写真家 永坂嘉光       大阪芸術大学教授
by Ynaggie
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
1948年、和歌山県高野山生れ。大阪芸術大学芸術学部卒業。1970年頃から故郷高野山をライフワークに撮影をはじめ、宗教と文化をテーマに日本各地やインド、ブータン、スリランカなどアジア各国を取材する。現在、大阪芸術大学写真学科教授。主な写真集に『高野山』(毎日新聞社、1980)、『弘法大師の足跡』(同朋舎、1984)、『高野山千年』(ぎょうせい、1989)、『永遠の宇宙 高野山』(小学館、2001)などがあり、とんぼの本シリーズにも『巡礼高野山』(1990)がある。2002年、東京写真文化館で個展「永遠の宇宙」、同年、アメリカ、ウェストン・ギャラリーで個展「Echoes of the Spirit」を開催。2004年、日本写真芸術学会芸術賞受賞。2007年、社団法人日本写真協会作家賞受賞。
検索
<   2009年 02月 ( 10 )   > この月の画像一覧
永坂嘉光常設写真館
米国の名門で最強のウエストン、ギヤラリーでは、10年前から
私の作品を4−5点常設で普及販売して頂いているが、やっと
地元、高野山でも実現する。ただし、シャレタ場所ではないが、
日本で何とかいつも展示している場所である。高野山はちよう
と言う、茶店。
そして、大阪のど真ん中の心斎橋のシャレたデザインのホテルを
写真のホテルとする。そこにアンセル、アダムスやエドワードの
写真と共に私の写真も常設される、今から照明の工事とレイアウトにかかる。
大阪に出来る事に意義が在ると人は言うが大阪がそんなに遅れているのー
日航ホテルの近くだから、すごく便利がいいです。
室戸はかなり、大掛かりなので、まだ何も言えない。
[PR]
by Ynaggie | 2009-02-25 23:47 | Diary
本年の作品発表はーまずー聖なる桜から――吉野のシリーズ
吉野の方々ーこの写真をお店で購入してー夜の桜の美しささらに、を宣伝しよう。
夜の美しさをアピールする事は、宿泊客がさらに増します。
えー、春は客はいらないー。って、何十万名もこられて大変だそうです。
夏と、秋、冬が人がこないらしい。夏桜、秋桜ー夏は高野山は百日紅が
凄く美しいのでー吉野も紫陽花とか今の数倍植えてみたらーどうですか。
和楽3月号ー小学館ー永坂嘉光ー写真、文
JCBゴールド会員雑誌ーカラーグラビアー聖なる桜写真と文
四谷ールニーで聖なる桜―個展始まるーこれは高野山最大の桜の30年を
描くー
 しかし、この展示で上記の原稿料使い果たします。
 春から威勢がいいが、今年も赤字出発です。
[PR]
by Ynaggie | 2009-02-25 23:24 | Diary
2/25
2/25写真評論家で芸大写真学科教授ー平木収氏が本日他界されました。
すべて密葬ー(九州。福岡)
[PR]
by Ynaggie | 2009-02-25 22:55 | Diary
健康
最近健康になりましたーが、
撮影が精進料理でした、お昼がいつもいい食事を
出して頂いたり、今日は心斎橋で調子にのって
定食、や寿司を頂いたーそのつけが、回り
ダウン、やはり、痛くなり食べられなくなり、
明日から、2−3日お粥、一日、2食
明日は高野山の山麓の高野山の母
ー天野神社の撮影をします。
だれでも撮影出来ない場所が与えられました。
[PR]
by Ynaggie | 2009-02-25 00:24 | Diary
撮影
この度、
高野山の精進料理の撮影をした(13種)。本当に
色々な料理があるのだなー、と関心した。
撮影カメラ、レンズは、日本のカメラと ハッセル
で撮影
比較すると、 ハッセルは色がスカットして出る。
 やはり、1つのレンズが、20万70万と、高いだけあり、
素晴らしい色彩の表現ができる。
[PR]
by Ynaggie | 2009-02-23 23:24 | Diary
撮影
昨日は中曽根元総理の事務所に4名で行った。
我々がしようとする事に全面的に協力すると言われたが、元総理も
92歳、早くしないと、と秘書が言っていた。小学館に行き、帰った。
今日は1年前から予定していた、精進料理の撮影、花菱と言って
高野山の老舗である、私たちは幼い頃、ここは高野食道と『高食』
と、言ってよく「うどん」の配達を頼んだ食堂であるが、今は前の10倍
程のスケールです。
天皇陛下が、来山された折りに食事を創った店で有名になった。
4回生の鈴木が大阪からバイクで手伝いに、4時間遅れでアシスタントに来てくれた、
助かったので高野山の宿に泊って頂き、撮影が終わるまで高野山からでない様に
しました。本人は大満足。しかし
  こんなに働き強い若人が就職ない、って
世の中おかしいと,思う。これは日本の財産です。この労働力を使えない
日本の政治ってーおかしい、おかしい、と思った。
大不況にならせる、仕組みが、おかしい。こんなに強い若い力を使えない
日本ーどう思いますか。
成人病の在る方は、自己管理が悪かったので、そんな方は仕事の
管理も悪くなるーのは、見えている。
止めてもらって、若い人をどんどん使い、いい方を残して行くーー
のは、どうですか?
[PR]
by Ynaggie | 2009-02-20 21:41 | Diary
OB会
2/10ゼミ展のオープニングがあった。世界的な写真家
野町和嘉氏も来場してスピーチをして頂いた。
やはり,含蓄のアル話であったー。
狭い会場に50名の出品者や、OBも来てくれた。
2次回は、さて4回卒予定のハマオカ君が、年間1億円近く
稼ぐ、2名の広告写真家に囲まれて、嬉しそうであった。
まー凄いなー1テーマー200万から、1カット100万の話を
していた。海外の仕事がメインだららそうなる。
東京で海外の仕事をする。またはNYで世界的な仕事をする。
と、皆様一杯飲んでいるから上機嫌でした。 
その点は、私は給料の食いつぶしで、赤字の山積ー
社会奉仕か、相手がそれぐらいしか、見ていないのかー。
これが、米国、パリの仕事となると、100万ぐらいに跳ね上がる。
私の作品は米国の最強ギャラりーで売れているけれど、
中マージンがあるので、下手をすると赤字である。
続ー
[PR]
by Ynaggie | 2009-02-11 22:56 | Diary
整理
今日は集英社のbookの整理、と撮影
胃腸か風邪かかなり疲れた感じです。
2/10は四谷のReeneと言う、galleryでゼミ学生の
展示会です。大阪から上京します。
2/106時pmから、オープニング
是非来て下さい。
[PR]
by Ynaggie | 2009-02-08 21:08 | Diary
写っていた鬼
天河の神事ー
鬼迎えの儀式で今日の現像出来上がりで
鬼がふとんに入る
場面が表現されていました。びっくりしました。
[PR]
by Ynaggie | 2009-02-06 23:32 | Diary
Spiritー天河
  鬼が来た証
2/2.2/3ト天河弁財天神社(芸術、芸能の神)に撮影。
まず、節分に
 『鬼はー内』 ーおにはーうち
  『福はー内』 ーふくはーうち、 と言い豆まきをする地、
  だけでなくー
 鬼がここの守り神であった事もあり
  鬼はここでは、聖なる仏であるので、おにはうち―と言う。
  それで、節分前夜、鬼がここで一晩眠る為に,すごい絹
  布団を、2つ敷く。  鬼と人が一体化する為にー2つ敷く
   のである。
 2日の夜,鬼がここに泊ると言うのである。
 さてさて、その証が有るというのです。  
 その中に現実があった。
その,現実とは鬼が(仏が)この社家に泊まった証として、
足をたらいの水で洗うー。ですから、そのたらいの水を儀式
で井戸から汲んできて何度も布でこしているから,完全に透
明である。なんの混じりけもない。
それを置いておきー寝る前に足を洗う様にしておく。 
しかし、3日の朝5時にそのたらいの水を公開して、布でこすと
 布には明らかに砂がついている 。これを見たいと イギリス、
米国等から泊まり込みで皆様やって来ている。  宮司さんが昨
晩も鬼が来てくれました。と皆様に言い汚れた布を皆様に見せ
ました。
 これは鬼がここで足を洗った証であると、 宮司さんは説明され
ました。
  皆様はーわーわーと歓声。
 私もこれを撮影しました。
 もし、この写真見たい方は、見て下さい。(本を出します)私も
皆様の前で撮影したからーセットした、うそ写真ではありません。
 デジタルでなく、フイルムで写しました。
 デジタルですとーすぐに偽物が出来ます。
  と、貴重な体験を神事の中に見ました。
   
[PR]
by Ynaggie | 2009-02-04 10:53


ライフログ
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧