写真家 永坂嘉光       大阪芸術大学教授
by Ynaggie
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28
1948年、和歌山県高野山生れ。大阪芸術大学芸術学部卒業。1970年頃から故郷高野山をライフワークに撮影をはじめ、宗教と文化をテーマに日本各地やインド、ブータン、スリランカなどアジア各国を取材する。現在、大阪芸術大学写真学科教授。主な写真集に『高野山』(毎日新聞社、1980)、『弘法大師の足跡』(同朋舎、1984)、『高野山千年』(ぎょうせい、1989)、『永遠の宇宙 高野山』(小学館、2001)などがあり、とんぼの本シリーズにも『巡礼高野山』(1990)がある。2002年、東京写真文化館で個展「永遠の宇宙」、同年、アメリカ、ウェストン・ギャラリーで個展「Echoes of the Spirit」を開催。2004年、日本写真芸術学会芸術賞受賞。2007年、社団法人日本写真協会作家賞受賞。
検索
27年振り.
27年振り.講演会の印象(王貞治,長島茂雄.撮影して)
人との再開でこんな楽しく、充実したものはない。
私が始めて大学講師になった折に、彼が(氏が)はつらつとした、
学生であった頃。100名の学生の作品を見ていた。その中でひ
ときわ鋭い感覚、天性を持った学生がいた。私も講師に成り立て、
やみくもに、頑張った。おい、もっと写さないとだめだー若い私
は相当な課題を出した記憶もある。それに鍛えられたとも思うが?
 Mr,TOKOROの感覚をズート覚えていて、卒業後、雑誌等で活躍し
ている事は伝わり、よくやるなーと思っていた。 その活躍
は私の知らない世界での巨匠的存在。本日Mr TOKOROの講演会が開
催された。その講演会は私が担当、不思議だ、
27年前、卒業して、27年後母校で講演会。それまで、一度もあっ
ていないが、会うと昨日の様に、思えた。
 彼は講演会に力と熱がつい入り、20分時間超過しても、なお続いていた。
昼休みがなくなるので、私は無理に終わって頂いたのである。
 昔の思いでを語る
 学食のカツ丼はあるの?あの辛い芸大坂はあるが、坂上までバスがで
行くので坂は歩いて登れない(残念)と、語っていた。卒業後 27
年間で、イタリア、フランス、ドイツ、アメリカの雑誌の表紙等を担当し
続けた、その重さを強調することなく、学生時代を思わる表情であった。

天下の名監督.王貞治.長島茂雄さんを撮影の話。

各々2名の名監督の顔半分を手で隠して、1枚の作品にする予定であったが、
王監督は理解し、顔を半分隠していただき、いい場面を撮れた。
長島元監督は、理解を示し、いいよいいよ、と言ってくれたものの、
撮影になって、えー顔を半分隠すのーそれは写らないよー
いいえ、全体の構想がそうなんですーと説明し、再び撮影、手は出してくれたが
顔を隠したら、顔は写らないよー、で最後まで顔を半分手で隠してくれなかった。
残念ーこれで、全部おじやんだー。・・・・・・と思いながら撮影終了。
の、話が印象的であった。
by Ynaggie | 2006-09-23 01:33 | Diary
<< 日本写真印刷で、 写真講座ー状況を読む >>


ライフログ
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧