写真家 永坂嘉光       大阪芸術大学教授
by Ynaggie
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
1948年、和歌山県高野山生れ。大阪芸術大学芸術学部卒業。1970年頃から故郷高野山をライフワークに撮影をはじめ、宗教と文化をテーマに日本各地やインド、ブータン、スリランカなどアジア各国を取材する。現在、大阪芸術大学写真学科教授。主な写真集に『高野山』(毎日新聞社、1980)、『弘法大師の足跡』(同朋舎、1984)、『高野山千年』(ぎょうせい、1989)、『永遠の宇宙 高野山』(小学館、2001)などがあり、とんぼの本シリーズにも『巡礼高野山』(1990)がある。2002年、東京写真文化館で個展「永遠の宇宙」、同年、アメリカ、ウェストン・ギャラリーで個展「Echoes of the Spirit」を開催。2004年、日本写真芸術学会芸術賞受賞。2007年、社団法人日本写真協会作家賞受賞。
検索
高野和紙の普及
高野山には経典等に使われた、昔からの和紙があった。
私は高野山の和紙がほとんど忘れられて行くのがー寂しかった。
 (高野山の産業は無くなっているので、高野山生まれの方は
  7割は山を下りて暮らす)
そこで、この和紙に高野山の写真を印刷してとー昔から考えていた。
高野和紙はーこうぞ、みつまた、でつくられている荒い紙である。
阿波和紙や越前和紙に比べたら、比べものにならない程ー質が固い。
しかし、強引に写真を印刷したら、荒い感じが何とも言えない。
良い所は紙が強い事である。中々破れない。
阿波和紙は高野和紙に比べるとすぐに破れる、
高野和紙で着物を創っていたらしい。これは高野和紙ならでである。
吉野(よしの)  和紙も南朝で使われたので、多くの方法で使われているー。
高野和紙はーアート作品を制作するのにとてもー都合がいいのである。
 高野山を愛する寺院に大判が飾られます。
  完成の暁にはー発表します。
 注意ー高野和紙はー今は創られていません。
 残存した和紙で制作しています。
早速ー高野町ー世界文化遺産センターに持って行きました。
    高野山に産業が出来るとー大喜びですした。
大判の和紙ー漉きましょうーとー元気が出て来ている/
 今日はその、画像の判定に京都まで行きますー。
[PR]
by Ynaggie | 2009-07-06 08:53 | Diary
<< 五大虚空蔵菩薩 ライト >>


ライフログ
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧