写真家 永坂嘉光       大阪芸術大学教授
by Ynaggie
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
1948年、和歌山県高野山生れ。大阪芸術大学芸術学部卒業。1970年頃から故郷高野山をライフワークに撮影をはじめ、宗教と文化をテーマに日本各地やインド、ブータン、スリランカなどアジア各国を取材する。現在、大阪芸術大学写真学科教授。主な写真集に『高野山』(毎日新聞社、1980)、『弘法大師の足跡』(同朋舎、1984)、『高野山千年』(ぎょうせい、1989)、『永遠の宇宙 高野山』(小学館、2001)などがあり、とんぼの本シリーズにも『巡礼高野山』(1990)がある。2002年、東京写真文化館で個展「永遠の宇宙」、同年、アメリカ、ウェストン・ギャラリーで個展「Echoes of the Spirit」を開催。2004年、日本写真芸術学会芸術賞受賞。2007年、社団法人日本写真協会作家賞受賞。
検索
<   2011年 03月 ( 10 )   > この月の画像一覧
救世主
日本沈没の惨事になりかねないー原発の事故。
 
 東京消防庁が派遣され、ホースをつないで、
煮えたぎる原発の燃料プールへの、捨て身の
放水ー
被爆限界30ミリシーベルトに対して、隊長以下
隊員は最高被爆で28ミリシーベルトで、
限界ぎりぎりまで働いたー
記者会見では隊長は泣いていたー今日は成功した
日本を助けられたーと話していた。
ある意味では^0戦特攻のー『心』が日本人には
まだ生きずいるのか?
 50mのホースを7本伸ばしたー(強い放射線の中で)
22mの高さからー連続放水10時間放水中ー
[PR]
by Ynaggie | 2011-03-20 01:05 | Diary
0線ー特
 福島原発が噴いている。
 第二次世界大戦で敗戦の色濃い,ある日0戦特攻が出達した、
 もちろん体当たりー死ねなかったら恥とされていたのである。
 その境地なのか
 彼らがいないと、何も出来なかった日本
 高野山では各々、我が身を捨てて飛び込んだ、0戦特攻隊の
 慰霊碑がある。本当に日本の為に命を投げた若き血潮。

 今の原発事件の状況はーそれに似ている。
 隊員の被爆の値が100シーベルトから、250シーベルト
 に引き上げられた制度とは?
 何かを考えさせられる。
 
[PR]
by Ynaggie | 2011-03-19 00:56 | Diary
展示会案内
大阪堺市東文化会館ー南海高野線北野田駅ー1分ぐらい。
 主催ー NHKサービス,毎日新聞、堺市
 協力− 多数
   6月25日ー7月末日
   高野山開創1200年記念
   写真ー永坂嘉光
   生け花
   声明
   講演会
   
[PR]
by Ynaggie | 2011-03-10 23:41 | 展示会情報
サライ誌グラビア撮影要項
本日はサライ誌(小学館)の発売日、
桜の吉野ー皆様と違う桜を撮りたいのでしたがー
本日は本年撮影の為にロケハンー
夕方であったの、寒いー桜はまだ枯れ枝ー
私はー枯れ枝ー 
   新芽 5分咲 満開 新緑 紅葉ー雪
   と、同じ場所からー狙っているが、光の方向で難しかった。
   何しろー中千本の朝なんていいが、朝は逆光になるー
   とか、余り言えない事もあり、中々8x10での完成は
   もう2年越しで、未完成ー今年は是非ーと思っている
   如意輪寺が右上に見える、あの風景が素晴らしい。
   夜景が遅くなると、ライトアップされるからー
   時間が難しい。
   明日は高野山で『法印転衣式』ー
[PR]
by Ynaggie | 2011-03-10 23:34 | Diary
サライ4月号
小学館の『サライ』誌、明日10日発売です。光の歳時記に見開きで掲載。
手に入らない方は、先着ー10冊まで無料で送ります。
[PR]
by Ynaggie | 2011-03-09 21:38 | Diary
カメラ
ペンタ645はボティのみで、ヨドバシで83万円です。
ポイント1割です。来年には60万に下がる可能性があるかも知れない。
 私は8x10のレンズとフイルム。4x5のカメラ補修だけで財産を
食いつぶすー事にー。
また、東京にいる訳でないのでー写真の仕事は皆無
[PR]
by Ynaggie | 2011-03-08 23:45 | Diary
サライ4月号
もうすぐ発売サライ(小学館)4月号
是非、ご高覧下さい。
[PR]
by Ynaggie | 2011-03-08 07:02 | Diary
高野山 雪
高野山は雪、しかし、私は大阪梅田のヨドバシカメラに
行き、ペンタ645D4、000万画素を購入出来るか
見に行きましたが、手が出ない価格でした。残念、無念。
[PR]
by Ynaggie | 2011-03-07 23:22 | Diary
法印転衣式ー3/11
弘法大師の名代として、1年間法会を取り仕切る法印の転衣の儀式
(朱色の法衣を頂くのである。また松三宝の儀式もここで行う)
が金剛峰寺大広間で『法印転衣式』が執り行われる。
本年の法印様は釈迦文院ー中西啓宝大僧正様
この式典がある時は急に冷たくなるー大きな披露をするので、全国か
ら大勢の方々が参加する。
[PR]
by Ynaggie | 2011-03-03 22:23 | Diary
2月
2月は毎年、最貧の月であったが、本年もその通りでした。
2月は静止した空間が襲う日であった。
『大雪』『走行中の車のエンジン停止』(原因不明)『万年の胃病再発』
昨年は2月に『網膜剥離前のー施術実施』
救いはー作品を撮る時間があった。雪の世界ー
無の2月
3月 ー何か運が向いてくる様な鼓動を感じる。
 雪が降っても、花との出会いが写せるーそんな時期が
 3月であるーもう場所を決めてー狙っている。
  場所はー
  後、3週間して、雪が降るとー雪との出会い
  大峰登山口の竜泉寺
  天川
高野山の寺院では
  蓮華院ー紅梅
  普厳院ーさざんか
  そして、大円院の横笛の紅梅
ー  紅梅が素晴らしいです。
[PR]
by Ynaggie | 2011-03-02 22:37 | Diary


ライフログ
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧