人気ブログランキング |

 写真家 永坂嘉光       大阪芸術大学教授
by Ynaggie
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
1948年、和歌山県高野山生れ。大阪芸術大学芸術学部卒業。1970年頃から故郷高野山をライフワークに撮影をはじめ、宗教と文化をテーマに日本各地やインド、ブータン、スリランカなどアジア各国を取材する。現在、大阪芸術大学写真学科教授。主な写真集に『高野山』(毎日新聞社、1980)、『弘法大師の足跡』(同朋舎、1984)、『高野山千年』(ぎょうせい、1989)、『永遠の宇宙 高野山』(小学館、2001)などがあり、とんぼの本シリーズにも『巡礼高野山』(1990)がある。2002年、東京写真文化館で個展「永遠の宇宙」、同年、アメリカ、ウェストン・ギャラリーで個展「Echoes of the Spirit」を開催。2004年、日本写真芸術学会芸術賞受賞。2007年、社団法人日本写真協会作家賞受賞。
検索
写真作品
沖縄のS氏様
私が始めて写真作品を買ったのは、ワークショプでアンセル、アダムス
のミュ−ジアムに行った折です。
ヨセミテ公園に在るセンターには、アンセルのコンタクトプリントが販売されていた。
アンセルのアランロス(アンセルの弟子)プリントのコンタクトが(モダンプリント)
1作品、日本円で、15、000からでした
私は少ないお金を叩いて、2枚買いました、本当に嬉しかった。
学生も1枚買っていました。
印刷物でない、プリントは本当に美しい。今、10枚程あります。
その後、そこに行けば毎年2ー3枚ずつ買いました。
今は在庫があるかどうか、わかりません。25000円ぐらいになっています。
しかし、条件付きです。転売してはいけない、展示してはいけない。
あくまでも、個人個人が楽しむものに限る。というものです。
それを守らない日本の大阪のギャラリーでは、展示して70000円で売ってい
ました。マナー違反ですねー。
本当に美しいです。(通信販売もしていましたので、希望があれば、関係者に
聞きます)
ついでに、私が手に入れたいプリントが3年越しになりますが、
カーメルのウェスト. ギャライーです。ここは老舗、ウェストン、ギャラリーと
紛らわしい、名をつけていますが、ここは、エドワードの息子、ブレッド、ウェスト
ンの作品を販売していました。私はここで16x20の彼のプリントを見た時
生を感じました。草木の写真ですが、生きているんです。これを手に入れたく
3年も心に描いていました。ビンテ−ジプリント(作家が焼いた)だから
8万円でした。2年目には10万 3年目は彼が亡くなっていたので、30万に
なっていました。あーあー買いそびれたなーと反省。
しかし、生きている感じがします。
米国なら購入して、価格が上がれば、オークションで販売が出来ます。
日本はそれが、ないので買う方が少ないですねー。
今生きている作家で、ジ−エ−フリ.ビーコムがいます。この方も凄い
8万円であった時に買わなかったのが残年。今は15万ー 20万ぐらいします。 
この方はカラー作品です。
若手作家のを買い、値段が上がれば転売できれば、
オークションで転売。
私の写真も最初550ドルと、800ドルでした。
今は全部250ドルアップですから、最初買った方は、転売すれば
儲かります。しかし、550ドルぐらいのは、安いので、儲けの対象外です。
ここで、私がNYの美術館で作品展示したら、500ドルはUPするでしょう、
すると、最初買った方は、儲けの為に転売すると、いった具合です。
ですから、今の日本の伸びそうな、日本の若手の作品を買う、5−10年で
上がると思います。
あの、杉本博の作品が高騰しています。1作品1000万円の作品もあるとか、
アンセル、アダムスが生きている時には、彼の作品は300−500ドルでした。16x20サイズ
ぐらい。今や300万円平均です。大型は3000万円ぐらいです。
それが、カーメルのウェストン、ギャラリーで展示してあった作品を、70歳近い
おばあちゃんが、夫の誕生日プレゼントに、3、000万円ですぐに買ったとか、
日本では考えられないですねー/。
by Ynaggie | 2007-10-17 00:33 | Diary
<< 奈良市写真美術館 デジタル写真の作品としての評価 >>


ライフログ
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧