「Echoes of the Spirit」を開催。2004年、日本写真芸術学会芸術賞受賞。2007年、社団法人日本写真協会作家賞受賞。
検索
2008年 01月 29日 ( 2 )
2007年度写真協会会報2008年刊行
日本写真協会
日本写真年報ー2008年版
2007年写真賞受賞最優秀作品のページに
掲載願いが来た。
今回は吉野ー大峰の写真を止めて、高野山の自慢の
作品を送った。是非ご覧下さい。
1/12日に東京で、作品集と作品展の会合がある。
[PR]
by Ynaggie | 2008-01-29 22:44 | Diary
溶解する雪景色
今日朝は冷えていたので、奥の院や伽藍に向かった。(高野山)
雪が溶解し、伽藍の地面が凍てついた池の表面の様になっていた。
シャーベッド状態で、踏むと溶解した雪が跳ねて大きな
足跡になる。ベッチャーと 、 子供の世界にいるような感じである。
まず、奥の院参道で千年杉に包み込まれた石仏を撮影した。
雪の模様が美しいだけでなかった。1秒F22、150ミリ
伽藍では、溶けた雪の地面と三王院の灯火を撮影。
今までの作品を飛び越えていない、が、カレンダーなら
使える場面であった。
暗くなった、霧が「出て来た。あと1時間早く霧が出ていたら
私の思った情景『雪と霧と吊灯籠』 が撮れたのだがー残念。
F22で20^30秒。90ミリ
[PR]
by Ynaggie | 2008-01-29 22:35 | Diary


ライフログ
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧