写真家 永坂嘉光       大阪芸術大学教授
by Ynaggie
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
1948年、和歌山県高野山生れ。大阪芸術大学芸術学部卒業。1970年頃から故郷高野山をライフワークに撮影をはじめ、宗教と文化をテーマに日本各地やインド、ブータン、スリランカなどアジア各国を取材する。現在、大阪芸術大学写真学科教授。主な写真集に『高野山』(毎日新聞社、1980)、『弘法大師の足跡』(同朋舎、1984)、『高野山千年』(ぎょうせい、1989)、『永遠の宇宙 高野山』(小学館、2001)などがあり、とんぼの本シリーズにも『巡礼高野山』(1990)がある。2002年、東京写真文化館で個展「永遠の宇宙」、同年、アメリカ、ウェストン・ギャラリーで個展「Echoes of the Spirit」を開催。2004年、日本写真芸術学会芸術賞受賞。2007年、社団法人日本写真協会作家賞受賞。
検索
<   2008年 12月 ( 5 )   > この月の画像一覧
胃腸
ここ1か月胃腸の調子が悪いので、お粥を続けているが
今日はo-リングテストした。
胃腸の中の一部分が大変抵抗力がない、と言う結果でした。
お粥は関係ない、抵抗力が無いので,今後はそこにガンは出来る
と。言われた。どうも直す方法がない。
胃の部分に、抵抗力を付ける必要があるらしい。
[PR]
by Ynaggie | 2008-12-25 23:39 | Diary
遷化
私が若い時(31歳)  に『ヒマラヤ山麓の密教の実態』の調査で
私がカメラマンとして、参加させて頂いた、すごい予算であった。
若いダライラマ14世にも会った。私の写した豪華写真集もプレゼント
してくれた。
フイルムは400本位持って行きました。/
 名僧、故ー 中川善教大阿闍梨も参加。
2月余り撮影した思い出のある調査
この時は凄いものを見た、撮った1日5000枚写した
絶対秘仏が、男女合体像で、私の顔は真っ赤になり
熱くなりながら,秘仏を撮影した。だから、明王は紅いのか
なんて。
髪の毛が、汗と泥パックになった。インドの公衆便所に
行こうと,近くまで行ったが、その建物のまわりが、うんちの
山で、したくなくなった>(笑い)
この時の研究代表者ー高田仁覚先生が、昨日遷化された。
ご冥福をいのります。
私は、この時の写真を全部寄付したが
1年後に高田先生と私と,アシスタント中島氏と3人でブータンに行った。
その折りの作品を何とかしたいと考えています。
この時私は100万を借りての取材でした。(今の200万の価値)
まだ形になっていない。
[PR]
by Ynaggie | 2008-12-19 00:13 | Diary
陽が雪を溶かし
昨日と同じ場面の地に来た。
今日は雪が溶けると聞いたので、早い目に
行くと、白い雪が多く、その下に紅い紅葉がある
しかし、写してもいい効果はないので1時間後に行く事に
して、私は紀州の尾根を走る、龍神スカイラインで鶴姫の
展望台に行った。ここは360度にして山々が見渡せる格好の
場所。上に着くと晴れ渡っていて、遠く雪を冠った、大峰の
山々が銀色に輝いていた。もちろん高野山や熊野の山々
奈良の山々も見えたが、近景は絶景でなかった。
1時間以上経ったので、私は高野山内にもどり、
雪と落葉の場所にいった。
かなり,遅かったが、陽の当たった所は溶け,影は残っていた。
庭石の影の雪は白く、影でない所は、雪が溶けて土の色。
これは、いい、と思い大型カメラを出して写した。
追伸ー空海が日本で描いたと言われる、長い間
秘仏であるー高尾曼荼羅は、5分の撮影時間で
見事、写っていた。
ここ何年かー絶対秘仏なんか、よく写すーいつも
準備不足であるのですが、良く,写ってくれる。
[PR]
by Ynaggie | 2008-12-09 21:23 | Diary
『聖なる自然 高野山から』 刊行のお知らせ
a0056025_17555564.jpg
このたびG/P gallery では、高野山に生まれ、一貫して日本の「聖地」を撮り続けてきた日本写真界の名匠・永坂嘉光の個展「聖なる自然 高野山から」を開催いたします。また、この個展にあわせ、G/P gallery ディレクター後藤繁雄編集による同名の写真集も、京都の老舗出版社の光村推古書院より発売いたします。永坂嘉光は、過去において密教や山岳信仰を記録した素晴らしい作品を発表し続けてきましたが、今回は、三宝院の弘法大師像や高野山の四季の写真が中心となりますが、「アニミズム」と「密教」の接点から自然をとらえる試みです。それは、ひいては、「写真」自体が「聖なる力」をいかに持ちえるかという問いでもあります。G/P gallery では今後、永坂嘉光の写真を積極的にコンテンポラリーアートの文脈でとらえ直し、国際的にプロデュースを行っていきますが、それは「エキゾチシズム」ではなく、「写真の力」の可能性への挑戦だと考えています。また今回の写真展は、永坂嘉光にとって初めてのアクリルマウントの作品シリーズです。この機会に、そのスピリチュアルな力に、ぜひ接していただきたく、御来場をお待ちしております。
G/P gallery では、12 月に開催される国際的アートフェアphotoMIAM に、永坂嘉光の作品を出展いたします。

                                G/P gallery
                                ディレクター 後藤繁雄


タイトル:永坂嘉光『聖なる自然 高野山から 』

日時:2008 年11 月29 日(土)~12 月30 日(火)12:00~20:00
会場:G/P gallery
オープニング・レセプション:11 月29 日(土)19:00~21:00
                                  12月20日  4:30分 12月27日18;00
                                   トークショーがあります。
[PR]
by Ynaggie | 2008-12-03 18:12 | 写真集
11/29写真展オープン
11/29日
作品展が開館された。
オープニングはゼミOBや、小学館関係の方々
著名デザイナーや。スタイリスト、高野山寺院関係の
方々が来られた。ー今、入り口が建物の工事していて、
分かりずらかったのでー失礼しました。
この展覧会のDM100枚を郵便局で80円で受け付けられ
それでOKと思っていたが、配達郵便局が配達しないーので
着かなかった所もあったし、配達の折りに40円プラスせよ
と、言われた受け取り人もおられた。
郵便局の受付が問題か
郵便局の配達が問題かー民営化で心配である。
[PR]
by Ynaggie | 2008-12-01 01:13 | Diary


ライフログ
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧