写真家 永坂嘉光       大阪芸術大学教授
by Ynaggie
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
1948年、和歌山県高野山生れ。大阪芸術大学芸術学部卒業。1970年頃から故郷高野山をライフワークに撮影をはじめ、宗教と文化をテーマに日本各地やインド、ブータン、スリランカなどアジア各国を取材する。現在、大阪芸術大学写真学科教授。主な写真集に『高野山』(毎日新聞社、1980)、『弘法大師の足跡』(同朋舎、1984)、『高野山千年』(ぎょうせい、1989)、『永遠の宇宙 高野山』(小学館、2001)などがあり、とんぼの本シリーズにも『巡礼高野山』(1990)がある。2002年、東京写真文化館で個展「永遠の宇宙」、同年、アメリカ、ウェストン・ギャラリーで個展「Echoes of the Spirit」を開催。2004年、日本写真芸術学会芸術賞受賞。2007年、社団法人日本写真協会作家賞受賞。
検索
<   2009年 07月 ( 6 )   > この月の画像一覧
梅雨
大雨と思ったら、晴れている、傑作を撮影する絶好の機会である。
高野山の家の前は、すぐに森林、いつでも状況がよくわかる。
そろそろ大学が夏休み、高野山に帰り―作品創りを始める。
空海が生きているー高野山と信仰されているーから」こそ
高野山続いてきたのだー。行基上人も空海をたたえたー
それは入定された事にある。
[PR]
by Ynaggie | 2009-07-26 22:40 | Diary
展示会、写真集
パリ人のデレクターから、永坂の白黒はまだか?
と。お叱りの通信が来た。30年前の雪の中の
人物風景からーが魅力的だとかー。(フランス版の作品集創るとか)
なにしろ原板を整理していないので、多くの中から
とか、実家の雨漏りだらけの屋根裏のボックスの中から
捜査しなくては?と思いつつ時間が経ってしまった。
なんで、?整理が悪いなー、と思われてもー当時の私は
芸大の月給8、000円の使い走りでした。
また、もう芸大生活で諦めていたー事もあります。
関西はー写真の芸術家には思想が田舎でしたー
仕事等ー若者を伸ばす場ーと言う
言葉はー皆無ーに等しい地でしたー、で、あきらめないと
道がないー地でした。
今は―グローバルな世界で全然違いますー/若ものの為の世界が
満ちあふれています。
 今日、明日と、大学のキャンバス見学会です。
 はつらつとした、高校生と話をしました。
若者には無限大の夢があり、また、30数年の年間の教員生活の中で
誰が、有名になり、どの様な方が脱落したかをー話しました。
眼をらんらんと輝かせて高校生は聞いていました。
[PR]
by Ynaggie | 2009-07-19 22:35 | Diary
ゼミ展
大阪芸大内の情報センターでゼミ展を開催している。
大人気である。学生も大喜び
何故かと「言うと、デザイン、美術等、多くの学科の方が写真を
見るからである。6000名が芸術家めざした学生、400名程の教師と。

私はフランスの美術館で個展開催準備、少しのお金があれば
すぐにでも開催ー頂点へーしかしお金が無い、文無しだー。
学生と熊野に行きました。彼らは私の話した通り、徹夜で現地へ
私は翌日現地入りー人で人で場がない、学生が私の撮影場所を
とっておいてくれた。親切ー感謝ー
こんな親切な21歳の学生達ーいい就職はないものだろうか?
[PR]
by Ynaggie | 2009-07-18 00:16 | 展示会情報
五大虚空蔵菩薩がヒットする
五色に塗り分けられた、五体の五大虚空蔵菩薩は、必ず
多くの方々の心を捕らえます。
[PR]
by Ynaggie | 2009-07-18 00:06 | 写真と和の装飾
五大虚空蔵菩薩
ご仏体の色彩が5色に分けられている、五体の虚空像菩薩は
ここ神護寺しか残っていない。
黄色、黒、白、赤、緑、と塗られ意味を表している。
今日は国宝指定のその菩薩を撮影した。
[PR]
by YNAGGIE | 2009-07-17 22:50 | Diary
高野和紙の普及
高野山には経典等に使われた、昔からの和紙があった。
私は高野山の和紙がほとんど忘れられて行くのがー寂しかった。
 (高野山の産業は無くなっているので、高野山生まれの方は
  7割は山を下りて暮らす)
そこで、この和紙に高野山の写真を印刷してとー昔から考えていた。
高野和紙はーこうぞ、みつまた、でつくられている荒い紙である。
阿波和紙や越前和紙に比べたら、比べものにならない程ー質が固い。
しかし、強引に写真を印刷したら、荒い感じが何とも言えない。
良い所は紙が強い事である。中々破れない。
阿波和紙は高野和紙に比べるとすぐに破れる、
高野和紙で着物を創っていたらしい。これは高野和紙ならでである。
吉野(よしの)  和紙も南朝で使われたので、多くの方法で使われているー。
高野和紙はーアート作品を制作するのにとてもー都合がいいのである。
 高野山を愛する寺院に大判が飾られます。
  完成の暁にはー発表します。
 注意ー高野和紙はー今は創られていません。
 残存した和紙で制作しています。
早速ー高野町ー世界文化遺産センターに持って行きました。
    高野山に産業が出来るとー大喜びですした。
大判の和紙ー漉きましょうーとー元気が出て来ている/
 今日はその、画像の判定に京都まで行きますー。
[PR]
by Ynaggie | 2009-07-06 08:53 | Diary


ライフログ
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧