写真家 永坂嘉光       大阪芸術大学教授
by Ynaggie
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
1948年、和歌山県高野山生れ。大阪芸術大学芸術学部卒業。1970年頃から故郷高野山をライフワークに撮影をはじめ、宗教と文化をテーマに日本各地やインド、ブータン、スリランカなどアジア各国を取材する。現在、大阪芸術大学写真学科教授。主な写真集に『高野山』(毎日新聞社、1980)、『弘法大師の足跡』(同朋舎、1984)、『高野山千年』(ぎょうせい、1989)、『永遠の宇宙 高野山』(小学館、2001)などがあり、とんぼの本シリーズにも『巡礼高野山』(1990)がある。2002年、東京写真文化館で個展「永遠の宇宙」、同年、アメリカ、ウェストン・ギャラリーで個展「Echoes of the Spirit」を開催。2004年、日本写真芸術学会芸術賞受賞。2007年、社団法人日本写真協会作家賞受賞。
検索
<   2011年 01月 ( 8 )   > この月の画像一覧
久しぶり、寒さが最高潮に達する。
良い作品が撮れそうである。
1/28(金)
2週間前に撮影した作品を、はちよう(高野山永坂gallery)
に1作かけます。
[PR]
by Ynaggie | 2011-01-28 23:09 | Diary
1/19 1/20
1/9(水)朝から大学で卒業制作の会議等ーしかし昼からサライの取材の
方と会いながら、昨日約束したフランス人と会わないとースリーダブル
でお金には遠い友愛の仕事が出来たー
19日はなんだか分からない、夜は高野山の寺院に小学館サライ編集者
と泊まったーと、言うのはこの寺院は外国人が多いからーと言うのであ
る。
まず、夕食は精進料理ー撮影を依頼されたのでー撮影したー簡単に「写
せば写るが、私の性格上か、2−3時間かけないと、と思っているがー
そうすると、編集者2名、私1名夕食を頂く時間がないし、せっかくの
食事がホコリまみれで食べれなくなるー後でホコリまみれの夕食は編集
チーフが食べましたが?
そうこうしているうちに、同じ寺院に泊まる、フランスのデレクターに
会う時間が無くなったー風呂に入ったー良い風呂であるが、風通しが良
くて、雪と氷の高野山ですので風はいやおうなく
暖まった体を冷却するーで部屋は大きなゆったりした部屋で大きすぎた
感もあるー
20日(木)の朝4時30分の目が覚めたー7時の朝のお勤めー8時の
護摩ー等撮影
20日の今日はやっと朝10時にフランス人のデレクターと会えたー
仏像展示場や寺院等に行きました。昼食事を約束していたがー見学、
撮影で遅くなりー別れたがーその時にフランス版の永坂写真集の構成は
出来たか?と聞かれた
新作品を次々撮影しているーと答えたー
フランスの美術館での開催は1年伸ばしたが、作品集の事も全部で来て
いるからー頑張ろうと話されーそれで別れた。
午後の大学の授業に向かったー(車で2時間である)
んですが、学生の作品って、まともに無いーこれがいつも『頭にくる』
ーまとめて留年も面白いなーと学生に言うとー笑いを止めながらーい
やだーと言う顔をしていた。
[PR]
by Ynaggie | 2011-01-20 22:05 | Diary
晴天
今日は朝6時から起きて撮影に向かった。
(まだ、あたりは暗かった)
いやー吹雪を予想したのだが、高野山は
寒い中にも、時々晴れ間をのぞかせた。
雪の重みで墳墓や杉林の色々な形が印象的でした。
 
 心に描いた画像はー水向け地蔵ー凍てついて
いると思ったが、朝7時から雪かき等、整備に
いそしむ方が多いので、残念ながら思った事と
違ったが、よく見るといい場面があった。
 諦めきれずに水向け地蔵をみつめ続けていた、
2時間程すると陽が昇りあたりが見え日が当たると
地蔵菩薩のひとつが、完全に氷に包まれていた、しかし
最初は写す気にはなれない、
やがて地蔵に光があたったー逆光でみると、今までに
ない美しく輝く事に気がついた
ーいやーこれはすごいと重い4x5のカメラで
あたりの氷の固まりをぶっ飛ばしながら、撮影出来たー
 
 そこに、フランスのデレクターとフランスの写真家が
朝の大師に運ぶご飯を撮影しに来たー(フランスの雑誌の仕事)
僕のカメラを見て、これは面白い、と言って横で地蔵
を写していた。僕も役にたったなーと思った。
それから彼らは朝の大師の食事を運ぶー儀式の撮影をしていた。
実はフランスの私の展示会の共同企画者のうちの2番手のデレクター
兼ー仏教学者であった。

お互いに本当に驚いたのである。
多分明日も会うでしょうと言っていた。
[PR]
by Ynaggie | 2011-01-18 21:49 | Diary
1/101/13
例年にない大雪、
いつもなら、雪中をさまようのであるが、
大学が始まったー
高野山の奥の院の水向け不動ー今、凄い形相と思うが
以前と違いー雪がかかると管理委員が朝8時には溶かします、
だから、それまで撮影するには、朝6時にはいなくてはならない。
まだ、チヤンスがあるので、今週の末に撮影予定。
カメラも4x5フイルムとデジタルカメラがいるが
デジタルカメラがボディとレンズ1本でも、
110万円もするーこの金額は高野山を撮影して
いたらー基にはもどらないので
ー倒産となるー寂しい感情。
しかし、美しい風景は展開する。
[PR]
by Ynaggie | 2011-01-13 09:13
1/6
1/6
夕刻から大雪、
狙っていた、高野山伽藍の灯籠と木立の所に行くと
突然の雪嵐ー
私は思い立ったー長い露光で撮影すると
降る小雪が霧に見えるーこれだーと思い撮影した。
雪と霧と灯火を撮りたかったが、雪の折の霧は
中々ない、しかし、今日の様に小粒の雪を
長い時間露光すると、霧になる。
[PR]
by Ynaggie | 2011-01-06 23:09 | Diary
1/5
今日は1/5高野山の大塔修正会に行く予定で車で出たが
何か考えているうちに、車は吉野山へ、あれーと、Uターンして
また目的とは違う、天河に向かったー天川では(湯釜神事?)
まつひな神事がありそれを再撮影したかった。
しかし大雪で前の車はとろとろ動く
2−3台ゴボウ抜きで向かった、時間すれすれで間にあった。
あー今日の神事の巫女さんは美人やーと思いながら、
神事の湯釜の熱いお湯が飛んでいたー私の顔や肩にかかったー熱いと思ったがー
良い事があるかもしれないーの熱湯と思いながら、
終わったらー能舞台がありーそれで終了。
しかし宮司さんがお昼ご飯を食べて行って下さい(神事に参加した方とか
皆でいただくー『なおらい』と言う)(仏式はお時と言います)
と、言われたので初めてでしたがいただきました。
 朝抜きだっからーぞうにが美味しかった。
それから、帰りに寸切された鏡餅もたくさんいただきました。
 やっぱりー天河弁財天で今日は良かったー。
 と、帰りに
  NHKのデレクターが高野山から電話がありー
  1/5は高野山では?
 あっ、1/5は高野山と伝えたのを思い出したー
   高野山で待っているとかー
   今日は天河に来てしまったからー明日に
   と、言う事になりました。
  イタリアのアッシジでの永坂展の報告が来た
  すごい反響でしたと、町の関係者大喜びでした。
   是非永坂に会いたいとー2人の芸術家からの贈り物をイタリア
   アッシジ市から持って来て頂いた。
[PR]
by Ynaggie | 2011-01-05 23:51 | Diary
1/3金堂修正会
本日3日はおだやかでした。
元旦の吹雪が夢の様です。
伽藍金堂で新年の祈祷をする、修正会でー
主に若い僧が中心となります。
いつもの様な凛とした、冷たさはなく
大勢の参拝者が堂内におられ、
いつもは土足が厳禁の金堂の廊下まで土足
で上がりました。参拝者への心使いと思いますが
初めてかなーと思います。
大きな金堂内での声明はいい響きでしたがー若い僧なのも
要因なもしれないがー若い声の響きでした。
私の目的は魔除けの杖を頂く事でした。
また、小さい牛玉杖も配られました。
これにお金をとらないのが、昔からの習慣で
無料で配られます。ーでも賽銭は沢山いれました。
今日はいい天気で、写真作品にする意欲は出ませんでした。
イタリアの方と会いました。
1/5は赤い堂内の根本大塔での修正会で、管長様、全管御坊
と、高僧の大勢が参加します。多分凄い声明が堂内に響き渡る
事と思います。5日は冷え込む事が予想されます。
雪であればいいのですが。
[PR]
by Ynaggie | 2011-01-03 23:06 | Diary
2011年
新年おめでとうございます。
2010年12/31の10時pmに修される
御幣納めは、かれこれ千年は続いていると歴史学者は
言うが、江戸時代からだと言う方もいる、しかし、高野山の
地主神に納めるのは、空海が直接に関連しているので、
1、000年と言われてもそうですねー。
古書をひも解いて見る事にした。
さて、行事は空海の住房と言われている
高野山伽藍近くの龍光院から伽藍の西の奥の深山に
祭られている高野明神の納める御幣とそれを照らす松明の列
今年は猛吹雪で雪が50センチは積もっていて
高野山の方々も珍しいと、言いながらこの行事に
参加していた。しかし、この行事が始まった大昔はもっと
寒かったであろうー龍光院の囲炉裏の火が焚かれていた。土室と
言われて高野山の寺院の暖房設備である。
これは空海が考案したものである。
さて、今年は珍しい吹雪だからいいのが撮れると思っていたが
松明が降りしきる雪と吹雪で燃え上がらなかったので、ノーストロボで
撮影する私は光が足りないー。また、
大雪があるので思った足場が怖く、撮影行動が大変であった。
いつもと違う場面は情景は写せた。(しかし、走りまわったら
昨年よりも数倍疲れた)
近年にない良い作品が(除夜の鐘が終わり、新年の
2時頃の猛吹雪)雪が渦になっている場面が50カット
納めたー日本で4番目に大きい鐘を釣っている、お堂
に降り掛かる吹雪が夜中のライトアップの光であらわに
なった、すごい瞬間である。手は寒さで感覚がなく、体が
芯から冷えてきたので凍傷の危険を感じて終わったー
それからー山麓の天野の里(空海がここの比売にいつも
敬愛の念を持っていた)
(丹生津比売神社)に向かったー。車中で10分程度の
仮眠を感度も繰り返しー疲れがとれ明け方の
4時に神社にお参りした。寒くて神社の方以外は
若者が2−3名たむろしている位で、だれもいなかった。
途中、雪で滑って、何かに衝突し大破した車がありー
痛々しかった。
2011年元旦からはすごい作品が撮れたのでー満足したが。

とにかく、フランス市立プチパレー美術館が大きなスペースを
無料で4カ月貸して頂けるので、日本側で搬入、設営費を集めて、
今年は何とかしなくてはと祈願した元旦での朝であった。
(昨年はお金が集まらなかったので、本年9/15から4カ月の
開催予定は(ドターキャンセルした)しかし、
日本でなくて、芸術の都ーフランスの著名美術館が永坂の写真展に
名乗りを挙げていただいたのは、大変光栄である。
 日本よりもー数倍の価値があると思うのですが^

フランス展を実現したいーと祈願したのである。
[PR]
by Ynaggie | 2011-01-02 01:01 | Diary


ライフログ
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧