写真家 永坂嘉光       大阪芸術大学教授
by Ynaggie
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29
1948年、和歌山県高野山生れ。大阪芸術大学芸術学部卒業。1970年頃から故郷高野山をライフワークに撮影をはじめ、宗教と文化をテーマに日本各地やインド、ブータン、スリランカなどアジア各国を取材する。現在、大阪芸術大学写真学科教授。主な写真集に『高野山』(毎日新聞社、1980)、『弘法大師の足跡』(同朋舎、1984)、『高野山千年』(ぎょうせい、1989)、『永遠の宇宙 高野山』(小学館、2001)などがあり、とんぼの本シリーズにも『巡礼高野山』(1990)がある。2002年、東京写真文化館で個展「永遠の宇宙」、同年、アメリカ、ウェストン・ギャラリーで個展「Echoes of the Spirit」を開催。2004年、日本写真芸術学会芸術賞受賞。2007年、社団法人日本写真協会作家賞受賞。
検索
<   2008年 02月 ( 2 )   > この月の画像一覧
大雪
高野山は
約60センチの大雪
何もかも、白い雪に埋まり、ただ白いまま、
今日は奥の院等、友人を案内しながら
歩いたが、いつもの私の被写体が雪に埋もれて無い。
私の作品を見て撮影に来られたが、それが雪に
埋もれて何も撮れないのである。
その後、
私は国宝多宝塔の寺院を案内した。喜んでいたが
私も例年にない大雪で、多宝塔の屋根が雪で
厚い、その前の塀の屋根も雪でかなり分厚くなっていた。
私は撮影を決意し大型を組み立てた。
足元の雪を固めて、30センチの高台を創った。
そこからの眺めは格別である。ー自分だけの高台。
雪が溶けるとなくなる。
なだらかな多宝塔の曲線と水平の線を描く、塀の屋根
を狙ってカラー、そして、メインの白黒で撮影。
出来上がりが楽しみである。
[PR]
by Ynaggie | 2008-02-17 23:39 | Diary
雪の節分
今日は高野山と、その山麓や、奈良の吉野も雪。
朝、高野山の撮影予定であったが、
私は雪の中の炎を思い出した。
しんしんと降る雪の中での屋外の
護摩の火を思い浮かべた。
絵になると思い、一路天川へ、
(節分は吉野は面白いが昨年行ったので)
10時からお祈り、12時から、小雪の中で護摩は
厳修された。すごい煙のかたち、まさに竜であった。
般若心経をかかれた写経を沢山護摩の炎中に
入れる方がいて、それはばらばらになり、護摩の暖かい気流に
乗って、天高く舞い上がって、空で消えた。
火がつき、赤い炎が宙に舞った瞬間は不思議な光景であった。
護摩がおわり、お寿司の振る舞いがあった。
そして、最後に餅まきが、あった。
私は右肩が悪いので、撮影をやめて、
拾う方にいた。ほとんど拾えなかったが、
最後に平たい大きな笠餅が飛んでこないかなー/
と、思っていると、近くにきた、左手を出すと
多くの方々の手をすり抜けて、私の手にあたり
落ちた。そして、左手で大きな餅を拾った。
今年も何かいい事がありそうである。
[PR]
by Ynaggie | 2008-02-03 23:15 | Diary


ライフログ
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧