写真家 永坂嘉光       大阪芸術大学教授
by Ynaggie
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
1948年、和歌山県高野山生れ。大阪芸術大学芸術学部卒業。1970年頃から故郷高野山をライフワークに撮影をはじめ、宗教と文化をテーマに日本各地やインド、ブータン、スリランカなどアジア各国を取材する。現在、大阪芸術大学写真学科教授。主な写真集に『高野山』(毎日新聞社、1980)、『弘法大師の足跡』(同朋舎、1984)、『高野山千年』(ぎょうせい、1989)、『永遠の宇宙 高野山』(小学館、2001)などがあり、とんぼの本シリーズにも『巡礼高野山』(1990)がある。2002年、東京写真文化館で個展「永遠の宇宙」、同年、アメリカ、ウェストン・ギャラリーで個展「Echoes of the Spirit」を開催。2004年、日本写真芸術学会芸術賞受賞。2007年、社団法人日本写真協会作家賞受賞。
検索
<   2010年 12月 ( 4 )   > この月の画像一覧
高野山の新風景の場所
私の代表作品とも言われている、高野山の雲海の作品はもう30
年前の高野山の風景である。
高野山から熊野へ向かうー轆轤峠(ろくろ峠)の雲海も私が撮影したが、
それ以来、何十年とー高野山のシンボル根本大塔が山並みの中で見える
風景が写らなかったが、素晴らしく良い場所を見渡せる
しかも根本大塔と、大門が見えるー
高根から高野山に入る街道近くです。
高野三山の魔仁山ーの峠を越えて高野山に入るが
その近くの高い山である。
NHKの方々、喜ぶと思いますが、そこに重いハイビジョンのカメラ運べない
かも知れない。
良い作品を私が写してからー場所を明かしましょう。
しかし、
関係者は知っているのですぐにわかるかもしれないが、良い作品を
撮れるのは神が味方する方のみです。
[PR]
by Ynaggie | 2010-12-22 22:26 | 写真技術伝授
雨、雷、竜巻
今日は朝6−7時頃は雨程度でしたが、午前11時になると
大雨や雷があった。朝は晩秋の吉野に行きましたが、
狙っていた紅葉はほとんど散り染めていました。
芸大では有野教授の講演が終わった、12時間40分頃
大学近くに雷がガがーんと落ちたー芸大では
初めての経験でした。
[PR]
by Ynaggie | 2010-12-03 21:44
晩秋の美ー高野山
私の作品集の名作と言われている写真は
晩秋の風景が多い。
高野山独自の桧皮葺の寺院の屋根に霜が降り掛かる。
この何とも言えない、薄い白霜が屋根を覆うと
雪の風景とは違う 世界を醸し出す。
現実の実風景を冷たい白霜が覆うと、オブラート
に、包まれた朝にしか見せない情景が展開する。
しかし、日が当たると現実の情景に還って行く。
そして、朝が目覚め、生活、暮らしが始まる。
冷え込んだ、早朝の一瞬の美がそこにある。
[PR]
by Ynaggie | 2010-12-02 07:31 | Diary
残り2日
卒業制作提出の為の残り日が後2日
大学授業外でもー夕方7時30分まで、良くやっている
しかし、これが春頃からしていると、相当いい作品が
出来るのにーと思ったが、人間はせっぱ詰まらないと
やらないのかなーと、再認識した。
Aさん、Oさん、勝君、小君、MさんKIさん、Kaさん
もっと早い段階ですればー才能が炸裂したのにーと

明日は早暁の6時に撮影して、10時には大学勤務である。
[PR]
by Ynaggie | 2010-12-01 23:47 | Diary


ライフログ
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧