写真家 永坂嘉光       大阪芸術大学教授
by Ynaggie
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
1948年、和歌山県高野山生れ。大阪芸術大学芸術学部卒業。1970年頃から故郷高野山をライフワークに撮影をはじめ、宗教と文化をテーマに日本各地やインド、ブータン、スリランカなどアジア各国を取材する。現在、大阪芸術大学写真学科教授。主な写真集に『高野山』(毎日新聞社、1980)、『弘法大師の足跡』(同朋舎、1984)、『高野山千年』(ぎょうせい、1989)、『永遠の宇宙 高野山』(小学館、2001)などがあり、とんぼの本シリーズにも『巡礼高野山』(1990)がある。2002年、東京写真文化館で個展「永遠の宇宙」、同年、アメリカ、ウェストン・ギャラリーで個展「Echoes of the Spirit」を開催。2004年、日本写真芸術学会芸術賞受賞。2007年、社団法人日本写真協会作家賞受賞。
検索
<   2010年 11月 ( 14 )   > この月の画像一覧
ヨドバシカメラで
今日は高野町と高野山金剛峯寺へ、NHKサービスY氏らと
堺市文化会館での展示会の話。
なんで、堺か?のコンセプトを考えるならー空海は難波近くの
港から遣唐使船に乗っているからもあるのでー意味はある。
堺から高野街道もあるはずであるー空海が通過した?との
調査もこれからする。
その後ー
夕方私も撮影のフイルムを梅田ヨドバシまで購入に行きました。
4x5大型フイルムは難波にも無かった。
ヨドバシでは、元Y副手に会った。U副手も今日からヨドバシ勤めと聞く、
それから同じ階でK君とあった
彼は展示会で作品が10作売れたと喜んでいた。Tさんのニコンの
スクールに付き添いで来たと話していた。橿原のMさんは来年
?が待っている東京に行くのだー、とか研究室副手の友人は
悩んでいたなー。とかー心配していた。
大型4x5を手にいて和歌山県の山中に帰った。
[PR]
by Ynaggie | 2010-11-30 23:30 | Diary
奈良、吉野の晩秋
吉野山の晩秋ー
紅い紅葉の木が5−6本残っているー肉眼でみたらやや紅いが
デジタルカメラでみると、遠景は紅葉が真っ赤に映える。
あー雨が来ると、霧の中に5−6本の紅い紅葉が浮かぶのにー
と、大雨の時に来ると決めたが、最近雨が少なく思った光景に
なるかどうかーを心配しながらー散策した。
道ばたに古い大木があり、こけむした大木に真っ赤な紅葉が
ふり積もっていた、私は4x5カメラと、2400万画素のデジタル
で、この辺を撮影していた。しばらくすると風が落葉を吹き飛ばす
なんとも言えない風景であった、1秒で撮影し紅葉の葉の動感や
時間の経過を撮影した。
[PR]
by Ynaggie | 2010-11-29 21:11 | Diary
撮影、招待講師、卒業制作
本日朝は雨、昨日の紅葉と古木と同じ撮影場所に行き
昨日とは、
同じ画面ですが、紅葉の深紅の葉が苔むした緑の
古木に降り掛かっていた。昨日より、
1枚上の作品が写せた
その後、10時30分に芸大に着き、芸術選奨受賞の津田直氏
の特別講義があった、現代アートの分野の写真というか、
とにかく、写真学科OBの芸術選奨の受賞は大学全体でも
まれな事である。いい講義をして頂いた。
その後卒業制作を見ていたが、今までとは打って変わって
非常に熱が入っていた。
[PR]
by Ynaggie | 2010-11-26 23:50 | Diary
晩秋の風
紅い紅葉が、晩秋の風で揺れる、
2日連続で撮影した/
苔むした古木が、不思議な形をしていて
その周りには、真っ赤な紅葉が風で揺れている。
ここを(丹生都比売神社)なんとか、作品にしようと
朝から頑張ったが、強風とか大雨とか、今一つ
決定打がない、とにかく写した。
[PR]
by Ynaggie | 2010-11-24 23:32 | Diary
卒業制作と人間性
丁度いまの時期は、4回生の卒業制作の最終段階
  皆様必死であせっています。
  本年は4回生の留年を出す予定。と言うのは過去最悪の出来の
  悪い出来です。と評されている。
  さて、このところ銀塩、デジタル表現について考える時期、
  卒業制作で
 デジタルでの表現は最終段階になると、機器が1m超の大型
 プリントを速くする。(1枚−1、000円程度)
 片や、私の学生は昔ながらの銀塩プリントー印画紙が無い
  無理して買うと、1ロールー50、000円
  それをー大学の大きな暗室で1日のみ借り、引き伸ばす
  額に入れてー10万はする、
  デジタルは額入りでー 2万ぐらい
   それで、審査となるとー断然ーデジタルの大きい作品
  デジタル加工したー大きい作品がーいつも上位である。
  大きいからーよく見えるー
  そんな事にめげずにー本年も銀塩愛好学生はー頑張っている
   さて
  審査にはーいつもは見ないー遠方の教授が大勢加わるー
  それで、毎年続けている。
  本年の学生の卒業制作はー過去最悪と、評されているが
  12/6日以後に結果がわかるー

  分かりやすく言ってー戦争の兵器に例えれば
   
  デジタル表現はー衛生からのレーダー付きの 最新兵器ー
   銀塩は  0戦特攻隊の戦闘機か?しかし、心がある。
        光はー心ー精神です
        それを見抜く方がいるがーサイズが小さいので
     多くの作品の中で目立たない。
     さてー
    デジタルしている作家は心も冷たいでは?
    と、言う学生がいるー過去の例では、そうかなー
    と、思う。ある、展示会で賞になった方の作品が
    ノーマル写真と思っていたが、実はデジタルで変えた
    作品であったーやはりーデジタル使う方は???と
    なった事も思い出す。
    しかし、広告、等、社会流通はデジタルです。
    そこでー企業が採用する目安で
        1−デジタルが出来るか>
        2−デジタル表現をしない方
       1、2を目安にするが、
         2−デジタル表現をしない方が不利な状態。
       人間性が豊かで、長く続きと考えるので
         あればー2の方がいいと思います。
        1−を優先して採用している、企業の方も多いですが
      ここは、人間性を考える必要があると思います。
       日本再建の為にも、どんな人材がいいか?
  
[PR]
by Ynaggie | 2010-11-20 08:38 | Diary
護摩の炎の撮影で見えた
南国で、護摩を撮影。
護摩を写しても30年か?と思うと
いま、わかった事があるー。
 炎は色々ある。炎の中に生き物がいる。
1−火事の炎
2−野焼きの炎
3−祈りの炎
4−炎の様な紅い夕日ー落陽ー
3ーの炎について、
  物が燃える時に炎が出るーあたり前と思う
  しかし、護摩は次から次へと、護摩の木が投げられー
  どんどん、燃えてゆく、だからー古い炎と新しい炎が
  交錯するーその炎と炎とのぶつかり合いがあるーとわかった。
  これから、もゆる護摩木
     中程まで燃えた護摩木
     ほとんど燃えた護摩木
  これらが、何百本となく、ひとつ、ひとつ燃え方が違う
  だから、炎の数々のぶつかり合いがあるー
  一本ではないのである。ロウソクなら一本の炎であるが
  護摩は実に多数の炎が出来るのです。  
  炎が生きているのがわかるのである。
  当然生があるから、湯を沸かす事が出来る。
  そして炎は消えてゆくのである。
  護摩で^炎が龍に見えたり、
  鳥に見えたり、するのである。最後のエネルギーである。
  (太陽が燃え尽きたらどうなるのでしょうか?)
  と、わかったー写真でそれを写し取る方法もわかった。
  簡単であった。
[PR]
by Ynaggie | 2010-11-17 22:21 | Diary
大学、卒制
今日は大学で、卒業制作の最終的な研究。
しかし、夜中3時AMに起きたー
霜と紅葉が写せるー服を来て、明け方までに
高野山の紅葉と霜を写しに行こうと用意したが、
霜はまだ出ないだろうーと思いー止めた
大学があるからーぼけた頭で学生の作品を
見れないー。また、3月に無理をして
網膜剥離寸前になった事を思い出した。
無理して盲目になれば、もとも子も無い
やめて、また休む準備をした、しかし
寝付けないー世があけて、8時になった。
明日頑張ろうとー考えた。
今日は高野山の町中に熊が出たと騒ぎがあった。
冬眠はまだしないんだろうか?いや、食べるのもが
ないからー寝られないんだよーとかが聞こえて来た。
[PR]
by Ynaggie | 2010-11-10 22:51 | Diary
秋風
今日は寒く秋風が強い日であった。
私は高野山伽藍の紅葉の撮影に向かう。
寒風が楓の葉をすり抜け、楓が揺れる、
観光客のわー寒い、寒いと言う声が聞こえて来る。
国宝不動堂の前に三脚を立て、5秒でf22で強い風を待った。
本当は1秒、10秒と表現の多様性を行いたいが、
デジタルなので、ままならない、NDがあれば、GOODであった。
国宝不動堂の屋根の苔の色と、楓の色が混じり合っている、
風が吹き揺れると、洋画の様になるのを想像して撮影、
中々いい風が来ない、強いのだが、向きが違う、、、と
思いながら、20枚撮影出来た。これが4X5のフィルムだったら
もう1万円はすっ飛んだー感じだが、デジタルで半額ですむ。/
夕方は堂塔の釣り灯籠の明かりが美しい、丁度堂塔にかかる黄色の
紅葉と同系色で色彩的に面白い、これは大型4x5で撮影したー
しかし、風はないー絵画的な表現は出来たのか?
堂塔は建物の矯正が必要だーデジタルでは出来ないー
4枚撮影した。フイルム現像は大阪梅田でも12月で終わりである。
東京まで送らなくてはならないーしかし、大阪でも送っていたから
時間は同じである。
デジタル撮影の結果、
まーいいのがあるか?70点です。
 今は、フランスに向けて新作を撮る動機にかられている。
[PR]
by Ynaggie | 2010-11-09 22:37 | 写真技術伝授
今日は和歌山市の写真専門店で、4、000万画素プラス4、000万
画素のデーターでどこまで、はっきりするか実験。縦2メートルまで、
曼荼羅の細部まで確認>早速プリントに回した。
それから、紀州で1、2位を争う護摩壇山の紅葉を撮影に走った。
3時間で着くと4時30分、あたりはもう暗かった。
私は満点星つつじを植えている場所で、紀州の山々の稜線が霧の中から
ほのかに見える時を写せた。
撮影が終わると日が暮れなずんで、闇の中に紀州の稜線が浮かぶ。
 今日は移動距離が200k-。
自動車の距離メーターを見ると買って1年もしないのですが
38、000キロ、この車は60、000キロ超えると、60万の残金
が課せられるー^約束、あーお金が飛んで行く。ー
[PR]
by Ynaggie | 2010-11-08 22:41 | Diary
秋の盛り
2、011年カレンダーは、3作品が今年撮影したばかりの写真。
それは、これからの海外での出版の為と、
永坂ー高野山の四季カレンダーが12年続いていて
その為に、いい新鮮な作品を撮らないとー
と、言う事で  ー 新規撮影しています。
高野山は秋の風景が美しく、紅葉が真っ赤です。
後10日は美しいです。
奈良ー吉野山は、まだ速い感じでしたが、時間はすぐに
過ぎます。
冬は直ぐやってきます。
[PR]
by Ynaggie | 2010-11-08 00:07 | Diary


ライフログ
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧