写真家 永坂嘉光       大阪芸術大学教授
by Ynaggie
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
1948年、和歌山県高野山生れ。大阪芸術大学芸術学部卒業。1970年頃から故郷高野山をライフワークに撮影をはじめ、宗教と文化をテーマに日本各地やインド、ブータン、スリランカなどアジア各国を取材する。現在、大阪芸術大学写真学科教授。主な写真集に『高野山』(毎日新聞社、1980)、『弘法大師の足跡』(同朋舎、1984)、『高野山千年』(ぎょうせい、1989)、『永遠の宇宙 高野山』(小学館、2001)などがあり、とんぼの本シリーズにも『巡礼高野山』(1990)がある。2002年、東京写真文化館で個展「永遠の宇宙」、同年、アメリカ、ウェストン・ギャラリーで個展「Echoes of the Spirit」を開催。2004年、日本写真芸術学会芸術賞受賞。2007年、社団法人日本写真協会作家賞受賞。
検索
<   2008年 10月 ( 5 )   > この月の画像一覧
未明の学修灌頂、後朝
10年に一度の学修頂法会が既に始まっている、今朝は未明に
起きて撮影と参加もした。10年前はこのこの法会をよく写したものだー。
10年若かったから、元気、元気であったのを思い出す。
  今は少し不元気です。午前7時に終わると、空海像が安置している、
三宝院に向かう。空海に会いにいったのである。
それから、高野山料理の花菱に電話して、今日は料理を撮影するので、
料理を持って来て下さいーと連絡。高野山の家に帰り
撮影用のスタジオ創りや、
また、今日は大きな作品が和歌山の文化会館の
作品が帰って来るので、その用意やらで、
仕事が終わると夕方5時ー寝ていない、疲れたなー
[PR]
by Ynaggie | 2008-10-30 22:36 | Diary
作品展と大普賢岳登山
和歌山県文化会館の作品展が終わった。海外の方が寛いで
見て頂いた。
そして今日はゼミの学生をあの大普賢に案内した。
どうしても,とらせてあげたかった、自然の素晴らしさを
体感してくれたと思う。彼は感動の余り撮影に無我夢中
役の行者の窟では、その岩のすごさを、始めて見た、と
感動していた。
下山中私は転倒してしまったが、足等すり切れ、皮が剥がれた。
 岩の階段を降りる際に、石ころを踏み
安定しなく、下り坂で転倒した。カメラは大丈夫であった。
2−3日睡眠が3−4時間が影響したのだろう、安定しなくなった
のだー。でも、学生はいい作品を撮ったと思うのでいった甲斐が
あったようである。
[PR]
by Ynaggie | 2008-10-28 23:22 | Diary
大普賢岳登山
 今日は朝から息子が試合の為に朝6時に出発したので、
私も2年ぶりに,大峰奥駆道の難所,大普賢に向かった。
昨日から全然予定していなかったので,リックはなかった。
 通勤カバンに無理にカメラを押し込め、水だけにして
食べ物はいっさい無しで登山した。
以前、重装備で大雨の中登山し、撮影した折りとは
また違う、あの時は母92歳もなんとか生きていた、
昨年は奈良市写真美術館の大きな個展や、母の病いが重く
なり、亡くなって、撮影どころではなかった。
私の右肩が動かなくなったり,耳鳴りが始まったりでした。

 本日の2年ぶりの登山は晴れていて快調そのものでした。
しかし,2年のブランクは,岩と岩のはしごも、スムーズにいかなく
頂上まで行くのを止めようと振り返ったら、降りれない、絶壁の
鉄のはしごを降りれない、それで慣れる為に上へ上へ頂きまで
到着した。青空が広がる美しい大地が見渡せた。
テントがあればここで1泊したい場所であった。熊が恐いなー。
下りは、やはり,慣れたのか、なんとか下山した。
途中で水が無くなったが、役の行者の岩窟に、しみ出る水が貯まって
いた。
美しい水だ、天の助けだ、水ガあるから,役の行者もこの岩窟で
過ごせたのかと、わかった。
肩の動きもやや良くなったので無事の下山ー
計5時間かかりました。 
 日帰りの山登りは,よけいな食べ物はいらない、重いだけ、
私達は,カメラと言う鉄のかたまりを持つのでそれだけでOK
ただし、道に迷う事等あれば,懐中電灯は必要であるが、
これも、拡散光のものでないと、危ない、部分しかみえない
スポットライトは滑落する、ここで滑落すると熊も食べてくれない
程、急な谷に真っ逆さまです。
[PR]
by Ynaggie | 2008-10-19 22:04 | 写真技術伝授
大型作品展
10月25.26、27の3日の間,和歌山県立文化会館を特設して
永坂の大きな個展が開催される。
何しろ大きな作品ばかりであります。
是非,お運び下さい。
12月の東京での作品展は割に小さいので、関西の方々は
今回は是非ご覧下さい。
 文化会館は  和歌山県庁の前に在る。
[PR]
by Ynaggie | 2008-10-18 23:15 | Diary
NAUSTCA opera
NAUSTCA
ナウシカ。オペラ.インターナショナル音楽文化協会は
イアタリノアッシジ市 サンペエトロ美術館にて、『アッシジ日本文化祭』にて
永坂嘉光写真展を招聘した。11/9ー11/15まで。
ナガサカの他に、書道,工芸、華道、茶道等の展示、他がある。
      招待でですが、大学勤務を休む事も気になるので
     残念です が、作品展示は現地の関係者にまかせます。
 今の日本の大学はどこもここも少子化問題で大変な事です。
[PR]
by Ynaggie | 2008-10-04 22:53 | Diary


ライフログ
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧