写真家 永坂嘉光       大阪芸術大学教授
by Ynaggie
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
1948年、和歌山県高野山生れ。大阪芸術大学芸術学部卒業。1970年頃から故郷高野山をライフワークに撮影をはじめ、宗教と文化をテーマに日本各地やインド、ブータン、スリランカなどアジア各国を取材する。現在、大阪芸術大学写真学科教授。主な写真集に『高野山』(毎日新聞社、1980)、『弘法大師の足跡』(同朋舎、1984)、『高野山千年』(ぎょうせい、1989)、『永遠の宇宙 高野山』(小学館、2001)などがあり、とんぼの本シリーズにも『巡礼高野山』(1990)がある。2002年、東京写真文化館で個展「永遠の宇宙」、同年、アメリカ、ウェストン・ギャラリーで個展「Echoes of the Spirit」を開催。2004年、日本写真芸術学会芸術賞受賞。2007年、社団法人日本写真協会作家賞受賞。
検索
中国
領土問題で中国が荒れ、その影響で我が芸大の日中交流展が中止、写真学科の担当は
私でした。 頭のいい中国人留学生がいます。
  私この展示会に出したいーと作品を出されたんですー中国にいけるんですが?と
私に聞いてくれたのですがーどうやら中止になった。この中国人女子学生は
 美しく中国のお金持ちかもしれないーとにかく熱心です。
 また韓国の留学生も熱心でした。
  『日本人がのんびりしすぎているよ』といつも思う。
  とにかく、彼らは熱心でした。
 戦争で屈折した経過とー資源があるとーわかった経過ー

 それで若者への教育が変だった(私が西安に行った時には,テレビで日本軍が中国を
 爆撃している、40−50年前のビデオを普通のレストランで流しているからー
 『幼き頃からのー偏った、愛国心教育は行き届いているんだろうー』と、空海の道取材で
  思った。/ 
[PR]
by Ynaggie | 2012-10-01 19:28 | Diary
<< 花の文化園-温室にて 台風の日9/30 >>


ライフログ
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧