写真家 永坂嘉光       大阪芸術大学教授
by Ynaggie
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
1948年、和歌山県高野山生れ。大阪芸術大学芸術学部卒業。1970年頃から故郷高野山をライフワークに撮影をはじめ、宗教と文化をテーマに日本各地やインド、ブータン、スリランカなどアジア各国を取材する。現在、大阪芸術大学写真学科教授。主な写真集に『高野山』(毎日新聞社、1980)、『弘法大師の足跡』(同朋舎、1984)、『高野山千年』(ぎょうせい、1989)、『永遠の宇宙 高野山』(小学館、2001)などがあり、とんぼの本シリーズにも『巡礼高野山』(1990)がある。2002年、東京写真文化館で個展「永遠の宇宙」、同年、アメリカ、ウェストン・ギャラリーで個展「Echoes of the Spirit」を開催。2004年、日本写真芸術学会芸術賞受賞。2007年、社団法人日本写真協会作家賞受賞。
検索
2007年 08月 28日 ( 1 )
追伸、バリ島の猿
バリ島の最もメインの寺院(夕日が美しく、海が見渡せる寺院)
SFの200マイルの海岸は素晴らしい夕日だが、
それに負けない美しい所にある寺院に行きました。
ここは猿が多いから、注意と言われたが、近くの方が財布をとられ
かけたり、悪猿が沢山。
メガネに注意と言われていたが、歩いて夕日と海と大きな波が見える
絶景、思わず写した。が、
しかし、後ろからスーといたずらみたいに、眼鏡がなくなった。
ほとんど抵抗はなかった。あれーと思っていたら、小猿が持って
眼鏡を見せていた、多く観光客がいる中で、だれかが私が取りかえして
あげる、10000ルピー用意して下さい、いや、20000ルビー
なら、もっとやる気が出ると言われたので、20000渡した、
眼鏡は一部こわれていたが、なんとか手にもどった。
良かった、しかし、話が上手すぎるかなーと
後で思った。しかし、近視の私は眼鏡がなかったら、かなり危なかった。
[PR]
by Ynaggie | 2007-08-28 01:38 | Diary


ライフログ
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧