写真家 永坂嘉光       大阪芸術大学教授
by Ynaggie
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
1948年、和歌山県高野山生れ。大阪芸術大学芸術学部卒業。1970年頃から故郷高野山をライフワークに撮影をはじめ、宗教と文化をテーマに日本各地やインド、ブータン、スリランカなどアジア各国を取材する。現在、大阪芸術大学写真学科教授。主な写真集に『高野山』(毎日新聞社、1980)、『弘法大師の足跡』(同朋舎、1984)、『高野山千年』(ぎょうせい、1989)、『永遠の宇宙 高野山』(小学館、2001)などがあり、とんぼの本シリーズにも『巡礼高野山』(1990)がある。2002年、東京写真文化館で個展「永遠の宇宙」、同年、アメリカ、ウェストン・ギャラリーで個展「Echoes of the Spirit」を開催。2004年、日本写真芸術学会芸術賞受賞。2007年、社団法人日本写真協会作家賞受賞。
検索
<   2009年 08月 ( 5 )   > この月の画像一覧
神護寺と最澄
空海が帰国後留まり、密教道場として住みながら京に留まった
神護寺、しかし、空海が住む前は最澄もここにいたらしい。
空海はこの寺院で7年年上の高僧最澄に灌頂をしている。
灌頂授者名の一番最初には最澄の名が記されている。つまり、
ここで最澄は空海の弟子になると言うー。空海が本当に凄い密
教経典、他を中国から招来しているのを、知るのは最澄だけで
あった。それは日本に持ち帰った経典等の目録を最澄がみれば
一目瞭然であった。
しかし、天皇であるとか,他の方々は『何もわからない』ー。
 もちろん。最澄は空海を入京させる様に、計らったのであるが
入京した空海の寺院へー最澄はしげしげ通ったーと言う話もある。
それから、最澄は空海に数々の密教の経典を借りたりしたのである。
 最澄の良い所は、研究するべきものは、徹底して夢中なるという事である。
後輩の空海の灌頂を受けたのも、それは自らの深い研究心によるものである。
  今の日本の学者間であまりその様な事は聞かない、
年上の教授が若い研究者の言う事は余り聞かないー人によっては潰しにかかる
学者や教授が沢山いる。
その点、最澄は自己の非を認め、空海の灌頂を受けたのである。 
 
 神護寺に興味深い絵画が有る。
   空海に灌頂を授けられ、行道する最澄に後ろから紅い傘を差し掛ける空海の
  絵画があるー。
  これは、空海が最澄に灌頂をしたー空海が最澄に法を授けたーが、空海は
 先輩である最澄に尊敬の念を現している絵と言われているのである。
 一度、ご覧下さい。10/1−11/30まで、神護寺は空海入山1200年記であります。
[PR]
by Ynaggie | 2009-08-12 00:25 | Diary
研究会
神護寺で京都大学や大阪大学の大学院の先生や、学生との
研究会が開催された。雨の中、あの長い石段を登られて来た
雨のせいで参加は少人数でした。
午後13時に開始、私も何か話してと言われたが
私は勉学の立場でー聞き手に廻った。(話し手はご住職)
ご住職は延々と2時間、空海について、また天台宗の開祖、最澄について
 皆様がしらない事実を話された。
この話は新聞記者は、もちろん顔負け?ですねー
やはり、住職には空海が宿っていると感じたのである。
 その後には
 〜  私は以下の事を思った。〜
空海を語る多くの方々、多くの著名な先生がいます。
しかし、それは空海入定後の約1、200年後の研究やお話が多い。
1200年間の長い歴史を凝縮して、今空海をそれぞれの思いで
語られている。ほとんどの視点、論点がそうであるー
  もちろん、当たり前でー仕方ないのか。
 机の上で(本や資料で空海を語る)の空海論でないー体験による
 空海論もーかっ飛ばしてほしいーと思うのである。 
ほとんどの学者さんは、約1、200年後の結果論であるのではないか。
予算も体力もなくてー仕方が無いと思いますがー
空海が高野山に約1、200前に入定後に、高野山は荒涼としたした時代が
ある、それは10−20年単位ではない、200ー300年の間は、閑散としていた。
一時代には空海は世間から消滅したのではないか、
祈親上人が、空海入定説を再び広めー高野山は再興されて行く。
のちに、覚鑁上人、応其上人等、高野山を守る僧侶が現れる。
ここらの歴史的事実が重要な事柄であると思うー。
ー有名な芸術家が亡くなると、10年するとその名は消滅し、人々の
記憶から消えるのである。その死後30ー50年後後に見直されて行くー
    ー空海は1200年後の今もますます―人々の心をかき立てるー
   それだけにー世の心は荒れているのか=?
[PR]
by Ynaggie | 2009-08-10 09:03 | Diary
阿修羅仏をしのぐ別な美しさ?
5色に彩られた,虚空蔵菩薩ー
白、黒、赤、黄、緑の5色に彩られた菩薩(国宝)
これは,赤で彩られた阿修羅以上の、意味がある
菩薩であるとは思うが寺史には、そんな美的な事は
書かれていない。
と、言っても阿修羅は非常に惹かれる仏様だ、
一度本物に会いたいと思う日々である。
赤色は顔料の関係でよく残されている。
しかし、神護寺の緑の菩薩様には惹かれる。
[PR]
by Ynaggie | 2009-08-06 22:49 | Diary
日本最古
日本最古で唯一の、5色に彩られた、虚空蔵菩薩をやっと
撮影出来た。5仏体あり、5色の菩薩があるのは
ここだけであります。
8x104x5で完全に撮影した。
阿修羅仏は人気であるが、この5色の菩薩こそ、日本最大の
人気になる素質?は十分に持ち合わせている。
皆様、阿修羅どころではないです。
意味のアル、5色を知るべきです。
[PR]
by Ynaggie | 2009-08-06 22:44 | Diary
御最勝講、4x5とデジタル
昨日、本日と1年に一度の法会、みさいしょうこう(御最勝講)が
伽藍の奥の山王院で修された。このお堂は高野山の地主神である
高野明神の前に佇んでいる。
このお堂で、夕刻から8時30分頃まで修されるー
伽藍の森の闇の中に響き渡る声明の音は、生きた密教を体感する。
私は,銀塩の大型で撮影ーまたデジタル
[PR]
by Ynaggie | 2009-08-01 23:57 | Diary


ライフログ
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧