写真家 永坂嘉光       大阪芸術大学教授
by Ynaggie
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
1948年、和歌山県高野山生れ。大阪芸術大学芸術学部卒業。1970年頃から故郷高野山をライフワークに撮影をはじめ、宗教と文化をテーマに日本各地やインド、ブータン、スリランカなどアジア各国を取材する。現在、大阪芸術大学写真学科教授。主な写真集に『高野山』(毎日新聞社、1980)、『弘法大師の足跡』(同朋舎、1984)、『高野山千年』(ぎょうせい、1989)、『永遠の宇宙 高野山』(小学館、2001)などがあり、とんぼの本シリーズにも『巡礼高野山』(1990)がある。2002年、東京写真文化館で個展「永遠の宇宙」、同年、アメリカ、ウェストン・ギャラリーで個展「Echoes of the Spirit」を開催。2004年、日本写真芸術学会芸術賞受賞。2007年、社団法人日本写真協会作家賞受賞。
検索
展示会、写真集
パリ人のデレクターから、永坂の白黒はまだか?
と。お叱りの通信が来た。30年前の雪の中の
人物風景からーが魅力的だとかー。(フランス版の作品集創るとか)
なにしろ原板を整理していないので、多くの中から
とか、実家の雨漏りだらけの屋根裏のボックスの中から
捜査しなくては?と思いつつ時間が経ってしまった。
なんで、?整理が悪いなー、と思われてもー当時の私は
芸大の月給8、000円の使い走りでした。
また、もう芸大生活で諦めていたー事もあります。
関西はー写真の芸術家には思想が田舎でしたー
仕事等ー若者を伸ばす場ーと言う
言葉はー皆無ーに等しい地でしたー、で、あきらめないと
道がないー地でした。
今は―グローバルな世界で全然違いますー/若ものの為の世界が
満ちあふれています。
 今日、明日と、大学のキャンバス見学会です。
 はつらつとした、高校生と話をしました。
若者には無限大の夢があり、また、30数年の年間の教員生活の中で
誰が、有名になり、どの様な方が脱落したかをー話しました。
眼をらんらんと輝かせて高校生は聞いていました。
[PR]
by Ynaggie | 2009-07-19 22:35 | Diary
<< 梅雨 ゼミ展 >>


ライフログ
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧