写真家 永坂嘉光       大阪芸術大学教授
by Ynaggie
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
1948年、和歌山県高野山生れ。大阪芸術大学芸術学部卒業。1970年頃から故郷高野山をライフワークに撮影をはじめ、宗教と文化をテーマに日本各地やインド、ブータン、スリランカなどアジア各国を取材する。現在、大阪芸術大学写真学科教授。主な写真集に『高野山』(毎日新聞社、1980)、『弘法大師の足跡』(同朋舎、1984)、『高野山千年』(ぎょうせい、1989)、『永遠の宇宙 高野山』(小学館、2001)などがあり、とんぼの本シリーズにも『巡礼高野山』(1990)がある。2002年、東京写真文化館で個展「永遠の宇宙」、同年、アメリカ、ウェストン・ギャラリーで個展「Echoes of the Spirit」を開催。2004年、日本写真芸術学会芸術賞受賞。2007年、社団法人日本写真協会作家賞受賞。
検索
<   2009年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧
ライト
ライトの問題で東京にいるファションカメラマンで海外ものしかしない
超プロに東京で私の考えるライトを調達して頂いた。
私も30年前に購入した大型ストロボがそろそろ使えなくなって来た事も
あったが、この先私は10年しか動けないと考え、短いので新品を買う必要も
ないし、東京のカメラマンはどんどん失業しているから、良い機材があると考えていた
が、まさにその通りでした。新古が激安でーあるとB巨匠からメール頂いた。
これで撮影と決めた、8x10の大判でもf64まで絞れる。ただしタングステンライトです。
[PR]
by Ynaggie | 2009-06-08 20:41 | Diary
極彩色の曼荼羅
神護寺ー(空海が帰国後始めて滞在した寺院で、結縁灌頂を開壇し、最澄も受けた)
)の著名な高雄曼荼羅は既に撮影したが、今後は隠れ曼荼羅である、極彩色の曼荼羅を
撮影許可になった。100枚は撮影しようと考えています。凄い色彩。
[PR]
by Ynaggie | 2009-06-04 22:22 | Diary
表現としての
先日の仏像の写真が出来た。しかし美しくあり、暗く有りで
表現としての作品として、自己評価は可である。
ライト(ストロボ光)を当てると、暗闇の仏像は浮かび上がる
斜めから当てると、ドラマチュクに写るーしかし、私は
地元、高野山ので撮影は、ろうそくや自然のあかりで
15分間ー撮影した空海像は柔らかい表情が表出されていた。
光を当てると、仏像のもつ柔和な感じはなくなる。
その点、今回の撮影はライトを使ったので、柔和さが
無い。いくらライトに拡散の紙を何枚つけても、駄目である
はるか遠くから、差し込む柔らかな僅かの光、これで
撮影する。仏は表情を出すはずである。
再撮影は自然光から始める。生きた仏の光を写す為に/
[PR]
by Ynaggie | 2009-06-01 21:41 | 写真技術伝授


ライフログ
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧