写真家 永坂嘉光       大阪芸術大学教授
by Ynaggie
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
1948年、和歌山県高野山生れ。大阪芸術大学芸術学部卒業。1970年頃から故郷高野山をライフワークに撮影をはじめ、宗教と文化をテーマに日本各地やインド、ブータン、スリランカなどアジア各国を取材する。現在、大阪芸術大学写真学科教授。主な写真集に『高野山』(毎日新聞社、1980)、『弘法大師の足跡』(同朋舎、1984)、『高野山千年』(ぎょうせい、1989)、『永遠の宇宙 高野山』(小学館、2001)などがあり、とんぼの本シリーズにも『巡礼高野山』(1990)がある。2002年、東京写真文化館で個展「永遠の宇宙」、同年、アメリカ、ウェストン・ギャラリーで個展「Echoes of the Spirit」を開催。2004年、日本写真芸術学会芸術賞受賞。2007年、社団法人日本写真協会作家賞受賞。
検索
高橋銅メダル
今日は,大学の駐車場について、しばらく、車内のテレビを見ていた。
アイス、スケート(フィギャ)で、注目の高橋氏の演技が
気になった、右足の間接を痛めて再不能とまで言われてー
堂々の銅メダルー。すごい精神力、探究心
今の若者にはない精神力。
怪我でー私自身の撮影を思い出した。
私は車のハプニングで背骨や腰の骨にひびが入り、1カ月
寝ていなくていけないと言われたが、
3日で退院出来、 それから医師の勧める、
ハードなコルセットを背中と腰にして、運転し、あの石鎚山に
雨のなか、6時間かけて頂きに登った。
頂は夕照で赤く染め上げられていた。
名作ができた、
この作品は大阪で買われたが、
米国ではアンセル、アダムスのヨセミテの素晴らしい
絶景があるからー展示されないが、日本では人気作品である。
風景作家はいつも、命がけでーその割には会わない。
オリンピックとは違うー。それ程の価値を認められないから
写真家は疲れる仕事でもある。好きだから仕方ないー
と、いうよりそれしか出来ない,無能な人間かもしれない。
最近の若い方も風景は少ない、あっても苦労しない海の
写真である。
寺院や仏像も許可が難解だから、若い方は皆無である。
本当に精神崩壊の最近である。
[PR]
by Ynaggie | 2010-02-19 22:10 | Diary
<< 暖かい日々 展示会 >>


ライフログ
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧