写真家 永坂嘉光       大阪芸術大学教授
by Ynaggie
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
1948年、和歌山県高野山生れ。大阪芸術大学芸術学部卒業。1970年頃から故郷高野山をライフワークに撮影をはじめ、宗教と文化をテーマに日本各地やインド、ブータン、スリランカなどアジア各国を取材する。現在、大阪芸術大学写真学科教授。主な写真集に『高野山』(毎日新聞社、1980)、『弘法大師の足跡』(同朋舎、1984)、『高野山千年』(ぎょうせい、1989)、『永遠の宇宙 高野山』(小学館、2001)などがあり、とんぼの本シリーズにも『巡礼高野山』(1990)がある。2002年、東京写真文化館で個展「永遠の宇宙」、同年、アメリカ、ウェストン・ギャラリーで個展「Echoes of the Spirit」を開催。2004年、日本写真芸術学会芸術賞受賞。2007年、社団法人日本写真協会作家賞受賞。
検索
<   2008年 08月 ( 3 )   > この月の画像一覧
落雷高野山を襲う
やはり、落雷は金剛三昧院の大きな杉に落ち、木が縦に割れた。
鎌倉様式を唯一残す高野山の建物。
今日は夕刻6時に大雨、道が滝に成っていた。
私も切子灯籠を写す予定だから、かまわず豪雨の中
写した。が4x5は使えない、6x7を三脚固定で撮影/ 
足も頭も全部 べたべた、しかし夏だ、3時間後に乾いた。
気温は23度でした。
[PR]
by Ynaggie | 2008-08-11 23:57 | Diary
今日の雷はすごく長かった。
雷はどどーーん、とか  ぱりぱりぱり、と空を割る感じであるが
今日は何度も側に落ちた様だ、
高野山の火事といえば昔は雷が多かったらしい。
これは、ピカードンとくれば、割に近いが、
今日はビカードン バリバリ  が1時間余りでした。
いつもは、15分ぐらいで止まるんですが、今日は
凄かった。長かった。
やっと雷がおさまって出かけると消防車が、出ていた
どうやら近くに落ちたらしい。
山の下の川では、パトカーが2台と人が5−6名
増水した川で行方がわからなくなったのでしょう。
今年の気象は普段の年と違うのは分かった。
[PR]
by Ynaggie | 2008-08-10 00:43 | Diary
白黒撮影
最近、頻繁に撮影
快慶作の(重文)阿弥陀様を8x10白黒で撮影
透かし彫りがある天下の仏。しかし本堂に安置しているまま
で、写すので撮影の為にカメラの前に体を入れる、ピントをみるのが、 曲芸である。
それでも、厨子や周りの物に触れずにうまく撮影出来た。年令の割に
体が柔らかいので良かった、だれも真似は出来ないであろうと思う。
        昨夜は山奥の天川の七夕祭りの撮影。
 夕刻7時までに4x5白黒で25枚も写してしまった。夕闇迫る天川に
護摩の煙が漂い、灯籠が流される。中々流れなかったが、
撮影している内に長時間露光に考える事が有り。『ピントをぼかして
写し、そしてピントをはっきり会わせて写す、2回露光を2作品写した』
現像が大変ー「それが、4x5のピントがぼけた感じは、35ミリ、6x7とは違う
のである、デジタルは無理、無理、無理。
[PR]
by Ynaggie | 2008-08-08 08:13 | Diary


ライフログ
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧