写真家 永坂嘉光       大阪芸術大学教授
by Ynaggie
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
1948年、和歌山県高野山生れ。大阪芸術大学芸術学部卒業。1970年頃から故郷高野山をライフワークに撮影をはじめ、宗教と文化をテーマに日本各地やインド、ブータン、スリランカなどアジア各国を取材する。現在、大阪芸術大学写真学科教授。主な写真集に『高野山』(毎日新聞社、1980)、『弘法大師の足跡』(同朋舎、1984)、『高野山千年』(ぎょうせい、1989)、『永遠の宇宙 高野山』(小学館、2001)などがあり、とんぼの本シリーズにも『巡礼高野山』(1990)がある。2002年、東京写真文化館で個展「永遠の宇宙」、同年、アメリカ、ウェストン・ギャラリーで個展「Echoes of the Spirit」を開催。2004年、日本写真芸術学会芸術賞受賞。2007年、社団法人日本写真協会作家賞受賞。
検索
<   2009年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧
曼荼羅
8x10で神護寺の曼荼羅を記録として撮影したが
曼荼羅の神秘に取り付かれている所である。
Tデレクターが、60万の本にしたい、とフランクフルトの
ショーに出す為に1mの大きさの見本を制作された。
うまく行くといいなー、と思った。
撮影時点は私もそれなりの物を考えていたが、
まだまだ、撮影が足りないー。
フランク、フルトが上手く行っても撮影は続行しなければ
ならない。
  と。淡路島の自動車道でその様な話をした。
本日は日曜日であるが、不思議と渋滞は
なかった。
[PR]
by Ynaggie | 2009-09-28 06:03 | Diary
平安時代の曼荼羅
ついに平安時代の曼荼羅を大型で撮影したが、
素晴らしい曼荼羅の一言に尽きる。
神護寺のガイドには出て来ないが、隠れ曼荼羅
で、珍しい曼荼羅でした。
[PR]
by Ynaggie | 2009-09-11 23:53 | Diary
曼荼羅
4Mもある、曼荼羅を苦労して撮影したが、美しすぎる、新しいから、
どうかと、思っていたが、ーこれは、あんまり人気が出ませんーと
専門の方が一言。そこで、再度お願いした。それから、
住職に平安時代末の、曼荼羅を出して頂いたので、
よく見ると、東寺の国宝の曼荼羅と形式は同じであるか、
この方が空海に近いと思った。
とにかく、素晴らしい曼荼羅であった。
3日かかって、ライトと8X10銀塩の分割撮影で、デジタルでは到底
出来ない、撮影をしたが、、、、2分露光、;その間は不動と 住職にも 言いました。
 撮影後の帰りが危なかった。
 2日の間まともに寝ていない。
運転していても、ネムタイ、助手席の学生君は
先生、信号が赤の交差点で、眠っているしー、動いていても
寝るしーーとはらはら、ー
私は、この車、メーカーの台車なので、 車両保険が無いので、事故を
起こす訳にはいかんーので
安心してーいて下さいと—伝えました。
睡魔に負けないのも、写真家の条件です。
雲海を写そうと思えば、寝ていられないしー。
北アルプスの撮影では夜行のちくまに、乗り朝の5時に長野の折立につく
そこから6時間かけて登るのであった。
今その無理で肩、腰が常時変だー。(笑)
[PR]
by Ynaggie | 2009-09-05 22:22


ライフログ
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧