写真家 永坂嘉光       大阪芸術大学教授
by Ynaggie
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
1948年、和歌山県高野山生れ。大阪芸術大学芸術学部卒業。1970年頃から故郷高野山をライフワークに撮影をはじめ、宗教と文化をテーマに日本各地やインド、ブータン、スリランカなどアジア各国を取材する。現在、大阪芸術大学写真学科教授。主な写真集に『高野山』(毎日新聞社、1980)、『弘法大師の足跡』(同朋舎、1984)、『高野山千年』(ぎょうせい、1989)、『永遠の宇宙 高野山』(小学館、2001)などがあり、とんぼの本シリーズにも『巡礼高野山』(1990)がある。2002年、東京写真文化館で個展「永遠の宇宙」、同年、アメリカ、ウェストン・ギャラリーで個展「Echoes of the Spirit」を開催。2004年、日本写真芸術学会芸術賞受賞。2007年、社団法人日本写真協会作家賞受賞。
検索
研究会
神護寺で京都大学や大阪大学の大学院の先生や、学生との
研究会が開催された。雨の中、あの長い石段を登られて来た
雨のせいで参加は少人数でした。
午後13時に開始、私も何か話してと言われたが
私は勉学の立場でー聞き手に廻った。(話し手はご住職)
ご住職は延々と2時間、空海について、また天台宗の開祖、最澄について
 皆様がしらない事実を話された。
この話は新聞記者は、もちろん顔負け?ですねー
やはり、住職には空海が宿っていると感じたのである。
 その後には
 〜  私は以下の事を思った。〜
空海を語る多くの方々、多くの著名な先生がいます。
しかし、それは空海入定後の約1、200年後の研究やお話が多い。
1200年間の長い歴史を凝縮して、今空海をそれぞれの思いで
語られている。ほとんどの視点、論点がそうであるー
  もちろん、当たり前でー仕方ないのか。
 机の上で(本や資料で空海を語る)の空海論でないー体験による
 空海論もーかっ飛ばしてほしいーと思うのである。 
ほとんどの学者さんは、約1、200年後の結果論であるのではないか。
予算も体力もなくてー仕方が無いと思いますがー
空海が高野山に約1、200前に入定後に、高野山は荒涼としたした時代が
ある、それは10−20年単位ではない、200ー300年の間は、閑散としていた。
一時代には空海は世間から消滅したのではないか、
祈親上人が、空海入定説を再び広めー高野山は再興されて行く。
のちに、覚鑁上人、応其上人等、高野山を守る僧侶が現れる。
ここらの歴史的事実が重要な事柄であると思うー。
ー有名な芸術家が亡くなると、10年するとその名は消滅し、人々の
記憶から消えるのである。その死後30ー50年後後に見直されて行くー
    ー空海は1200年後の今もますます―人々の心をかき立てるー
   それだけにー世の心は荒れているのか=?
[PR]
by Ynaggie | 2009-08-10 09:03 | Diary
<< 神護寺と最澄 阿修羅仏をしのぐ別な美しさ? >>


ライフログ
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧