写真家 永坂嘉光       大阪芸術大学教授
by Ynaggie
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
1948年、和歌山県高野山生れ。大阪芸術大学芸術学部卒業。1970年頃から故郷高野山をライフワークに撮影をはじめ、宗教と文化をテーマに日本各地やインド、ブータン、スリランカなどアジア各国を取材する。現在、大阪芸術大学写真学科教授。主な写真集に『高野山』(毎日新聞社、1980)、『弘法大師の足跡』(同朋舎、1984)、『高野山千年』(ぎょうせい、1989)、『永遠の宇宙 高野山』(小学館、2001)などがあり、とんぼの本シリーズにも『巡礼高野山』(1990)がある。2002年、東京写真文化館で個展「永遠の宇宙」、同年、アメリカ、ウェストン・ギャラリーで個展「Echoes of the Spirit」を開催。2004年、日本写真芸術学会芸術賞受賞。2007年、社団法人日本写真協会作家賞受賞。
検索
デジタルと人の手
 今日は天気予報で雨と雷の放送。
 朝起きてみると、晴れているではないか。雨は降らないと山カンで
 感じていたが、よし大普賢岳に登ろう、または、双門の滝の撮影と準備
 した、すると午後は雷、危ないと放送された、雨具の準備がないので止めた
 もう撮影フィルムがなかった、昨日の現像もださないと思い、現像所と
 大阪梅田、ヨドバシカメラまで、出かけた。
 2階のカメラ売り場に来た。フイルム売り場があった。かなり縮小されて
 いた縮小に、ちくしょうと思いながら、少し買ったら(5万円)やはり、
 フィルムは、高い、今ほとんどのカメラの関係がデジタルでフィルムはい
 らない、私の様に3日分のフイルム代金5万がいらないのだ。
 程度が悪いが安く早く見れるデジタルに走るのは、良く分かる。
 デジタルは、故障が多いし、画像が悪い、プロが使うのはもっての他や、
 と思うのであるがー手間がかからなくていいのでほとんどデジタルになって
 いる。
 人は、デジタルでないはずだー
 私は、10才の息子にデジタルカメラを買ってあげようと思った。
 息子はデジタルなんか、嫌い、嫌い、いらない、マニアルカメラがいい。
 と、言った。私は救われた気がした。
 人は体質的にデジタルは合わないのである、と思った。
 カメラの変わり、高島屋で美味しいアイスクリームを買って帰った。
 『人の手で創られた』アイスクリームに息子は喜んだ。

 熊野の陰陽の滝ー悠久の年月が作り出した自然の素晴らしい造形と光を
 私は思い出した。 
[PR]
by Ynaggie | 2006-08-12 21:07 | Diary
<< 万灯会 滝の神秘 >>


ライフログ
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧