写真家 永坂嘉光       大阪芸術大学教授
by Ynaggie
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
1948年、和歌山県高野山生れ。大阪芸術大学芸術学部卒業。1970年頃から故郷高野山をライフワークに撮影をはじめ、宗教と文化をテーマに日本各地やインド、ブータン、スリランカなどアジア各国を取材する。現在、大阪芸術大学写真学科教授。主な写真集に『高野山』(毎日新聞社、1980)、『弘法大師の足跡』(同朋舎、1984)、『高野山千年』(ぎょうせい、1989)、『永遠の宇宙 高野山』(小学館、2001)などがあり、とんぼの本シリーズにも『巡礼高野山』(1990)がある。2002年、東京写真文化館で個展「永遠の宇宙」、同年、アメリカ、ウェストン・ギャラリーで個展「Echoes of the Spirit」を開催。2004年、日本写真芸術学会芸術賞受賞。2007年、社団法人日本写真協会作家賞受賞。
検索
<   2009年 11月 ( 3 )   > この月の画像一覧
個展、功労賞
芸術にいそしむ、我々はいつもあくせく、ああでもーない、こうでも、ない
と夢を描き日々を送っている。
そんな時に、個展と成るとエキサイトするものである。
 京都高尾ー神護寺の個展も後3日になりました。
神護寺の秋の撮影はあまり出来なかった、しかし2−3はある。
それで、
12/5から、10数点で東京の恵比寿のナディフの2f、GP,gallery
で,展示が始まる。
12/7日に私が和歌山県の文化功労賞を頂く式典がある。
  音楽、文学、史学、舞踊、美術、文学等の中で
写真を通じて表現する私が選出されたのは、ある運が巡回して来たのであろう。
とかく、芸術の世界にいると、暗い方向を見るので。賞等いただくと
つかの間の明るさを頂くのである。その折りは本当に嬉しいものである。
それにも増して、パリでの美術館での個展開催企画が進んで来た
のは、運が巡って来ている証でもあります。
l国際的な展示会がいよいよ始まると思うと、エキサイトしてしまう。
[PR]
by Ynaggie | 2009-11-27 06:43 | Diary
展示会
昨日まで、1日の売り上げが少なく、悲鳴を上げていたが
本日は120名の来場者でも、
売り上げは400名来場者の時より数倍に上がっている。
午前中のお客が買う傾向。これは展示会を目的に来られている
証と思える。午後からの来場者は紅葉を見に来られた方々が多いから
かなー?
[PR]
by Ynaggie | 2009-11-10 00:03
神護寺
神護寺での作品展がはじまり、1週間紅葉が素晴らしい、
写真展会場にもあふれnばかりの、お客様
大変だー。しかし,売り場がないに等しいから
余り売り上げは無いーが、
この写真のポストカード無いですか?の注文が
殺到している。
[PR]
by Ynaggie | 2009-11-08 22:22 | Diary


ライフログ
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧