写真家 永坂嘉光       大阪芸術大学教授
by Ynaggie
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
1948年、和歌山県高野山生れ。大阪芸術大学芸術学部卒業。1970年頃から故郷高野山をライフワークに撮影をはじめ、宗教と文化をテーマに日本各地やインド、ブータン、スリランカなどアジア各国を取材する。現在、大阪芸術大学写真学科教授。主な写真集に『高野山』(毎日新聞社、1980)、『弘法大師の足跡』(同朋舎、1984)、『高野山千年』(ぎょうせい、1989)、『永遠の宇宙 高野山』(小学館、2001)などがあり、とんぼの本シリーズにも『巡礼高野山』(1990)がある。2002年、東京写真文化館で個展「永遠の宇宙」、同年、アメリカ、ウェストン・ギャラリーで個展「Echoes of the Spirit」を開催。2004年、日本写真芸術学会芸術賞受賞。2007年、社団法人日本写真協会作家賞受賞。
検索
快晴
 涼しくなったと思ったら、また暑くなってきました。
でも以前より涼しい。
この夏は暑くて何をしても疲れたー夏と行ってもお盆があり、
ほとんど何もしていないがー体調が大切であるー
だから高野山町石道を登った。
それで秋に撮影するポイントや体力回復を狙った。
 やはり、アウトサイド(風景や花)の写真家は出ていなくては
体調に大きく影響する。
中性脂肪が高い、、のは、さぼっている証拠だ。
太りぎみの写真家の方はスタジオカメラマンが多いが、彼らは
多くは女性写真をを扱うから、格好がいいんだなー(東京在住の写真家)
しかし、儲からない写真家は散々である。
考え方によればー多くの領域に写真が使わるのです。(デジタルの出現で変化)
皆様ー同じ領域ではち合うからーコストが安くなり、自滅してしまう。
それが無い様に頑張ろう。
[PR]
by Ynaggie | 2013-08-29 08:28 | Diary
<< 我々の仲間ー授賞 今後の在り方ー >>


ライフログ
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧