写真家 永坂嘉光       大阪芸術大学教授
by Ynaggie
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
1948年、和歌山県高野山生れ。大阪芸術大学芸術学部卒業。1970年頃から故郷高野山をライフワークに撮影をはじめ、宗教と文化をテーマに日本各地やインド、ブータン、スリランカなどアジア各国を取材する。現在、大阪芸術大学写真学科教授。主な写真集に『高野山』(毎日新聞社、1980)、『弘法大師の足跡』(同朋舎、1984)、『高野山千年』(ぎょうせい、1989)、『永遠の宇宙 高野山』(小学館、2001)などがあり、とんぼの本シリーズにも『巡礼高野山』(1990)がある。2002年、東京写真文化館で個展「永遠の宇宙」、同年、アメリカ、ウェストン・ギャラリーで個展「Echoes of the Spirit」を開催。2004年、日本写真芸術学会芸術賞受賞。2007年、社団法人日本写真協会作家賞受賞。
検索
<   2011年 11月 ( 8 )   > この月の画像一覧
カラー写真プリント最高峰クリスタル製造中止
カラー写真のリバーサルからの、最高峰永久保存(合成樹脂)
クリスタルプリントーが、製造中止に
代わりにデジタルデーターからのラムダ、クリスタルプリントが出来
ている。

 原板からレンズを通しての従来からのプリントがなくなります。
 内容はもちろん、『雲泥の差』がありますが、皆様見分けるこつを
 どこに求めるかでーだまされてます、と言っても
 過言ではないでしょう。

 私にとっては、原発が爆発したのと、同じぐらい衝撃的です。
 それは、今カラー写真作家が多いのですが^
 ほとんど、写真作品は売れていない感じが否めないですねー。
 海外と日本とは大きな違いがあります。
 主に変色覚悟のデジタルプリントを販売していて、
 最高峯のプリントの価格を付けている様にも思える節が
 あります。しかし、販売している作家様も化学はそう詳しくは
 ない方が多いのもあると思います。いやー私も詳しくないんで
 すがー(化学だけ高校のときに全学でNO-1になりました。笑)

 デジタルは宣伝で顔料プリント永久無変色と安心させているけれど
 顔料の上は素のままで、こすれると剥げてくるのは、間違
 いないのです-学会発表ー
 又、顔料インクであって、本当の顔料ではないのです。
  『日本写真芸術学会関西シンポジウム2011年発表』

  デジタルは安価なので、宣伝費用がかなり見込めます』
 多くの写真を写す方は、それにひっかかっていると思います。
 あのー『原発の様』にー
  原発の安全神話はー跡形もなく崩れ去りましたが、しかし
  火力発電を稼働させました。
 写真プリントは必要がないからー再び作られる事はないでしょう。
  火力発電の様に代わりはないんです。ただー諧調のいい、RPプリントは
  残すらしいです。(2年間のみですねー。)
 日本写真作家が海外のgalleryに私も含めておられますが
 白黒が中心ですねー(白黒はまだまだあります)カラーは少ないー
 理由がそこら辺にもありそうな、感じを受けます。
[PR]
by Ynaggie | 2011-11-26 02:07 | Diary
天国から手紙ブータン1978年
まだ、若かった私は1978年、ブータン密教の研究の第一人者、
高田仁覚氏らの研究者と、文部省の援助で2カ月の間、『ヒマラヤ
山麓と密教の実態』の調査と撮影に向かったのです。

インド、ブータン、シッキム、ネパール全て行きました。
その頃はラダックの密教絵画もまだまだ、公表されていませんでし
た頃でした.
私たちは『秘境ブータン』にも向かったのです。
 鎖国を解いて3個めのツアーでした。
私も若く元気でしたので、35ミリカメラ2台、6x7も1台、スト
ロボ2灯8ミリ動画カメラ1台ー全部フイルムです。500本以上
撮影したと思います。三脚はハスキーの重いの2台ーアシスタント
無しでしたが、
今年からの高野山大学学長が手伝ってくれました。
(人格が優れているんです)
屋外の護摩行の為の土曼荼羅の制作と護摩の場面等
かなり貴重な写真ばかりー
 特に丸焼けに成った、タクサン僧院の壁画は貴重です。
  (1979年自費取材)
 タクサン僧院(海抜2、500m以上のの絶壁に立つ僧院で
  土産馬に乗りー3時間かかります。『麓から日帰りです』
ここが気にリ1979年には自費で沢山取材しました。
ただ、だれにも見せない秘仏ばかりが主でした。
 研究代表者は故人となっているが、先程^千葉県に引っ越した奥様から
 手紙が送られた−(私も85歳になりましたーブータンの写真集を出す事
 を、故高田仁覚氏も夢でした。あの頃と違い−今ブータンはテレビで
 放映されているしー私も資金的に力になれればー
 是非ー故人の想いもあるしー出してほしい、いんと思います。
 永は頑張りますーと、今から返事を出します。
 この、頃、国外持ち出し禁止?の釈迦如来の軸を研究として
 買ってきましたがー全く本物ですー。価格はつけられない。
 麻の生地にー顔料ににかわを使っていないー仏様の裏には真言が
 描かれています。
 ブータン密教やダライラマ14世のチベット密教は後期密教で、日本に
 伝わらなかった−密教です。
[PR]
by Ynaggie | 2011-11-22 19:47 | 展示会情報
大泉緑地屋外作品展展示作業
今日は雨と聞いていたが、20日からオ−プンなので、
展示作業に入りました。和歌山から運ばれた作品を
展示しましたが、大雨が展示gallerを襲う、展示用の
イーゼルは水没するが、仕方ないので写真を立てかけて
留め金をするー
 そのうちに大風が来て写真がふっとび水の中にジャボン
と、倒れる。
 この風と雨では展示が出来ないと、判断し、
 せっかく運んだ作品を引き上げた、
 汚れた写真をシゃワーで荒い遅しー直したが。
 明日に再び展示する事と成った。
 作品展搬入が風と雨で、水の中にどぼっと入る
 。。これは、今まで皆経験した事のない事ばかりでした。
[PR]
by Ynaggie | 2011-11-19 22:45 | Diary
晩秋の光、朝7時
今日は本年で一番寒い日らしい、雪と紅葉を狙い
まだ暗い早朝の5時30分に起きて、大学勤務の前、朝7時高野山の撮影
ポイントに来た撮影したけれど雪は無く残念でした。
 私は2−3年前この蛇腹道が凍結して秋の光を浴び
紅葉の紅い色彩が反射した素晴らしい瞬間の写真を4x5のフイルムで納めた。
今日はそれほどでもなかったが、とにかく撮影した。
[PR]
by Ynaggie | 2011-11-17 21:26
高野山の秋
a0056025_21375079.jpg


高野山の秋は晩秋の気配
紅葉はまだあるが、
枯れ木もあります。



先週の水曜日から今日の日曜日まで、連続芸大授業で
あったので、紅葉の情報はわからない、
明日から高野山であるが、もう紅葉は散ったかもしれない
多分ー遅くから紅くなる紅葉は盛りでしょう。
[PR]
by Ynaggie | 2011-11-13 20:07 | Diary
高野山ー晩秋へ
a0056025_21325583.jpg

高野山の著名庭園ー普門院の庭ー紅葉がいいので
行くと『写真にならない』と諦めてしまうー時が
あったーしかし、手前の亀島の松の木と
 背景の紅葉の光の強さが違うので
 この庭園はいわゆるー『写真写りがいいのです』

  他に−いい所見つけました。
[PR]
by Ynaggie | 2011-11-07 23:19 | Diary
Rod-お別れ会、来年1月
a0056025_2311691.jpg

西海岸の写真家Rodさんのお別れ会は、来年の1月に
しようか、と言う事に成りました/
 感謝祭やクリスマス等で年末は大変だそうです。
日本からは、西海岸の上田さんが世話をしてくれます。
待ちきれない方等方法について、おって連絡致します。
[PR]
by Ynaggie | 2011-11-05 01:42 | Diary
今朝ーダライラマ14世

 
ダライラマ14世が高野山に来山されて、高野山大学
黎明館での講演会も終わり、本日朝総本山金剛峰寺
山門から出られ、車でー関空ー伊丹ー東北へ向かいます。
[PR]
by Ynaggie | 2011-11-04 02:40 | Diary


ライフログ
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧