写真家 永坂嘉光       大阪芸術大学教授
by Ynaggie
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
1948年、和歌山県高野山生れ。大阪芸術大学芸術学部卒業。1970年頃から故郷高野山をライフワークに撮影をはじめ、宗教と文化をテーマに日本各地やインド、ブータン、スリランカなどアジア各国を取材する。現在、大阪芸術大学写真学科教授。主な写真集に『高野山』(毎日新聞社、1980)、『弘法大師の足跡』(同朋舎、1984)、『高野山千年』(ぎょうせい、1989)、『永遠の宇宙 高野山』(小学館、2001)などがあり、とんぼの本シリーズにも『巡礼高野山』(1990)がある。2002年、東京写真文化館で個展「永遠の宇宙」、同年、アメリカ、ウェストン・ギャラリーで個展「Echoes of the Spirit」を開催。2004年、日本写真芸術学会芸術賞受賞。2007年、社団法人日本写真協会作家賞受賞。
検索
<   2008年 01月 ( 12 )   > この月の画像一覧
節分他
もう、節分、吉野山の豆まきは、全国でも異質だ、
鬼は内、福は内、天川もそうである。時間の有る方一は、
参加して下さい。

新宮のお灯祭りは、いまも絶対 女人禁制。
遡れば、縄文時代を源とするらしい。
女人禁制で 怒って入山した女性が大変な目にあったとか聞きます。
夜の山の行事で、この行事に参加する為に、昼からお酒を飲み酔っぱらった
人が多く、男同士でも木の松明で殴りあい、 かなり血だらけに成る方が
います。女人とわかったら大変ですね。全身の骨が潰れるかもー
人がたくさんいるし、暗いのでだれが、だれを叩いたか階段ですべったか。
は全く分からない。 行事の後に谷に滑り倒れて失神している方がいます。
それは、消えそうな松明のあかりや、電池で発見されたりしていました。
最近は警察が調べている様なー。
神倉山で頂いた神の火を松明に移して、それを持って急激な階段を
駆け下りるー一番のりをめざして激しい争い。
(これで怪我するのなら、納得できるが、松明で殴られて倒れるのは、
ちょと違うーだから、機動隊が祭りに入っていると思う。

このすざましいい 、日本の原点と思える 新宮のお灯祭りは2/6日頃である。
日時を確認して参加して。撮影するには許可と腕章がいる。
撮影の場所は、当日の朝からいかないと場所がない、早く場所を押さえると
消防署の放水があります。カメラは濡れます。
[PR]
by ynaggie | 2008-01-30 23:11 | Diary
2007年度写真協会会報2008年刊行
日本写真協会
日本写真年報ー2008年版
2007年写真賞受賞最優秀作品のページに
掲載願いが来た。
今回は吉野ー大峰の写真を止めて、高野山の自慢の
作品を送った。是非ご覧下さい。
1/12日に東京で、作品集と作品展の会合がある。
[PR]
by Ynaggie | 2008-01-29 22:44 | Diary
溶解する雪景色
今日朝は冷えていたので、奥の院や伽藍に向かった。(高野山)
雪が溶解し、伽藍の地面が凍てついた池の表面の様になっていた。
シャーベッド状態で、踏むと溶解した雪が跳ねて大きな
足跡になる。ベッチャーと 、 子供の世界にいるような感じである。
まず、奥の院参道で千年杉に包み込まれた石仏を撮影した。
雪の模様が美しいだけでなかった。1秒F22、150ミリ
伽藍では、溶けた雪の地面と三王院の灯火を撮影。
今までの作品を飛び越えていない、が、カレンダーなら
使える場面であった。
暗くなった、霧が「出て来た。あと1時間早く霧が出ていたら
私の思った情景『雪と霧と吊灯籠』 が撮れたのだがー残念。
F22で20^30秒。90ミリ
[PR]
by Ynaggie | 2008-01-29 22:35 | Diary
撮影チャンス
今、高野山は撮影チャンス
写真好きな方、暖かい服装で
撮影に来て下さい。
明日の午前中はいい感じです。
私は明日は大学の為にいけない
あさっては、教え子の結婚式で雲仙まで行くので
残念。吹雪は2月にもある。
先日、関東の草津温泉まで行ったが
雪と湯気が幻想的であった。共に行った作家
菊池君がばしばし写していた。
[PR]
by ynaggie | 2008-01-25 01:20 | Diary
積雪
昨夜から激しい風雪だった。朝6時に目が覚めたの
すぐに撮影にでた。
高野山麓九度山慈尊院から
高野山への町石道(世界遺産)の撮影に向かった。
高野山にしようか、吉野山にしようか、と迷ったが
今日は東寺に行く予定もあった。
九度山の雪景色は珍しいから、雪で覆われた
町石道をねらった。細い道の頂きには
展望台がある、なんとかそこまで、車で行けた
後は、徒歩で50分。
撮影が終わり、車のUターンする所は、かなり
傾斜のある、歩く道の4叉路である。いつもの様に
車を急斜面で回転させたが、これは大変
雪の為に横滑りで、車ごと斜面の下に滑った。
これは、無理と判断し、JAFに連絡がついた。
1時間30分で行きますと返事があった。
この時点で東寺行きは無理と判断し、連絡を
入れた。
JAFが来るまで、近くの雪の町石道を撮影。
遠く見える高野山と町石の風景はここでしか
撮れない。また、雪の風景なんて、2−3年越しに
ならないとチヤンスがない。
JAFが来るまでと思い撮影した。
急な斜面なのでかなり疲れたが、
車の所に来ると雪が少し溶けていた。
車の下の雪を足でかいて、周辺の雪を
とり、車に乗り再チヤレンジした。すると
見事。脱出出来た。良かった。
JAFが来ないので、連絡した。
JAFは大丈夫ですか、間に合わなくてすみません。
の返事であった。慈尊院には12時に着いた。
睡魔が襲って来た。衣服もべとべとであった。
風景写真家は、自衛隊みたいだなーと思った。
[PR]
by Ynaggie | 2008-01-21 21:56 | Diary
個展名称
Yoshimitsu Nagasaka
New work-Passage to Etemityのタイトルで
米国の老舗、weston gallery での企画の 個展
開催が決まった。6週間開催される。
[PR]
by Ynaggie | 2008-01-19 00:38 | 展示会情報
東寺
東寺で作品展開催を促された。
じき堂(食堂)と言う、文化財の建物と
言われた.誠に光栄な事である。
東寺は唐から帰国した空海が最初
に、密教道場として開いた寺院である。
鎮護国家の為に天皇から賜ったのである。
毎月21日は弘法さんといって、20万人が
参拝する。3/214/215/21と3回数
 21日が入るので、60万人が東寺に来る
その内の10万人の来場があればいいのですが。
作品展は『空海の歩いた道』で、空海の歩いた道
のすべての要所を展示する。
出品数は未定。
協力制作で1−3メートルの大きな作品が
出来そうである。これは必見。
仮期間ー3/20−5/7か5/26日までの約3カ月の間
である。1/21日に開催が決まる/
[PR]
by Ynaggie | 2008-01-16 00:25 | Diary
急寒
今日日曜日、午後から気温が大幅に下がった。
明日は雪の撮影だー。しかし、車のタイヤが
雪用でない、心配である。
[PR]
by Ynaggie | 2008-01-14 00:25 | Diary
暖冬
今日も雪が降るか、降らないかの気温。
寒くなるのを期待していたが、難しい。
冬の作品がとれない、日もささない
どんよりした日々、高野山の伽藍風景も
脳裏に刻んだ、あの通りの寒い寂寞とした
風景であろう。
西行堂の西行桜も枯れかかっていたが、
今年はなんとか咲くのだろう。
本当に、骨川筋衣紋ーほねかわすじえもんー
と言われる様に、何時枯れても仕方がない。
樹医が手当をしてから、威勢が良くなったが
寿命には限度がある。『寿命には限りがあり、そこに
輪廻転生が生まれる。』古木の側に、新しい樹が育つ。
高野山では、大きな杉の大木が朽ちると、その朽ちた
根幹から、新しい杉が目を出した風景が多いのである。
以前ー高野山中門跡にあった、桜の大木ーこの樹に
杉が育ち、1本の樹が桜と杉の混合木であったが、
今は杉の勢いが勝っているし、もう桜はボロボロになって
いる、中門再建の為に、この樹は切られるであろう。残念です。
今、サライの西行特集で高野山の西行桜に、期待されているが
花は(昨年は少し咲いていたが)爛漫として咲き誇る事は
ない。そうですねー。私も還暦が近いー/
地球が健全であってほしい。
[PR]
by Ynaggie | 2008-01-13 07:51 | Diary
未発表作品
2007年は年末、08年年始と整理に明け暮れた/
写真集にと思い、撮影していた貴重な写真原板が
沢山出て来た。
鎖国をしていた、密教の国ブータンの秘密絵画。
撮影の折りは、ブータンが鎖国を解いて、日本から
の3番目に入国した折りの写真。
今は焼失した海抜3000メートルの絶壁に建つ、 タクサン
僧院の絵画はいまは貴重である。
鎖国をしていたので。中国からの文化の逆輸入はない。
次に、南の洋上に浮かぶ島スリカンカ(セイロン)
仏教の国として今も存在している。
(釈迦の歯が安置してある、仏歯寺が有名)
しかし、インドから渡ってきた、ヒンズー教のタミール人と
内乱を長く興している。10数回撮影の旅に行ったが
治安が非常に悪くなっている。
これらの取材を一つのテーマでくくる事にする。
[PR]
by Ynaggie | 2008-01-12 01:55 | Diary


ライフログ
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧