写真家 永坂嘉光       大阪芸術大学教授
by Ynaggie
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
1948年、和歌山県高野山生れ。大阪芸術大学芸術学部卒業。1970年頃から故郷高野山をライフワークに撮影をはじめ、宗教と文化をテーマに日本各地やインド、ブータン、スリランカなどアジア各国を取材する。現在、大阪芸術大学写真学科教授。主な写真集に『高野山』(毎日新聞社、1980)、『弘法大師の足跡』(同朋舎、1984)、『高野山千年』(ぎょうせい、1989)、『永遠の宇宙 高野山』(小学館、2001)などがあり、とんぼの本シリーズにも『巡礼高野山』(1990)がある。2002年、東京写真文化館で個展「永遠の宇宙」、同年、アメリカ、ウェストン・ギャラリーで個展「Echoes of the Spirit」を開催。2004年、日本写真芸術学会芸術賞受賞。2007年、社団法人日本写真協会作家賞受賞。
検索
<   2007年 12月 ( 10 )   > この月の画像一覧
12/312008年の行事
 明日は2007年最後の日。
高野山では弘法大師が住んだ寺院と伝えられている
伽藍の側の竜光院から、御幣と大松明の列が夜9時頃から
伽藍に鎮座している荒野さ明神まで、列をなして向かう。
高野山の地主神へ御幣を納めの行事である。
この日の夜は竜光院では土室(つちむろ)で薪が焚かれる。
土室とは寺院を暖めるストーブみたいな物で
ここで薪をたくと、煙と共に寺の屋根裏まで暖かくなると
言う。1200年前に空海が考案したと言われている。
この行事は1年の終わりと新年を迎える行事として
延々と続けられている。
この行事が終わってしばらくすると、除夜の鐘がなる、
高野山の伽藍の鐘は、日本で4番目に大きいので、高野四郎と言われている。
そして、後夜祝いと言われる、儀式が各々寺院で行われる。
三宝院では今でも続けられている。
新年を迎えるにふさわしい心あらたまる行事である。
これが終わると元旦の朝、2時頃である。
そして、朝8時から、奥の院の修正会が始まる。
 2008年の始まりである。
 高野山は雪である
いい風景が有るかもしれません。
[PR]
by Ynaggie | 2007-12-31 00:34 | Diary
作品展期日決定、米国
 3/15日から、4/27日までの間、YOSHIMITSU NAGASAKAの個展が決まりました。
皆様ご支援有難うございました。
 写真 コレクションは米国最大と言われている、ウェストン、ギャラリーでの開催は2度
目になりますが、緊張します。3/28−3/29ぐらいレセプションの予定。
作品展は個人の感性を基本しているので、高野山・吉野.大峰撮影地はそれ程
重要視されなく、要は作風である。

ギャラリーは、写真を鑑賞する方や、その写真作品の販売普及も基本的な
仕事である。一番難しい仕事をされている。(作品販売は米国でも厳しい仕事)
印刷物で写真が数多く世に出ているが実際の写真作品とは全然違う、
印刷物(新聞、本等)ーインクの色、変色、多数、消耗品。
写真作品(作品そのもの)ー乳剤、変色しない、少数、保存品。
今の所ーデジタル プリントもインク使用であるので、一般的には、印刷、消耗品の
     写真印画の 
分野 、最高価格は私の知る範囲
であるが、1億5千万(エドワード.ウェストン)とされている。
[PR]
by Ynaggie | 2007-12-18 07:33 | Diary
保存
重要文化財や国宝の壁画等、長い間で痛んだ箇所を
修復の研究企画を始めた、過去に神社においてあった絵馬が
貴重な記録ともなるので、そのボロボロの絵馬を修復デレクション
をした事がある。見事であった。
ただ、 コンピュターで修復しその画像をプリントする、と
いった作業で大企業が多くの仕事をはじめている。
しかし、私が大手会社に質問した。
何千万の修復費用で再現された物の、耐久時間
について質問。
和紙ー(紙)は必ず変色する。
コンピュータープリントはインクである。(顔料インク)
酸性が強いのか、アルカリ性になるのか。
酸性が強いとー変質が速い。
 コンピュータープリントの耐久性についての研究書の刊行
等の希望を出した。
しかし、それら研究の補助はおりないと言う、
その研究が完成されれば、手作業での修復にかかわる
方々の 日本の伝統職が消失すると言う。
1−実際は手作業の修復は本当の顔料を使い、凹凸がある。
2− コンピュータは顔料インクで表面の凹凸は少ない。
しかし、価格は1ーがダントツに高い
                   2−は、安価である。
 これについて、また連絡を戴く事になった。
修復デレクションをするのなら、知っておきたい事柄である。
写真もほとんどがコンピュタープリントである。
銀塩の写真が本当の写真とわかる方々が一般に
少ないのも残念であるしーフィルムの生産も
少なくなり、高価になっている。

デジタルプリントの耐久性の研究書の発表を期待する。
大学人は書物、書物と言ってうるさいと思われたが
 書物を出して真を問う事が我々と販売する企業が社会
から与えられた仕事である。また、それを崇峻する事も仕事
である。
芸術なら、発表会や作品展、作品集等が常に動いている
事が基本的条件である。それも少子化の為に全国的に
大変崩れている感じもしないでもない。
[PR]
by Ynaggie | 2007-12-15 22:30 | Diary
露出計
今日は、4x5モノクロ撮影と現像の実習と卒業制作の搬入の
日であった。
 大学の側の池付近は、落葉の美が点在している。
落葉が宙に浮いているように見える場所が在る。
クモの巣に枯れ葉がかかっているのであった。
  私はポリの袋の中に入れられた落葉が、6袋程
積み上げられたいた所が大変気にいった。
ここをを写す様に言うと学生はすぐに4x5を構えて撮影した。
今日はASA400をASA200で撮影と、そのままASA400
での撮影をした、しかし4回生の卒業制作の搬入もあったり
忙しい日であった。
私も写したい程にいい場所であった。(必ずいい映像になる)
画面のコントラストが面白い表現効果を生み出す。
私達は既に、巨匠・エドワード・ウェストンの息子である
ブレッド・ウェストンの写真集を皆で見て来たばかり
であった。彼のイメージで撮影してみたと思うが、
肝心の、露出と現像の方法がどこまで到達出来るか
と思っていた。普通はゾーンシステムを考えるが、
まだ、露出と現像が個々に未分化の場合、とにかく経験して
その都度、必ずデータを記する事と、出来上がった
フィルムにデーターを記す、濃度計で濃度をみる。
これの繰り返しが、自然と自身に備わって来るのである。
露出とその現像のシステムを体得する事は基礎である。
私がいない時に4回生がゼミ室で習字をしていた。
もう最後であるから、自分達の書き残したい事を
墨書で沢山残していた。
[PR]
by Ynaggie | 2007-12-14 05:31 | 写真技術伝授
Rod Dredderの作品展
アンセル アダムスの最後の弟子として
また、自然派写真家として著名なロッド
ドレッサー氏(Rod Dresser)の作品展が
芸術家の町として知られている 、カーメルの
写真センターで2月1日から開催される。
2/1日はオープニングである。
[PR]
by Ynaggie | 2007-12-13 00:08 | 展示会情報
日々
 
  今週は大学の卒業制作提出と審査日である。、月曜日は
 朝10時過ぎから 教室内は凄い熱気であった。
  11月の最終審査から1カ月余り、その1カ月作品はで大きく変わる。
 やはり締め切りがせまると、必死である。
 なにしろ過去の規定とはと違い、20枚以上のポートフォリオの
提出が 基本である。その中で展示作品を決める。
 展示作品は1100x800Mの大きな作品が多い、
この大きな作品を制作出来るのは、大暗室があるからである。
関西には少ない、8x10のフランス製の引き延ばし機や、ダースト
のの引き延ばし機もある。
銀塩の大暗室以外にも、デジタル実習室もかなり、高質なプリント
が出来る。スキャンの機器もそれは凄いもので、他にひけをとらないと
関係者は言っている。
 ここ1カ月で大型を含めて、 制作した作品が金曜日に審査会場に並
べられる。多分その審査は車が撮影出来る程の、一番大きなスタジオ
一一杯にに並べられる。
このスタジオで審査された多くのOBが巣立つのである。
もう、超一流の広告業界で活躍している。
 一流人を出した、歴史のある大スタジオで(金曜日)審査。
       
    『 霧と山の撮影ー奥高野山』
昨日、雨の中を高野山の奥、立里に向かった。
白樺と霧の白黒写真が狙いであったが、
今ひとつ撮影の意欲がわかない。
それから奥へ奥へ、この先は行き止まりの方向に向かった。
平家の落武者の部落の方であった。
すると、写真になりそうな風景に出会った。
私は撮影出来る場所を探し、
一度、6x7カメラで1本写した、4x5の大型を出す意欲は
わかない、しばらくすると、日がさした、雲海が立体感が
出て来た、そして雲が谷底から湧いてきた、
面白いと思い、やっと大型4x5 カメラをセット して、60分間
  10カット余りの  撮影をした。(白黒が中心)
最初、北アルプスの風景には負けるなーと思っていたが
谷から沸き上がる雲の模様がこの地独自のものが
あると思った。
帰りは暗くなっていた、いつも夜は通らない道を
走っていた、何か考え事をしていて、2−3センチの差で車が 
ガードレールに当たった。ガガーンと鳴った。
あーあそこで また、やってしまった。
残念,無念。
しかし、思った程傷がなかった、大きな木の枝を踏んで
車の底でバウンズしたのかもしれない。
[PR]
by Ynaggie | 2007-12-12 07:30 | Diary
現像ー他
みたらい渓谷で撮影した作品を現像(4x5)。
時計の電池がなく、
うごかない時計を見て、4秒を計って、アル意味では、山勘であるが、
私は自信があった、現像も1:1  Rs、10分でヒタリ。
時間がせかされる大学で現像した。
1:1なので、ゾーンVまでしかない。曇天であったるで仕方ない。

 また、芸大学の暗室時計が動かない。しかし、10分の山勘は
私はできないし、15秒なら自信がある、10分は無理(笑)。
(腕時計で)現像し、抜けのいい原板が出来上がった。T=MAX
明日は同じ画面のカラーが出来上がる。
地図ー
三蔵法師の歩いた地図を友人の先生から送ってくれた。14−5年歩いた道が
その地図に記されていた。「三蔵と名のつく方は、訳本を作った方にだけに言われる)
空海は半年の踏破であった様に思うが、
三蔵法師は14−5年歩いたと言う。
膨大な距離が記されていた。これは、大変やなーと思った。
高石のH氏、一度行きましょう。(笑)
      山中で道に迷ったら
私は若い時に 2度ー山の中で道に迷った。
三重県の山中で道が亡くなった。このまま行こうと
思い、2−3時間歩いたー、もう、方向もわからないし、
地図、羅針盤はない、仕方ないー水の音を聞けば
川があり、人家があるーと思い。水の音を探した。
1時間して。小川の音を聞いた。向かって行った
だんだん大きくなり。奈良の室生寺に至る、川に
ついた。5−6時間の三重—奈良の山越えをしたんだなー
と。室生寺に参拝し、山門で仮眠し、バスで高野山に帰った。
のはーもう30年前かー。
あと一度は 海抜2000Mの北アルプスでの迷い。
ここで2M前の友人と霧に包まれはぐれた。
 水の音に向かい、薮こぎをしたー薮こぎと言うのは、道が
無くなった折りに、ツタや細かい木々の中を
道を造りながら、歩く事。薮を船で漕ぐ様に
これをすると、体中草だらけ、いばらみたいな
植物で衣服はボロボロ、顔は血だらけ、手袋は
ボロボロ。これも川を求め助かったが、
山なので、絶壁の滝の上に来た、、ここで友人と
あう事になった。友人は対岸にいた。再会であった。
折りは友人と2人で、
[PR]
by Ynaggie | 2007-12-07 00:53 | Diary
始動

やっと、仕事が始動始めた様だー/
私の仕事ーいい作品を写す事。また、それを若い方に伝える事かなー。
昨日は京都、名古屋、そして東京へのつもりであったが、中止
撮影をしたくなったのが原因。
今日は、奈良、天川渓谷の、前から狙いを定めた場所へ
紅葉はもう散ったと思いながら、上っていった。
案の定、枯れ木であった。
ここは雪が舞う、今日写した、枯れ枝が、透き通った、青い
川の水面に、かかり、川の中程に砂州の小さいのがあり、
いい作品ができる、場面である。4x5カラーと4x5白黒撮影。
動く時計がなかった。動かない時計の秒針を見て、4秒、絞りf32で撮影
時計をみると、秒針が動かなくても、動きを察知出来る。
皆様、一度やってみてください。
雪の枯れ枝、新緑と、同じ構図で作品ができる。
今日はほとんど枯れ枝であったので、逆に景色が
よく見えた。ここら辺は温泉が多い。温泉に入って
帰った。明日は寒い日である。
[PR]
by Ynaggie | 2007-12-05 00:13 | Diary
 
 この度は、『大唐西域記』の本について、多くお知らせ頂き
有難うございました。
20冊程のリストが出来ました。
ただ、三蔵法師自らの著書で、水谷氏が訳したと、言われる
『平凡社』刊の本は『高野山大学の図書館にあるもようです。
一度調査します。
[PR]
by Ynaggie | 2007-12-04 23:48 | Diary
本、
水谷真成ー みずたにしんじょう   訳『大唐西域記』(平凡社)
「玄じょう著』大唐西域記』翻訳。解説
をお持ちの方はお知らせ下さい。
[PR]
by ynaggie | 2007-12-01 22:15 | Diary


ライフログ
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧