写真家 永坂嘉光       大阪芸術大学教授
by Ynaggie
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
1948年、和歌山県高野山生れ。大阪芸術大学芸術学部卒業。1970年頃から故郷高野山をライフワークに撮影をはじめ、宗教と文化をテーマに日本各地やインド、ブータン、スリランカなどアジア各国を取材する。現在、大阪芸術大学写真学科教授。主な写真集に『高野山』(毎日新聞社、1980)、『弘法大師の足跡』(同朋舎、1984)、『高野山千年』(ぎょうせい、1989)、『永遠の宇宙 高野山』(小学館、2001)などがあり、とんぼの本シリーズにも『巡礼高野山』(1990)がある。2002年、東京写真文化館で個展「永遠の宇宙」、同年、アメリカ、ウェストン・ギャラリーで個展「Echoes of the Spirit」を開催。2004年、日本写真芸術学会芸術賞受賞。2007年、社団法人日本写真協会作家賞受賞。
検索
『聖なる自然 高野山から』 刊行のお知らせ
a0056025_17555564.jpg
このたびG/P gallery では、高野山に生まれ、一貫して日本の「聖地」を撮り続けてきた日本写真界の名匠・永坂嘉光の個展「聖なる自然 高野山から」を開催いたします。また、この個展にあわせ、G/P gallery ディレクター後藤繁雄編集による同名の写真集も、京都の老舗出版社の光村推古書院より発売いたします。永坂嘉光は、過去において密教や山岳信仰を記録した素晴らしい作品を発表し続けてきましたが、今回は、三宝院の弘法大師像や高野山の四季の写真が中心となりますが、「アニミズム」と「密教」の接点から自然をとらえる試みです。それは、ひいては、「写真」自体が「聖なる力」をいかに持ちえるかという問いでもあります。G/P gallery では今後、永坂嘉光の写真を積極的にコンテンポラリーアートの文脈でとらえ直し、国際的にプロデュースを行っていきますが、それは「エキゾチシズム」ではなく、「写真の力」の可能性への挑戦だと考えています。また今回の写真展は、永坂嘉光にとって初めてのアクリルマウントの作品シリーズです。この機会に、そのスピリチュアルな力に、ぜひ接していただきたく、御来場をお待ちしております。
G/P gallery では、12 月に開催される国際的アートフェアphotoMIAM に、永坂嘉光の作品を出展いたします。

                                G/P gallery
                                ディレクター 後藤繁雄


タイトル:永坂嘉光『聖なる自然 高野山から 』

日時:2008 年11 月29 日(土)~12 月30 日(火)12:00~20:00
会場:G/P gallery
オープニング・レセプション:11 月29 日(土)19:00~21:00
                                  12月20日  4:30分 12月27日18;00
                                   トークショーがあります。
[PR]
by Ynaggie | 2008-12-03 18:12 | 写真集
<< 陽が雪を溶かし 11/29写真展オープン >>


ライフログ
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧