写真家 永坂嘉光       大阪芸術大学教授
by Ynaggie
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
1948年、和歌山県高野山生れ。大阪芸術大学芸術学部卒業。1970年頃から故郷高野山をライフワークに撮影をはじめ、宗教と文化をテーマに日本各地やインド、ブータン、スリランカなどアジア各国を取材する。現在、大阪芸術大学写真学科教授。主な写真集に『高野山』(毎日新聞社、1980)、『弘法大師の足跡』(同朋舎、1984)、『高野山千年』(ぎょうせい、1989)、『永遠の宇宙 高野山』(小学館、2001)などがあり、とんぼの本シリーズにも『巡礼高野山』(1990)がある。2002年、東京写真文化館で個展「永遠の宇宙」、同年、アメリカ、ウェストン・ギャラリーで個展「Echoes of the Spirit」を開催。2004年、日本写真芸術学会芸術賞受賞。2007年、社団法人日本写真協会作家賞受賞。
検索
2008年 01月 21日 ( 1 )
積雪
昨夜から激しい風雪だった。朝6時に目が覚めたの
すぐに撮影にでた。
高野山麓九度山慈尊院から
高野山への町石道(世界遺産)の撮影に向かった。
高野山にしようか、吉野山にしようか、と迷ったが
今日は東寺に行く予定もあった。
九度山の雪景色は珍しいから、雪で覆われた
町石道をねらった。細い道の頂きには
展望台がある、なんとかそこまで、車で行けた
後は、徒歩で50分。
撮影が終わり、車のUターンする所は、かなり
傾斜のある、歩く道の4叉路である。いつもの様に
車を急斜面で回転させたが、これは大変
雪の為に横滑りで、車ごと斜面の下に滑った。
これは、無理と判断し、JAFに連絡がついた。
1時間30分で行きますと返事があった。
この時点で東寺行きは無理と判断し、連絡を
入れた。
JAFが来るまで、近くの雪の町石道を撮影。
遠く見える高野山と町石の風景はここでしか
撮れない。また、雪の風景なんて、2−3年越しに
ならないとチヤンスがない。
JAFが来るまでと思い撮影した。
急な斜面なのでかなり疲れたが、
車の所に来ると雪が少し溶けていた。
車の下の雪を足でかいて、周辺の雪を
とり、車に乗り再チヤレンジした。すると
見事。脱出出来た。良かった。
JAFが来ないので、連絡した。
JAFは大丈夫ですか、間に合わなくてすみません。
の返事であった。慈尊院には12時に着いた。
睡魔が襲って来た。衣服もべとべとであった。
風景写真家は、自衛隊みたいだなーと思った。
[PR]
by Ynaggie | 2008-01-21 21:56 | Diary


ライフログ
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧