写真家 永坂嘉光       大阪芸術大学教授
by Ynaggie
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
1948年、和歌山県高野山生れ。大阪芸術大学芸術学部卒業。1970年頃から故郷高野山をライフワークに撮影をはじめ、宗教と文化をテーマに日本各地やインド、ブータン、スリランカなどアジア各国を取材する。現在、大阪芸術大学写真学科教授。主な写真集に『高野山』(毎日新聞社、1980)、『弘法大師の足跡』(同朋舎、1984)、『高野山千年』(ぎょうせい、1989)、『永遠の宇宙 高野山』(小学館、2001)などがあり、とんぼの本シリーズにも『巡礼高野山』(1990)がある。2002年、東京写真文化館で個展「永遠の宇宙」、同年、アメリカ、ウェストン・ギャラリーで個展「Echoes of the Spirit」を開催。2004年、日本写真芸術学会芸術賞受賞。2007年、社団法人日本写真協会作家賞受賞。
検索
<   2010年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧
鹿児島展、フランス展
鹿児島個展ー終了ー
南の果て、鹿児島と言っても、福井市よりも都会、しかし、言葉のなまり
が、確実にあるー。バリ島に行った時の様に成る時も、しかし、若い方々
は、少ないと思えるが、必ずなまりがある。とても印象的であった。
島国の性格でのびのびしていた。
帰りにNHK大河ドラマの篤姫が遊んだ浜(指宿)に行った。島津藩の
墳墓にもいった、この殿様に仕えていた家老が内の家内の先祖とか
で、だれも住んでいない大きな実家もあった。
[PR]
by Ynaggie | 2010-06-17 23:36
ペンタックス645-4000万画素
たしかに繊細な画像が出来る。素晴らしい。
デジタル特有のコントラスト、高彩度は少ない、
ハイライト、暗部が出る設定もある。
しかし、私自身は8x10の大型カメラの大型プリント
を、大学で教えていたので、
おー、と言う程も感じないが。
手持ち撮影で、8x10相当の細かい表現(質感、量感)
が出来る事には驚きを感じた。
テストカメラは返却したが、使って行きたいカメラでも
ある。
気力がある方は、買った方もちろんいいです。
表現が広がります。
[PR]
by Ynaggie | 2010-06-08 23:52 | Diary
夏日
昨日、今日と初夏の様相。
丁度、ペンタックスの645の、4000万画素のカメラの
モニターが和歌山市西本カメラに届いたので2日貸して
頂く事になり、大学に持って行きました。
驚いたー上半身を写させて頂きーそれを拡大した
顔のほくろ、眼の中、歯の間の歯垢等、確実に写ってしまう。
8x10位の描写力のあるー威力のある写真がうつる。
35ミリ デジタル最高機と言われているキャノン5D
カメラを昨年に購入したが、それでもコントラストが強く、コン
ピュータで処理しないとどうしょうも無いので、頭に来ていたが
(色がどぎつい) ペンタはーハイライト調整、暗部がでたり、
考えられているし、最高だしかし価格が80万レンズが20万ー
とお高いー。月給取の私は手も足もでないー
  2日の間、しばし借りてーカメラを使う幸福を味わう事となった。
キャノンのマーク2 ー5Dの名機は、これで値段下がるだろうー。
(私は昨年ー定価40万で 購入しましたが)
[PR]
by Ynaggie | 2010-06-04 23:32 | Diary


ライフログ
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧