写真家 永坂嘉光       大阪芸術大学教授
by Ynaggie
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
1948年、和歌山県高野山生れ。大阪芸術大学芸術学部卒業。1970年頃から故郷高野山をライフワークに撮影をはじめ、宗教と文化をテーマに日本各地やインド、ブータン、スリランカなどアジア各国を取材する。現在、大阪芸術大学写真学科教授。主な写真集に『高野山』(毎日新聞社、1980)、『弘法大師の足跡』(同朋舎、1984)、『高野山千年』(ぎょうせい、1989)、『永遠の宇宙 高野山』(小学館、2001)などがあり、とんぼの本シリーズにも『巡礼高野山』(1990)がある。2002年、東京写真文化館で個展「永遠の宇宙」、同年、アメリカ、ウェストン・ギャラリーで個展「Echoes of the Spirit」を開催。2004年、日本写真芸術学会芸術賞受賞。2007年、社団法人日本写真協会作家賞受賞。
検索
秋風
今日は寒く秋風が強い日であった。
私は高野山伽藍の紅葉の撮影に向かう。
寒風が楓の葉をすり抜け、楓が揺れる、
観光客のわー寒い、寒いと言う声が聞こえて来る。
国宝不動堂の前に三脚を立て、5秒でf22で強い風を待った。
本当は1秒、10秒と表現の多様性を行いたいが、
デジタルなので、ままならない、NDがあれば、GOODであった。
国宝不動堂の屋根の苔の色と、楓の色が混じり合っている、
風が吹き揺れると、洋画の様になるのを想像して撮影、
中々いい風が来ない、強いのだが、向きが違う、、、と
思いながら、20枚撮影出来た。これが4X5のフィルムだったら
もう1万円はすっ飛んだー感じだが、デジタルで半額ですむ。/
夕方は堂塔の釣り灯籠の明かりが美しい、丁度堂塔にかかる黄色の
紅葉と同系色で色彩的に面白い、これは大型4x5で撮影したー
しかし、風はないー絵画的な表現は出来たのか?
堂塔は建物の矯正が必要だーデジタルでは出来ないー
4枚撮影した。フイルム現像は大阪梅田でも12月で終わりである。
東京まで送らなくてはならないーしかし、大阪でも送っていたから
時間は同じである。
デジタル撮影の結果、
まーいいのがあるか?70点です。
 今は、フランスに向けて新作を撮る動機にかられている。
[PR]
by Ynaggie | 2010-11-09 22:37 | 写真技術伝授
<< 大学、卒制 車 >>


ライフログ
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧