写真家 永坂嘉光       大阪芸術大学教授
by Ynaggie
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
1948年、和歌山県高野山生れ。大阪芸術大学芸術学部卒業。1970年頃から故郷高野山をライフワークに撮影をはじめ、宗教と文化をテーマに日本各地やインド、ブータン、スリランカなどアジア各国を取材する。現在、大阪芸術大学写真学科教授。主な写真集に『高野山』(毎日新聞社、1980)、『弘法大師の足跡』(同朋舎、1984)、『高野山千年』(ぎょうせい、1989)、『永遠の宇宙 高野山』(小学館、2001)などがあり、とんぼの本シリーズにも『巡礼高野山』(1990)がある。2002年、東京写真文化館で個展「永遠の宇宙」、同年、アメリカ、ウェストン・ギャラリーで個展「Echoes of the Spirit」を開催。2004年、日本写真芸術学会芸術賞受賞。2007年、社団法人日本写真協会作家賞受賞。
検索
曼荼羅の中の人間
今日は平安時代の由緒ある曼荼羅を撮影した。
曼荼羅の下の方に描かれたー人間像=魚を計りにかけて
売る商人像らしき、ものが曼荼羅にある。
私は曼荼羅の細かな所に面白さを感じていたが、
肉眼では見えない部分を4000万画素のカメラで
撮影ー顔料の割れ目等映し出される。
その中でこの魚屋さんらしい像もクリアーに
写された。
[PR]
by Ynaggie | 2010-09-04 01:36 | Diary
<< 高野山俯瞰風景 丸木画伯ー原爆の図 >>


ライフログ
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧