写真家 永坂嘉光       大阪芸術大学教授
by Ynaggie
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
1948年、和歌山県高野山生れ。大阪芸術大学芸術学部卒業。1970年頃から故郷高野山をライフワークに撮影をはじめ、宗教と文化をテーマに日本各地やインド、ブータン、スリランカなどアジア各国を取材する。現在、大阪芸術大学写真学科教授。主な写真集に『高野山』(毎日新聞社、1980)、『弘法大師の足跡』(同朋舎、1984)、『高野山千年』(ぎょうせい、1989)、『永遠の宇宙 高野山』(小学館、2001)などがあり、とんぼの本シリーズにも『巡礼高野山』(1990)がある。2002年、東京写真文化館で個展「永遠の宇宙」、同年、アメリカ、ウェストン・ギャラリーで個展「Echoes of the Spirit」を開催。2004年、日本写真芸術学会芸術賞受賞。2007年、社団法人日本写真協会作家賞受賞。
検索
<   2007年 11月 ( 7 )   > この月の画像一覧
NYの藤松さん
昨日、奈良でバリ島の水を美しくする話で
畑中氏とその友人で代表の方と、バリの方と
 奈良で 会った。なにしろ。100万円もする、浄化槽を
各々家では買わないなーとかの、話ですすんだ。
終わってから、京都7時に待ち合わせ、間に合わないので
奈良駅に車をおいて、JRで京都に行った、何とか間に合った。
新都ホテルですごい日本 食を頂いた、昨日は朝、昼食事抜き
であったので(節約)良かった。しかし、
F氏は料理を持ってくるのが速いので
まだ、食べていないのに、速すぎる考えて持って来てと
怒っていた、もう京都の新都ホテルには泊らないと、大きな声で喝、
F氏はNYのJALの元広報部長、そしてJAL、ISの元社長
そら、日本のホテルには厳しいよー。
F氏夫妻は、今NYを離れて凄い所に豪邸を建てている。
退職金は1億近くあったのなー。(笑)
それよりも、海外で夢見る芸術家を引っ張って来た功績は
大きい。私も14年前にF氏のお世話とやりなさいよーで
アメリカで発表してから、調子がついた。
それが、なかったら、今頃お山の大将(高野山)
普通のパターンの単なる、大学の先生だ。
   F氏といると、 ーなんだか、いい事があるのだー。
メ トロポリタンでの永坂展の話もいただいている。
話を頂くだけでも、気が躍動する。
[PR]
by Ynaggie | 2007-11-26 20:23 | Diary
晩秋の高野山の美
高野山はもう晩秋である、
丁度、紅葉の盛りの日々に私の大学で
連続に水、木、金、土、日、月、水と
連続に通学、通信の学生の授業や学生の
日中展に 皇室の高あまどの宮殿下が来場するので
担当教員迎える事となった。殿下は学生ひとり
ひとりに作品について、質問やいい作品ですねーとか、
1−2分応対された、
 学生と個々に話される 殿下のこの仕事も大変だなーと思った。
しかし、それらが終わって高野山の紅葉はすでに赤くなり、散々と
散っていた、大判で100枚は撮影できたのに、と残念、しかし。30枚
は、撮影出来た。夕刻の灯籠と赤い紅葉を撮影したーまーまーな
作品であった。しかし傑作ではない。

最近寒くなったので、真っ赤な紅葉と雪の出会いを
狙っている。ここ2−3週間かなーと思う。
しかし、母が亡くなってなんとなく、侘しい。寒さがこみ上げてくる。
大学も学生数減少で侘しい。
高野山小学の卒の100周年同窓会があったが、今の小学生は99名
昔は500名在籍していた小学生が今は99名とは侘しい限りである。
一度ー東京にでも、米でも、仏でもいって見たい、11/21にNY で
顔役であった、藤松さんが来日する。NYのエネルギーを頂きに
あいに行くつもりである。
[PR]
by Ynaggie | 2007-11-20 22:41 | 高野山
西遊の旅、募集
インドから、仏教文化を伝えた、三蔵法師の足跡について、中国から
その、道のデータが届いた。また、その旅行計画表も出された。
それらの道路は西遊の路とされている。
後は、何か新たに発掘されたものがあって、
それをを記録出来るかどうかの調査である。
 中国は共産圏なので、この様に政府の許可が必要である。
上海や北京、杭州等の都会でなく、いわゆる辺鄙な場所は注目されるが
私の過去の旅のデーターが有る問題ないでしょうと言う。
以前は非解放区等、少し案内されたが平然であった。
 
  体力に自身があるかた、無い方も 
  是非御参加お願い申し上げます。
[PR]
by Ynaggie | 2007-11-14 07:19 | Diary
現代美術と写真
1−杉本博司、シンデイ.シャーマン、 スターツインズと、
2^ロバート  メイプルソープ
  の、写真分野の違い。
1 の写真家の作品の価格は、2メートル前後の作品、
   2000−9000万円半切−200万円、全紙ー300万円位です。
 2  のロバート、メイプル,ソープは1 の作家より、写真の世界で。
    世界的に有名であるが、価格は1 の作家まで上がらない。

1の作家は現代美術の世界に入り込んでいる。
2の作家は写真の世界にとどまり、現代美術の分野に入り損ねたらしい、
2は速くしてエイズでなくなっている。現代美術の分野に入る時間が
   なかった。
1と2は、それぞれコレクターの層の違いであろう。
  美術品のいいものは、1000−2000万円は手頃な価格である。
 
[PR]
by Ynaggie | 2007-11-10 07:53 | Diary
小学生の写真ワークシュプ,空き缶
11/4
本日和歌山市の芸術支援協会主催の、ワークショプは、
子供達大喜び終了。
(和歌山市の小学生9名。高野山小学生5名)
お手伝いの方々、支援協会の方々、西本カメラのの方々
10名弱。
 私は講義前に段ボールと空き缶で、(ゴミになるから、無料)
カメラの作り方を話した。そして、ハサミで空き缶を切り、
穴を開けレンズ代わりの穴が出来た。
アルミ缶は、コーラ−、スプライトの空き缶。
これは、身近にあるものとして、最適な物です。と説明。
  
 何れ廃棄にまわされるものから、素晴らしい芸術品が出来る
アートがピンホールである。しかし、今回は時間がないので、西本カメラ
の専門の方が、紙を切って準備をしていた。
 
  あらかじめ用意された、カメラの模型みたいな
紙を折り、カメラを創る。

レンズがいらないので、本当に写るの、
レンズは無く、針でアルミに穴をあけた、穴がレンズです。
一番大切なものは、この穴の大きさ、小さく、エッジが鋭利な方が
素晴らしくいいものができる。(ピントがしっかりしている)
子供達は喜んで、カメラ創り。
 お昼になると、皆で弁当を食べて。
午後はいざ撮影、現像出来るトラック(荷台大型車)も、撮影地伽藍に移動。
写して直ぐに現像する為である。
30秒、120秒の長い露光をしていた、
  写真は全く始めての子供達。
デジタルカメラはお家に持っているらしいので、
本当の手で創る写真が写真だと思って没頭していた。
 印画現像も全部自分達で現像が出来るのを、うわーと感激していた。
出来た、作品も厳かな堂塔が写っているから、また、2ー3人の子供に
独りの指導員がいたので、全く始めてにしては、素晴らしい作品ばかり。
印画紙がうまく入っていなかったカメラの写真が曲がった、面白い画像が
あった。  この怪我の巧妙も子供達はわかっていた。
大学生の数倍の、吸収の力である、小学生は感受性が凄く豊かで
ある、この方達もいつかは、国際的なアートをめざすといいなーと、思って
いたら、僕の兄はラサールの中学にいます、とかすでに国際性を目指して
いる生徒もいた。(高野山)
 そして、質問を受けたが、小学4年生の子供が、僕はアルカリ性の
現像液は自分で作れます、定着もつくれます、とか、
大学生顔負けの、熱心な子供も現れた。
今日は、写真の原点の話をしたが、どこまでわかっているか、
とりあえず、レンズがいらない自分で創ったカメラを
大喜びで、持って帰りました。
このカメラは子供達のおこずかいで、出来るの、
 ちゃんと教えれば、小学生、中学生の間で流行になるかもしれない。
又、芸術性は、大人が使っているデジタルカメラとは、比較できない
神秘性を持っている。
  写真作家間で、このピンホールの表現は流行でもあるし、
  米国ではピンホール写真が高い価格で売られている。 

 この子供達の一部が写真好きになっても、まあー国立大学めざすなー
 大阪芸大に来ないなー、と思った。残念。
今日は大成功。
[PR]
by Ynaggie | 2007-11-05 00:16 | Diary
孫悟空,大福厳禅寺の釈迦の遺骨
孫悟空(そんごくう)が描かれた西遊記は
皆様よく知っている事でしょう。
孫悟空が助けたと言われる、玄装三蔵法師の遺骨が昭和17年発見。
中国の南京の玄武山にあり、s19年には
玄装塔が完成している。
玄装三蔵法師こそ、教典を求めて遠く天竺(インド)
まで苦難の旅を続けたのである。
孫悟空が旅の途中に現れた妖怪を払い除けたり
その旅を助けたので有名。とある。
一説には孫悟空が、玄装三蔵法師とも言われていた。
話は変わるが、
私は3年前、『空海の歩いた道」の撮影の折に、杭州近くの
大福厳禅寺で大きな祭りがあった、
その、祭りは遠くスリカンカから、仏舎利が運ばれた記念の
お祭りであった。40度近くある暑い日であったが、
案内の政府の要人の方と、きつい紹興酒を飲まされた後に、
炎天下に出た。
祭りの中でいる内に、特別に仏舎利を見る許可を得た。
そして、安置されているお堂に入堂した、私は撮影しても
いいか、と尋ねて頂いた、NOであったが、粘っている内に
違うお坊さんが、1ー2枚ならとOKされた。
 私は小さい祠に35ミリカメラをねじ入れ、信者が怒らない
内に素早く、写した。2度と無い撮影に
感激しながら、3枚撮影した。
釈迦の骨は、いつも見るが金の器にいれてあるが、
今回は奉納された骨が、本物である事を誇示する様に
骨が裸で器の頂に載せてあった。
白い骨そのものを、写したのは始めてであった。
[PR]
by Ynaggie | 2007-11-02 20:05 | Diary
文化を伝えた人、
本日から、空海はじめ、印から文化を伝えた三蔵法師
(多くの三蔵法師がいる)
に、ついて研究してみよう。
 空海は西安まで到達しで、密教と文化を吸収したが、それまで、
命をかけ、インドから密教と文化を中国に 伝えた三蔵法師におおいに
興味が湧いて来た。
玄奘三蔵、不空三蔵、善無畏三蔵、は著名。
もともと三蔵とは、密教の教典の経蔵、律蔵、論蔵の3蔵をさす。
それに精通した人を、三蔵法師と言われた。
あの、孫悟空は、三蔵法師を妖怪から守り、助けた(西遊記)で有名。
トラに食われた三蔵法師、五台山で毒殺された、三蔵法師と
様々である、このを調査も中々困難であるが、
私はなんとか表現したい。
また、空海の歩いた道の取材の様に時間がかかるかも知れない、
ト、言うのは、ヒマラヤと言う世界の屋根が聳えているからである。
1300年前その屋根を歩いて越えた、聖者に感謝しながら。、
私は以前ネパールから、ヒマラヤを仰ぎみた、登山口まで行ったが
登らなかった。神が住んでいる程美しく、厳かできらびやかな山々
なんとなく、スートすい込まれそうであったのを今でも覚えている。
孫悟空の助けがないと、大変である/
[PR]
by Ynaggie | 2007-11-01 22:14 | Diary


ライフログ
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧