写真家 永坂嘉光       大阪芸術大学教授
by Ynaggie
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
1948年、和歌山県高野山生れ。大阪芸術大学芸術学部卒業。1970年頃から故郷高野山をライフワークに撮影をはじめ、宗教と文化をテーマに日本各地やインド、ブータン、スリランカなどアジア各国を取材する。現在、大阪芸術大学写真学科教授。主な写真集に『高野山』(毎日新聞社、1980)、『弘法大師の足跡』(同朋舎、1984)、『高野山千年』(ぎょうせい、1989)、『永遠の宇宙 高野山』(小学館、2001)などがあり、とんぼの本シリーズにも『巡礼高野山』(1990)がある。2002年、東京写真文化館で個展「永遠の宇宙」、同年、アメリカ、ウェストン・ギャラリーで個展「Echoes of the Spirit」を開催。2004年、日本写真芸術学会芸術賞受賞。2007年、社団法人日本写真協会作家賞受賞。
検索
大普賢岳登山
 今日は朝から息子が試合の為に朝6時に出発したので、
私も2年ぶりに,大峰奥駆道の難所,大普賢に向かった。
昨日から全然予定していなかったので,リックはなかった。
 通勤カバンに無理にカメラを押し込め、水だけにして
食べ物はいっさい無しで登山した。
以前、重装備で大雨の中登山し、撮影した折りとは
また違う、あの時は母92歳もなんとか生きていた、
昨年は奈良市写真美術館の大きな個展や、母の病いが重く
なり、亡くなって、撮影どころではなかった。
私の右肩が動かなくなったり,耳鳴りが始まったりでした。

 本日の2年ぶりの登山は晴れていて快調そのものでした。
しかし,2年のブランクは,岩と岩のはしごも、スムーズにいかなく
頂上まで行くのを止めようと振り返ったら、降りれない、絶壁の
鉄のはしごを降りれない、それで慣れる為に上へ上へ頂きまで
到着した。青空が広がる美しい大地が見渡せた。
テントがあればここで1泊したい場所であった。熊が恐いなー。
下りは、やはり,慣れたのか、なんとか下山した。
途中で水が無くなったが、役の行者の岩窟に、しみ出る水が貯まって
いた。
美しい水だ、天の助けだ、水ガあるから,役の行者もこの岩窟で
過ごせたのかと、わかった。
肩の動きもやや良くなったので無事の下山ー
計5時間かかりました。 
 日帰りの山登りは,よけいな食べ物はいらない、重いだけ、
私達は,カメラと言う鉄のかたまりを持つのでそれだけでOK
ただし、道に迷う事等あれば,懐中電灯は必要であるが、
これも、拡散光のものでないと、危ない、部分しかみえない
スポットライトは滑落する、ここで滑落すると熊も食べてくれない
程、急な谷に真っ逆さまです。
by Ynaggie | 2008-10-19 22:04 | 写真技術伝授
<< 作品展と大普賢岳登山 大型作品展 >>


ライフログ
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧