写真家 永坂嘉光       大阪芸術大学教授
by Ynaggie
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
1948年、和歌山県高野山生れ。大阪芸術大学芸術学部卒業。1970年頃から故郷高野山をライフワークに撮影をはじめ、宗教と文化をテーマに日本各地やインド、ブータン、スリランカなどアジア各国を取材する。現在、大阪芸術大学写真学科教授。主な写真集に『高野山』(毎日新聞社、1980)、『弘法大師の足跡』(同朋舎、1984)、『高野山千年』(ぎょうせい、1989)、『永遠の宇宙 高野山』(小学館、2001)などがあり、とんぼの本シリーズにも『巡礼高野山』(1990)がある。2002年、東京写真文化館で個展「永遠の宇宙」、同年、アメリカ、ウェストン・ギャラリーで個展「Echoes of the Spirit」を開催。2004年、日本写真芸術学会芸術賞受賞。2007年、社団法人日本写真協会作家賞受賞。
検索
杉本博司氏のDVDから
 写真作品で、NY在住の60歳台の日本人の現存作家で1作品
(大型銀塩)1億5千万円前後で販売出来ている方ですー
 いまや写真界の巨匠となっています。
 ー杉本さんのDVDでは、彼の作品の一つである、映画のスク
 リーンを撮影していて、
 映画が始まりー終わるまでスクリーンを撮影した作品群があり
 ますがー当然露光オーバーになります。
 その真っ白な画面をこの作品のメインとする所ですが
 (時間を1枚のフイルムに封じ込めたー作品)
 彼は作品を売る為には、スクリーンの外観が良くないと、理解
 が得れないと話している。NYには多くの劇場があるー1、00
 0名入れる劇場が、今や10名程度と言うーしかし、その古い
 劇場内には、多くの装飾の彫刻等が見られる
 言ってみれば、日光東照宮や高野山の徳川家霊台の様な美しい
 金箔で装飾された荘厳な内景の様なもの。
 
 これが、ないと当時無名の杉本の作品を買ってコレクションする
 気持ちは中々なかったのでは?と解説された様です。
 
  日本の土門拳氏の最初の作品はヒロシマの人々や、九州の炭坑の
 あとの子供達を撮影したり
 (築豊の子供達)していましたが、やがて、古寺巡礼に着手
 しますー
 土門拳とはー仏像作家と世間では思われています。がーその根底
  にある思想は奈良に住み、終生のライフワークとして奈良を撮影し
  た、入江泰吉とは、また違う考え方と言う事は、おわかりと思いま
  す。
  
  ヒロシマで眼にした、無惨な人の姿ー当然、仏の道へ進んだのでは
  ないかと思います。(古寺や仏像を撮影する心的要因になった)
  あのー丸木画伯が『高野山』で描いた原爆の図ーも凄いです。
  
   日本古来の仏像を撮る事でそこに『多くの価値』を見いだしーま
  た個々の個性を仏像を通じて発揮しています。仏像を写しながら
  脳裏に焼き付いた、ヒロシマの姿を彷彿しながらーシッターを
  切ったのでなないか、と思っています。
 『表現としては』ー
  まさにー『立体である仏像を平面芸術の写真』に置き換える写業を
  されてきたのです。
  画家が仏像を描く時にはーいっさいの手続きが入りませんーそ
  れは、その『芸術と認められています』ーがー
  写真は写真のもう一つの役目であるー
  ものを伝える事がありますー。多くの観光雑誌等がそうですねー
  そこにはー写真はものを伝えるー記録すると言う面において理解
  されています。
  ですからー『掲載許可』と料金は必ず普通にいります。
  
  私はー6月に数々の著書で有名な長からー側で聞きましたー秘仏
  を描いた画家が画を見て下さいと、来られたーが
  つまり、内心何だーと(怒)と思っているんですねーそこで僕は先
  に記した様にー『立体の仏像をー平面の絵画』に画伯がにしていて
  そんな文化活動は推進しなくてはー的な事を著名な方に言いました
  が、その『長』もそれは十分かっていて、暖かく迎えると言う感じ
  でした。
  問題は−長年守ってきたー本尊なので割り切れない心中はわかりま
  す。
 
  寺院の中ではー
  土門拳氏の様に寺院さんが、土門さん、土門さんと言われる寺院
  も多くあるし、土門拳氏が来られましたがー写されなかったー
  と言う寺院さんもありました。
  
  撮影する被写体が仏像という価値を持つものを撮影されてい
  るからー杉本博司氏の言う様に、『立派な装飾』をいれないと
  ー作品として売れないと言う言葉がどこか当てはまる
  気がします。
              (続)
  
[PR]
by Ynaggie | 2011-10-15 09:18 | Diary
<< 撮影 紅葉ー色ずく >>


ライフログ
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧