写真家 永坂嘉光       大阪芸術大学教授
by Ynaggie
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
1948年、和歌山県高野山生れ。大阪芸術大学芸術学部卒業。1970年頃から故郷高野山をライフワークに撮影をはじめ、宗教と文化をテーマに日本各地やインド、ブータン、スリランカなどアジア各国を取材する。現在、大阪芸術大学写真学科教授。主な写真集に『高野山』(毎日新聞社、1980)、『弘法大師の足跡』(同朋舎、1984)、『高野山千年』(ぎょうせい、1989)、『永遠の宇宙 高野山』(小学館、2001)などがあり、とんぼの本シリーズにも『巡礼高野山』(1990)がある。2002年、東京写真文化館で個展「永遠の宇宙」、同年、アメリカ、ウェストン・ギャラリーで個展「Echoes of the Spirit」を開催。2004年、日本写真芸術学会芸術賞受賞。2007年、社団法人日本写真協会作家賞受賞。
検索
奈良市写真美術館
奈良市写真美術館
入江作品と、奈良を愛した文士たちーの展示会があった。
私は、先の聖なる山々の展示会の記録等戴きに行った。
本年の夏は異常気象で、暑く、また大雨が多かったので
入場者は少ないと、美術館が側は、思ったが、美術館に客が来る
春の展示会と同じくらいの来場者があった。(9、000名ぐらいと)
と、報告を受けた。
 猛暑の中、遠路、群馬、東京、埼玉、神奈川、名古屋、香川、
      福岡、和歌山、京都、兵庫、奈良、三重、大阪府、
      米国、ヒューストンの皆様、NYの誠様、本当に有難
      うございました。
      協賛の皆様、後援の皆様、協力の皆様、
      厚くお礼申し上げます。
      デパートとは違い、写真だけを見に来られる、方々なのだから
      良かったと思う。
      とくに、ここは便利が悪いのですが、
      近くに奈良公園があるので良いと言う方もおられた。

 今開催の、『奈良を愛した文子達』の中で
     仏像の見方の違いが興味深い事があった。
     和辻哲朗と、亀井勝一郎が同じ仏像に対して
     異質な文を書いている。
     この文を読んで、ものの考え方の違いがよくわかった
     これは、面白い展示でした。必見。 
[PR]
by Ynaggie | 2007-10-17 08:12 | Diary
<< ドキドキ少年撮影隊こうやさん 写真作品 >>


ライフログ
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧