写真家 永坂嘉光       大阪芸術大学教授
by Ynaggie
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
1948年、和歌山県高野山生れ。大阪芸術大学芸術学部卒業。1970年頃から故郷高野山をライフワークに撮影をはじめ、宗教と文化をテーマに日本各地やインド、ブータン、スリランカなどアジア各国を取材する。現在、大阪芸術大学写真学科教授。主な写真集に『高野山』(毎日新聞社、1980)、『弘法大師の足跡』(同朋舎、1984)、『高野山千年』(ぎょうせい、1989)、『永遠の宇宙 高野山』(小学館、2001)などがあり、とんぼの本シリーズにも『巡礼高野山』(1990)がある。2002年、東京写真文化館で個展「永遠の宇宙」、同年、アメリカ、ウェストン・ギャラリーで個展「Echoes of the Spirit」を開催。2004年、日本写真芸術学会芸術賞受賞。2007年、社団法人日本写真協会作家賞受賞。
検索
<   2008年 03月 ( 5 )   > この月の画像一覧
東寺展
東寺の展覧会が始まった。
 入場無料であるが、大胆な展示会
が出来た。3/21は2、000名近く入場した。
凄い人である。
東寺の方針に従っての企画である。大原工房や
西本カメラ、ノーリツ綱機も頑張ってくれている。
 しかし、  企画進行をを全部こちらで間をとって
くれている会社の方がいるので安心している。
それなりの事が行われるか心配もしている。
なにしろ、写真芸術を深く知っていない方が
3/21日の東寺の弘法さんに来られる。
と、言うのは今日はある方で写真集を2冊買ってくれた
が、 オリジナルプリントが希望なので
価格を言うと、全紙00万・?と大変びっくり
写真文化の向上の為に、大四ツ切をそれなりの
価格でやっとわかってもらえた。
となりの彫刻であると、10−15万で彫像して下さい
と依頼していたので、写真が印刷(写真集)とプリン
ト作品の違いという物を、まだまだわからないのである。
写真芸術が日本の世の中に浸透していないとこの度は
深く感じた。
大きな写真を通じて写真のよさを感じて頂き、
写真文化の向上に役立ったとは、思います
これは、写真協会がやるべきですねー(笑)
[PR]
by Ynaggie | 2008-03-22 04:51 | Diary
米、CLの個展3/22日オープン
昨日は円高で円が99円になった日でもある。
3/22日は米国の老舗ーウェストン、ギャラリーでの
作品展が開始される。
本当は初日なので私がいないと
思ったが、3/28日にレセプションにして頂いたので、
3/27、28には現地に行く事になった。
今回は単に写真作品を販売するだけでなく、
 米国の美術館のキュレターに業界の雑誌で大きく
アピールされたと言う。
Wギャラリーは米国トップクラスの老舗なので、影響力はかなり
強いと考える。しかし、現代アートの方面ではこれからの課題と
思うのである。
今までとは違う内容のレセプションかもしれない。 

さて、東寺展では。3/20日開催に向けて、制作もいよいよ
大詰である。 ( 3/20−5/27日)
大型写真が並び、迫力があり4mX3mの大きさの写真は圧巻
である。しかし、費用が大変で昨日も2社にお願いした所です。
DMは主催者がいまからつくるらしい。
[PR]
by Ynaggie | 2008-03-15 04:33 | Diary
東京、しまだまきのゼミ展
3/11東京四谷でナガサカゼミ展のパーティ開催。
巨匠、野町和嘉先生が参加していただいたき、真のある
お話を学生にして頂いた。
本年はナガサカの宣伝不足で大勢の方々では、なかったが
内容のある、レセプションとなった。ナガサカは東寺と米国の
作品展が重なり、授業がないとは言え、朝は7時から、夜11時まで
時間が埋まっていて。このところ大変です。
[PR]
by Ynaggie | 2008-03-13 21:08 | Diary
大きな画面の写真作品展
現場の臨場感を出す為に大型に伸ばした作品群
東寺、食堂(じきどう)
『空海の歩いた道』3/20−5/27
永坂嘉光の集大成
[PR]
by Ynaggie | 2008-03-06 23:35 | 展示会情報
隠された空海像撮影
私は夢中にシャッターを切っていた。
彫刻は写したくなかったが、どうすれば
始めて対面した空海像の息吹きを写せるか
闇雲に写した。
お厨子の中に鎮座していて、正面しか写せない。
顔が照かっている。左右からのみ光が入る。
あーだれが写しても同じなのか?と思いながら
写していた。同じ正面から大型で数十枚撮影
しかし、写し疲れた最後に空海像は彫像から
出て来た。あーなんと言う事だ。
仕事を終えた、若い僧侶が、わー有難い
罰が当たるーと、普段肉眼で見る事が出来ない空海さんに
話していた。ここの空海は勢いがある。すさましい。すごい。
今日は現像があがった。
やはり、最後の12カットめに撮影した空海像は、だれもが真似を
できない生きた像が出来上がった/。
これを大きく制作したいと思った。
[PR]
by Ynaggie | 2008-03-05 23:03 | Diary


ライフログ
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧