写真家 永坂嘉光       大阪芸術大学教授
by Ynaggie
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
1948年、和歌山県高野山生れ。大阪芸術大学芸術学部卒業。1970年頃から故郷高野山をライフワークに撮影をはじめ、宗教と文化をテーマに日本各地やインド、ブータン、スリランカなどアジア各国を取材する。現在、大阪芸術大学写真学科教授。主な写真集に『高野山』(毎日新聞社、1980)、『弘法大師の足跡』(同朋舎、1984)、『高野山千年』(ぎょうせい、1989)、『永遠の宇宙 高野山』(小学館、2001)などがあり、とんぼの本シリーズにも『巡礼高野山』(1990)がある。2002年、東京写真文化館で個展「永遠の宇宙」、同年、アメリカ、ウェストン・ギャラリーで個展「Echoes of the Spirit」を開催。2004年、日本写真芸術学会芸術賞受賞。2007年、社団法人日本写真協会作家賞受賞。
検索
<   2008年 04月 ( 10 )   > この月の画像一覧
今日は右肩の痛みで夜中4時に起きた。3時間睡眠だ、
高野山の桜を撮らないと散るので、東寺展をやめて
伽藍の御影堂正御影供を撮影。
朝からであったので、疲れて4x5で撮影する意気が上がらない。
35ミリと6x7を使った。
本山前の駐車場の車の中で横になった。怖い夢を見た
昼寝の金縛りは始めてだった。1時間程経っていた。
13時からの行道等、15時まで撮影し
1時間かけて、龍神温泉に1年ぶりに向かう。
宿泊は満杯で出来ない、それから、3時間かけて帰宅した。
帰って静寂そのものの中で、残りの仕事をした。
明日も夜中出発である。
[PR]
by Ynaggie | 2008-04-26 21:57 | Diary
おお忙しい、春の日
作日は新ゼミ生歓迎会、今日は実習と私の撮影。
夕刻6時には、高野山の三宝院から爪剥のお酒の
奉納儀式が伽藍の御影堂(空海の尊像が
絶対秘仏としてある御影堂)への行道。
そして。1年1度のお逮夜が延々とあった。
私は愛染堂の護摩が撮れたが、学生は?
4回生のゼミ学生も、4−5名参加したから、大変
有意義であった。家には11時に帰宅。
[PR]
by Ynaggie | 2008-04-25 22:27 | Diary
プレゼント
東寺、空海の歩いた道ーの個展も半場過ぎました。
また、米国の個展も来週で最後と成りました。
皆様、ご支援有難うございました。
 東寺は30万人の方々が東寺に来られその内の3万人の
方々がご来場頂いています。あと1月余りです。
 今回の東寺展のみに制作した、曼荼羅、
吉を呼ぶ敷曼荼羅を制作、販売しています。
このブログを見られている方々に、プレゼント
します。200枚はありますが、120切手X1枚を出します。
200名分は送ります。送り先をお知らせ下さればOKです。
メール、naggi@par.odn.ne.jpにお知らせ下さい。
[PR]
by Ynaggie | 2008-04-23 23:12 | Diary
撮影
この所、雨が多い、今日も帰り道で雨の為か交通事故を起こしていた。
私は雪の運転で慣れているが、
団塊の世代の方々が、退職し車を買って運転しているのを見る。
激務の会社勤めから解放されて気分はいいであろうが、慣れない車の運
転は(大雨)危ない。
とは、言うがわたしも60歳が近い、しかし、運転が下手では生きて行けない
仕事である、アル時は崖の上、アル時は凍てついた狭い急な坂、アル時は
集中豪雨の高速道路(これは水中を走っている感じ)底高でスピードの出る
車を持っているが、もう、5台目である、多分写真をしていないと、これだけ
車にお金を盗られる事はなかった。
まだまだ、やりたい事が沢山あるが、運転中に睡魔が襲う事が多い、
50肩と言って、50歳になると、肩が痛くなる病の最中である。
右腕が痛いが、荷物やカメラは持たないと何も出来ない。
夜中に痛くて目が覚める、そのまま起きて睡眠不足で運転する。睡魔が襲う
赤信号で止まり、青になるまで待つ時に、寝てしまう、後ろの車が、ブーブー
と、クラクションを鳴らす。人は言う、道の横でしばらく寝ていたら、
寝ていたら、時間に間に合わない、信号待ちで寝るのが、目覚まし変わりに
後ろからクラクションがなるからーしかし大変な迷惑である。
しかし、今新緑が美しい、こんな時に大学勤めってー本当に残念である。
[PR]
by Ynaggie | 2008-04-17 22:21 | Diary
葛飾北斎、小林一茶
今日はゼミ分け、教授会、学科会議、懇親会と夜21時まで、行事詰であった。
電車の中で雑談、葛飾北斎は春画で収入を得ながら、、、
sex好きで、80歳でも営んでいた。彼の富士の絵画は亡くなってから売れたとか。
小林一茶もsex,sexの毎日とか。それで名句を書けたのでは
興味ある方は是非詳しく御調べ下さい。
これは、T教授の立ち話。
[PR]
by Ynaggie | 2008-04-12 00:09 | Diary
襖撮影
やっと念願のふすま絵の撮影とそのふすま絵の傷、汚れを修正し
新品の襖にする制作が始まる。
[PR]
by Ynaggie | 2008-04-11 00:01 | 写真と和の装飾
授業開始
今日は4/10日 授業開始。昨日は息子が中学の入学式
昔なら、自分の撮影 撮影の連続で出席しなかったが、今年はおとなしく行事に参加
  最近の教育の2極化、(秀才は私立へ、鈍才は公立へ、また公立の教育がかなり程度が
落ちます。)  だから、中学入学の時点で将来が決まるとかーそれで、世の中は塾だらけ。                                                           
そして、  最近の少子化に寂しい限りである。

中学ー大きな体育館の中での入学式、一昔は体育館一杯の人でしたが、
 片隅での式典。

内の大学も4/10はあふれんばかりの、学生、学生、でしたが
今、なんだー、熱気が出る前に、校舎の壁に熱気が吸い込まれる。
しかし、人気の学科はすざましい熱気。
 日本の未来はどうなるんだーと思いながら新学期の始まりです
[PR]
by Ynaggie | 2008-04-10 23:53 | Diary
オフシャルウェブサイト
http://walk-with-kukai.jp
是非、このサイトをみて下さい。
[PR]
by Ynaggie | 2008-04-10 01:17
オフシャルウェブサイト
http://walk-with-kukai.jp
是非、このサイトをみて下さい。
[PR]
by Ynaggie | 2008-04-10 01:17
米、写真の力
米、老舗中の老舗のウェストン、ギャラリーで作品展のレセプ
ションが開催され参加した.
やはり凄かった。レセプションに来られるメンバーが
各々美術館の館長だったり、作品のコレクターだったり、
日本で開催とは大分違った。
 主に吉野、大峰の作品であるが、その方面の方々の参加はないが、
YOSHIMITSU NAGASAKAの写真展である。
日本の様によけいな、推薦文等はない、写真そのものの力を
モットーにしている。
日本は芸術を見る目が少ないと言われる。しかし、視角から
感動を与えればそれでいいのだと、思う。
だから力がない、有名人にたよりがちな、日本人社会は
伸びる事は少ないと感じた。
 レセプションでは大型作品が相次いで売れた。
小学館の写真集は2−3冊売れたが、
展示してある高価なオリジナルが売れた。
これは、何を物語っているかと言えば
美しいものを得る為に、高価格であるが好きな物を展示して、
気にいったものをいつも展示し、 ストレス解消にもなるのが芸術である
その作品が決して何千万もするものではないが、気持ちがいい。
だから購入する。
日本人はなぜ買う方が少ないと言うと、まずいい作品がない。
ただ、写しただけの写真を思い切り安くして売る。
また、基本的な考えで写真は芸術ではない、記録だーと言う方が
大半である。だからだ、
いわゆるプロがいない、日本の写真業界は写真趣味の方々が
人数的にも支えて来た。、、だから、そのなのである、、、
どう思いますか?。
仏像を写せば写真原板を1枚提供する習慣がある、どうでもいい
写真は提供するだろう、しかし、作品ができれば、そうはいかない
のではないだろうか。
しかし、どうでもいい写真を、作品だと言う写真家
それを見分けられないのが。普通かも知れない。
[PR]
by Ynaggie | 2008-04-01 23:41


ライフログ
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧