写真家 永坂嘉光       大阪芸術大学教授
by Ynaggie
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
1948年、和歌山県高野山生れ。大阪芸術大学芸術学部卒業。1970年頃から故郷高野山をライフワークに撮影をはじめ、宗教と文化をテーマに日本各地やインド、ブータン、スリランカなどアジア各国を取材する。現在、大阪芸術大学写真学科教授。主な写真集に『高野山』(毎日新聞社、1980)、『弘法大師の足跡』(同朋舎、1984)、『高野山千年』(ぎょうせい、1989)、『永遠の宇宙 高野山』(小学館、2001)などがあり、とんぼの本シリーズにも『巡礼高野山』(1990)がある。2002年、東京写真文化館で個展「永遠の宇宙」、同年、アメリカ、ウェストン・ギャラリーで個展「Echoes of the Spirit」を開催。2004年、日本写真芸術学会芸術賞受賞。2007年、社団法人日本写真協会作家賞受賞。
検索
<   2010年 09月 ( 9 )   > この月の画像一覧
10月15日NHK夜7時30分
NHKで関西もっといい旅の放送は10月15日夜7時30分です。
永坂が5−8分自己の作品と語りを致します。(関西地方)
[PR]
by Ynaggie | 2010-09-28 23:01
秋風
ここ数日気温が20度前後の涼しい日が続いている。
[PR]
by Ynaggie | 2010-09-24 23:49 | Diary
NHK放送日変更
9/24の関西もっといい旅が11月初旬に変更されました。
理由は内閣のニュースを流すとか、急な事態が発生しました。
[PR]
by Ynaggie | 2010-09-21 23:13 | Diary
故障
この所、暑かったせいか身体的不都合で、つい睡眠不足
車で睡眠となる、危ないー永久睡眠ならない様にー
車も修理点検で時間的故障。土曜、日曜は静止の
日でした。楽しみであった、高野山の三宝院のセレモニー
も、つい、日時の考え違いで行けなかった、残念
たまにこんな事はあるのかなー。
[PR]
by Ynaggie | 2010-09-14 00:41 | Diary
石仏の色彩
今日は奥の院の石碑にレリーフされている石仏の撮影。
2日前、この石仏は確かに頭が緑であった。
今日は真っ白(石の色)ーだれかがお顔の苔を
磨いて苔をとった、と思い残念ー
この緑を期待している和歌山市の妖精に申し訳ないと、
思ったが、あの時は塗れていたー飴が降ると緑になるー
と、思い少しの雨を待ったー杉木立の葉が揺れて
水が注いだーその後すぐに石仏の顔が緑に
染め上げられたー。すごい現象と思いながら
その緑の顔の石仏を撮影した。
[PR]
by Ynaggie | 2010-09-10 01:12 | Diary
高野山俯瞰風景
今日は高野山を俯瞰して見える場所を探したが
以前とは打って変った、風景が展開した(薮である)
もう、高野山内を見下ろせる場所はなくなっていた。
[PR]
by Ynaggie | 2010-09-07 01:15 | Diary
曼荼羅の中の人間
今日は平安時代の由緒ある曼荼羅を撮影した。
曼荼羅の下の方に描かれたー人間像=魚を計りにかけて
売る商人像らしき、ものが曼荼羅にある。
私は曼荼羅の細かな所に面白さを感じていたが、
肉眼では見えない部分を4000万画素のカメラで
撮影ー顔料の割れ目等映し出される。
その中でこの魚屋さんらしい像もクリアーに
写された。
[PR]
by Ynaggie | 2010-09-04 01:36 | Diary
丸木画伯ー原爆の図
4回生の卒業制作に広島の原爆の被災建物を
写している、ゼミ生がいる、
高野山に丸木画伯が寄贈した原爆の図の撮影を
朝8時からするので、手伝いに来てと連絡した
名作を通して、原爆の悲惨さを再認識してもらう
事にしたが、大阪を6時に来たらしくー
8時30分の撮影に間に会った。
 
 撮影場はどこにしようかと迷ったが、宝塔の
入り口が、ライト無しで一番光が平均していると
判断ー絵がかなり大きいので、部屋に入れても難しい
と、とっさの判断で見事ー光はムラがない、
4、000万画素カメラのの威力で撮影ーこれがフイルム
であるとーやっかいですがー今日は万全ー
ついでに6作品撮影し、午前中に撮影完了。
しかし、高画質のデジタルはこれからが勝負であるー。
これをプリントするプリンター中々難しい/
さて、丸木画伯の絵の内容がーすざましい。

1−母親の髪の毛は火で燃えあがっているが
 その子供は側にいて(幼児)、表情はなにげなく
母親の側によりそって母に甘えているー様が描かれている部分。
しかし、母はまだ生きているが、赤ちゃんの為に
必死に生きようとしてる、まさに突然襲った
不幸がまざまざと描かれているー
私は昨夜は、青いー厳かなー蔵王権現を見た
今日は血と炎で赤い染まったー丸木画伯の
原爆地獄を見て、克明に撮影した。
学生もーわーを連発していた。
夕方突然あった、NHKのデレクターに見せると
うあー見ていられないーを連発ー
[PR]
by Ynaggie | 2010-09-02 00:36 | Diary
日本最大の秘仏
8/31夜
国宝ー蔵王堂の中で、(明日から日本最大の秘仏蔵
王権現様が3ヵ月の間一般公開される)
 ご開帳開扉法要と前夜祭が行われた
5時30分になると、蔵王堂は閉められ
一般は入れないー私は撮影目的で総長の計らいで
報道陣と共に入れたのである。
私はこの秘仏をどう、描写したらいいのかと考えてみた。
多くの方々は、青さが際立つから、あまり厳かさを感じない
とも言うがー
この4m前後もある、権現様の前に立つと、それは凄い。
前回の撮影は確かに、権現様を美的に撮影した。
今回は多くの報道陣の中で、汗をドロドロにかきながら
撮影した。
4、000万画素のデジタルで撮影ー
モニターの最高画質のデジタルカメラでしたがー
機材操作が複雑で短い時間の表現は
難しかった。こころの準備不足である^。
しかし、プリントすれば、この画質で撮影された
方はいないのでー期待したー長い時間の露光ー
人が沢山いるんでー三脚してもカメラは揺れまくるー
あー残念ー1枚でも写っていてほしいー
と、願ったがー?
今、思ってみたらーこの権現様の悠久の息吹は
 青色の世界の表現にーその鍵があると、私なりに
知ったーもし、撮影で権現様に会えるなら
今度はー青の世界観を表現したい。
 最初に撮影して7年ーもう撮影の機会は無いかもしれない
しかし、私が生きているうちに、今度会えたらー
 とー考えたー
 青い、秘仏ー世界に類がない様なー
  荘厳な世界ーフランス人が喜びそうである。
[PR]
by Ynaggie | 2010-09-01 01:27 | Diary


ライフログ
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧