写真家 永坂嘉光       大阪芸術大学教授
by Ynaggie
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
1948年、和歌山県高野山生れ。大阪芸術大学芸術学部卒業。1970年頃から故郷高野山をライフワークに撮影をはじめ、宗教と文化をテーマに日本各地やインド、ブータン、スリランカなどアジア各国を取材する。現在、大阪芸術大学写真学科教授。主な写真集に『高野山』(毎日新聞社、1980)、『弘法大師の足跡』(同朋舎、1984)、『高野山千年』(ぎょうせい、1989)、『永遠の宇宙 高野山』(小学館、2001)などがあり、とんぼの本シリーズにも『巡礼高野山』(1990)がある。2002年、東京写真文化館で個展「永遠の宇宙」、同年、アメリカ、ウェストン・ギャラリーで個展「Echoes of the Spirit」を開催。2004年、日本写真芸術学会芸術賞受賞。2007年、社団法人日本写真協会作家賞受賞。
検索
<   2011年 06月 ( 9 )   > この月の画像一覧
7/2
 堺市、東文化センター、高野山開創1200年記念ー
   高野山写真展ー開催中
   場所ー南海電鉄高野線(なんば)ー北野田駅すぐ。(急行停まります) 
   朝10時ー夕方5時まで 
 永坂嘉光展ではないがー。写真ー永坂−私の写真でしています。
  主に1m50センチX1mの大型と
 本各的な和紙プリントと掛け軸の写真ー
   『超秘仏』の『原寸大』の複製−2作
 総予算2億円かかったと言われる、平清盛の血曼荼羅の複製と
 並び、私の写真による複製(企画)が、絶対−見物ー
 写真はーこの様な方法があるーを感じて下されば最高です。
7/2日には、朝11時からと、昼2時pmから、私の高野山写真説明会
があります。
    色々プレゼントの印画カードを用意しています。
    7/11の週刊ポストにも、案内が出る予定です。
    (7/30日の永坂の出番の案内です。)
    
 
[PR]
by Ynaggie | 2011-06-30 06:42 | Diary
Kjima隆先生を送る会
送る会には、写真家協会会長、写真協会会長と重鎮でゴッタ返した
私は東京写真文化館の館長を8年して頂いたので、オーナーと最後の
別れに行きました。近年結婚した節子奥様も元気でした。
会場で偉人ー白川義員先生にばったり会った。私はびっくりした。
私は永坂ですー先生覚えて頂いていますか?と聞くと
あなたはー私の作品集(世界百名瀑)に書いているー絶対ー忘れませんよー
と、言って下さった。 大主教に会った感じでしたーダライラマ12世より
白川先生の方が聖人みたいなーそんな感じでしたがー今日は人でした。
実はダライラマ12世も話すとー普通であると言う。
大阪の始まったばかりの展示会のパンフと招待券を先生に渡すと、頂くよー
と、持っていかれたー。
 そしてーオーナーと11時 pmに大阪に帰りました。
今日は小学館のーさんに聞いてみたらー白川先生は記憶力抜群ですー
まだ若々しいしー昭和10年生まれとは思えないとー教えて下さった。
[PR]
by Ynaggie | 2011-06-30 01:15 | Diary
屋根
今日は高野山の実家の屋根にのり、雨漏りふざぎの
ペンキ塗りでした。
  4時間屋根で奮闘したので、かなりのストレス解消になった。
 
 今回は大型の作品展なので、疲れていたが、明日から頑張ろうー
 塗り立てのペンキのトタン屋根で転倒したので
 髪の毛にペンキが付いた、乾いたのでとれない、
 はさみでバサバサと切った。が、切ったとはわからない
 ぐらい、髪の毛が伸びている。
[PR]
by Ynaggie | 2011-06-27 01:15 | Diary
高野山大型作品展ー実物大の秘仏写真
6/25−7/31
朝10時から作品展が開会しました。
関係者一同約50名でー近くの高校のブラスバンド部の演奏で
開会式が始まりました。
  場所
堺市ー東文化会館ー(南海電鉄高野線ー北野田駅下車90秒、
          急行止まります)
電話ー072−230−0134 fax-072-230-0138
    朝−10時ー夕方5時までです。
7/2(土曜日)は私の出番です−皆様宜しくお願い致します。
      朝11時とー午後2時にトークショーです)
7/30日(土曜日)も私の出番ですー
      ギャラリーは関西では大きい方ですー私の大型作品が
     50作と全紙の普通サイズが30作は入ります。本年作
     の作品が20作品展示
      総本山の写経(毎日)や、瞑想、もあります。
  072−230-0134 か
  0736−56−2011に問い合わせて下さい。
  
  一般には言わないですがー天下の秘仏が実物大が観られます。
   国宝ー重文の秘仏の展示です。(写真)
[PR]
by Ynaggie | 2011-06-26 06:45 | Diary
大雨続く
いやな大雨です。
撮影なら水を得た魚のごとし、悠々していますが。
作品展の準備、今日も額装で大阪、高野山等
大雨の中動きましたがー疲れる。
[PR]
by Ynaggie | 2011-06-20 23:56 | Diary
天下の秘仏完成
少しの考え(アイデア)で天下の秘仏の完全複製1対が出来た。
これは1対だけである。
6.25からの作品展に展示する。
[PR]
by Ynaggie | 2011-06-13 00:29 | Diary
会場設定変更
作品を運び会場設定でー設計図を記して額屋に作品を持ち運びましたが、
総本山のお花や声明、そして複製の像等の設置場所の展開が未定の部分
もあるので、こちらの写真配置も未定みたいなー感じから始めました。
企画の方やNHK,館長も大いに変更をされていました。
 高い額装を依頼する私にしては、少々戸惑いましたが楽しい時間でした。
作品展内容は、それぞれ会場の個性によって決めます。
今回は普段見れない秘仏等を主体として、大型の作品をメインで
 場所狭しーな感じで構成致します。
当日まで未定を残し発信します。
  まー大阪はゆっくり、しています。パンフもこれからです。
 が、これがここのモットーと考えます。
 東京に比べて関西は歩くのもスローですが、イタリアのアッシジ市の
 サンピエトロ美術館も時間感覚が東京や米国とは違い、
 お昼は休憩で、入り口に鍵をかけて閉めます、
 お客は午後の開館まで入り口で待ちます。
 まー国の首都やその国の地方によって、それぞれモットーとした
 習慣があります。
 今日は雨ですと、トラックが濡れますー明日に変更か
[PR]
by Ynaggie | 2011-06-07 05:49 | Diary
作品展^制作会議
6/25ー7/31までの、堺市ー東文化センター(南海電鉄高野線ー北野田駅)
『難波から出ている高野線で急行で約20分)の、作品展準備ー

遅れているが、何とかやっています。
今回は、長辺が1m50センチの大きさの作品を、およそ10作は
出品。フランスーパリ展の前哨戦として出します。
またー本年新撮影のー伝統の秘仏の数々を出します。
と、いっても秘仏はそんなに大くはありません。
特に丹生都比売神社の本殿脇障子の舞楽絵8作はは初公開。
毎日新聞に片ページの記事が6/24用に出しましたが、
後は新聞社にお任せ。
 秘仏はまた別です。
 明日は額縁屋に作品を届けますがー
 やっぱりー私の車でぎりぎりでした。車の中が削れました。
 額やさんが、入る入るとー言われたのでむりやり詰め込んだんで
 すがー私の作品が和歌山市や高野山に点々としている為にー作品は
 あちらこちらからから運びます。と、言う訳でNHKが手配する車
 では時間が会わないのでー
 後の残り作品はは私がトラックをレンタルして運ぶ事になりました。
 また、空海の風景は和歌山市内の西本カメラが運びます。
 この会社には
 『6mx4m』の関西では最大と言われる、私の仏像写真が置かれています。が、
 今回は残念ですが、会場の関係で出せなく、次回のご期待を。
[PR]
by Ynaggie | 2011-06-05 23:29 | 展示会情報
大雨
大雨が続く、姫シャガが雨に濡れ美しい、花が水を得てその命のパワーを
発散している。
雨は葉の上で玉になり、輝きをまして、宝石の様である。
仏心が露となり、汚れを洗い流しているかの様な雨である。
私は美しい作品を想像して、4000万画素で撮影した。
出来上がりが楽しみである。
[PR]
by Ynaggie | 2011-06-03 01:31 | 高野山


ライフログ
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧