写真家 永坂嘉光       大阪芸術大学教授
by Ynaggie
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
1948年、和歌山県高野山生れ。大阪芸術大学芸術学部卒業。1970年頃から故郷高野山をライフワークに撮影をはじめ、宗教と文化をテーマに日本各地やインド、ブータン、スリランカなどアジア各国を取材する。現在、大阪芸術大学写真学科教授。主な写真集に『高野山』(毎日新聞社、1980)、『弘法大師の足跡』(同朋舎、1984)、『高野山千年』(ぎょうせい、1989)、『永遠の宇宙 高野山』(小学館、2001)などがあり、とんぼの本シリーズにも『巡礼高野山』(1990)がある。2002年、東京写真文化館で個展「永遠の宇宙」、同年、アメリカ、ウェストン・ギャラリーで個展「Echoes of the Spirit」を開催。2004年、日本写真芸術学会芸術賞受賞。2007年、社団法人日本写真協会作家賞受賞。
検索
写真の基礎
写真の基礎
デジタルカメラであろうと、マニアル、カメラであろうと、
多くの写真は、被写体が必要である。
被写体とは、写されるもの、
写されるものと、写すものとの関係が、写真の出来、不出来を
左右する。
写す方のー意識がどの程度であるのか、
写される、被写体の性質(物、者、人、自然)を、良く知る。
知る、織る、と、漢字で、その意味合いの段階を現わしているが
被写体をどの様に認識しているかが、問題である。
どこまで、深みにはまるか。
または、通りすがりの認識にとどめるかはー
 自由だー。と今はやりのコントがつい出てしまうが、
 今の写真表現の流れからして、自由だーの方が多いですね。
何も、被写体の本質をさぐって、長い間の撮影で本質を見る
その様な時間がとれない方が多い(現代人)。
また、現代人の評論家は、現代人の表現に大いに賛同していて
多くの現代作家が誕生している。
しかし、それも写真の原点をついているかも知れない。
粒子の荒れた、ざらざらした、写真を見ても嫌悪感が漂うだけである。
しかし、それが、今までの表現を破った新しい表現として賛美された
時代もあった。しかし、その写真に心は癒されない。
そんな表現するなら、画でも描いている方がいいのでは、ないか。
写真は被写体の本質を見極めるのが、写真の醍醐味であると思う。
いい加減な写真表現とおもいきや、コンセプトをつけられては、
文句が言えない。その様なかたは、小説家になればいいのでは、
小説が書けないから、表現分野が未開発の写真の分野に入り
その中でコンセプトの『漬け物』の中で、ひたり切っていて、
おれは、偉いと鼻ヒゲをはやしている、自己堅持欲の強い
巨匠。アンセル、アダムス?もう、それは古い、と軽々言ってしまう
じゃーお前さん、一体何を創ったのか?何も出来ていない。
じゃー文句言うなよー。と思うのである。
世の中、意見を強く言う方は、筋も通っていて、認めるが、
その、筋の通った、理論はだれかの書いた本で作り上げた
筋の方が多い。その方の言い分が正しいか、正しいくないかは
2ー3年しないと、分からない場合が多い。
だから、真実がネジ曲がる社会ができるのだー。

さんざんの悪口をたたいたが、実は
写真表現は多岐に渡っている、小説では表現できない表現が
写真には、できる。ZOOM1月2月号に掲載されている、北島
氏の写真である。同じ、分野の人を重ねて写す。
山伏、医者、看護婦、その他、10名以上の方を重ねて写すと
そこには、鼻筋、顔だちが、共通するかたちが残っていて、
それぞれの仕事の分野で働く共通の顔の相が認識できるーこれは
写真にしかできない、表現である。
だからー写真の表現はこれからいろんな分野が出て来て面白いし、
芸術として更に欧米並みに認められてくると思うのである。
[PR]
by Ynaggie | 2007-03-20 05:03 | 写真技術伝授
<< 正御影供 瞬間の美 >>


ライフログ
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧