写真家 永坂嘉光       大阪芸術大学教授
by Ynaggie
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
1948年、和歌山県高野山生れ。大阪芸術大学芸術学部卒業。1970年頃から故郷高野山をライフワークに撮影をはじめ、宗教と文化をテーマに日本各地やインド、ブータン、スリランカなどアジア各国を取材する。現在、大阪芸術大学写真学科教授。主な写真集に『高野山』(毎日新聞社、1980)、『弘法大師の足跡』(同朋舎、1984)、『高野山千年』(ぎょうせい、1989)、『永遠の宇宙 高野山』(小学館、2001)などがあり、とんぼの本シリーズにも『巡礼高野山』(1990)がある。2002年、東京写真文化館で個展「永遠の宇宙」、同年、アメリカ、ウェストン・ギャラリーで個展「Echoes of the Spirit」を開催。2004年、日本写真芸術学会芸術賞受賞。2007年、社団法人日本写真協会作家賞受賞。
検索
<   2007年 10月 ( 14 )   > この月の画像一覧
ドキドキ少年撮影隊ー高野山
小学生の写真の撮影会について、ナビーゲーター
を、依頼された。『11/4日高野山で開催』
子供にそれを伝えて行く事は必要であるので、了解した。
しかし、私はデジタルカメラは、使わないとお願いした。
たとえ、参加者が少なくても、写真の原点である、ピンホール
カメラを組み立て、それで撮影して印画現像、少しバードであるが、
本質を学んでもらう事で、現代の教育社会も考えていただければと
思った。
捨てられる運命の段ボールから、何十万もする、芸術作品が生まれ
るのだ。(お金がいっても紙代程度)
高いカメラを買わなくても写真アートは出来るのである。
原点が大切だ、幼いうちから、これをわかって頂く為でもある。
参加者は今の所、11名。、準備関係者の方が多いかなー
今後の社会を担ってくれる子供達に多くの大人が頑張っている。
 
 問い合わせ、申し込みは、NPO和歌山芸術文化支援協会、
  FAX,TEL 073ー454ー5858
 協賛ーカメラの西本、オリンパスイメージング(株)大桑教育文化振興財団
 
[PR]
by Ynaggie | 2007-10-30 20:13 | Diary
高野山紅葉
高野山の紅葉が抜群です。
これから、見ごろ、撮影に向いている天候です。
[PR]
by Ynaggie | 2007-10-26 00:54 | 写真技術伝授
作品帰還、高野山小学校
本日、23日(火曜日)
奈良市写真美術館から、作品が返却される
日であった。搬出の日は6/25ぐらいであった。
その時、母はまだ、元気であった。
寝ている母を起こさない様に、写真を運んだ記憶。
 展覧会最終日2日前の9/28日に他界したので、
写真返却日を2週間延ばして頂き、本日の返却と
なった。
親切な奈良写真美術館の学芸員さんも、来てくれた。
あーこの夏は、いい事も悪い事も一度にやって来た。
6月はいい事が2度。8月も姪子の結婚式。9月は母の危篤  
が続き、9/28に他界。
こんな事はあまりない方がいいと思う。かなり疲れる。
今日は、小学生の写真教室の事で母校に行きました。
11/4にあります。
ご応募ください/
高野山小学も、私がいた折りは、600余名でしたが、
いまや、99名です。
しかし、新しくなった、校舎を見学したら、映像スタジオがあるし
素晴らしい、です。と関係者一同、絶句した。
和歌山市から、写真現像専用の大型トラックが入るし、
準備は万端、
しかし、高野山小の子供が、興味有るかどうかが、心配。
和歌山市から、4名参加、朝6時出発ですが、やはり、市の子供は熱心と
主催者が言う。
まだ。まだ、高野山の子供もそろそろ参加すると思う。
ここの時間はゆっくりしているのです。
あわてない。
[PR]
by Ynaggie | 2007-10-23 22:35 | Diary
サライ10月/18日号発売記念特大号2
 小学館の有名雑誌 サライ創刊18周年記念特大号、2
 あおによし、奈良のページP-149ー154(サライ美術館)
 掲載されています。
 私の顔写真も始めて・?出ています.
 是非、御高覧をお願い致します。
[PR]
by Ynaggie | 2007-10-22 22:01 | Diary
ドキドキ少年撮影隊こうやさん
 ドキドキ少年撮影隊ワークショプ、こうやさん
 11/4に、小学生、中学生と、高野山の伽藍の撮影会を致します。
開催場所ー高野山小学校ー(私の母校です)
カメラは、捨てられる運命の段ボールからピンホールカメラを創り、その日に撮影
   現像致します。時間がたりるか心配です。
   いつもは、デジタルカメラで、開催しているらしいが、
   私は、今、子供に必要な事実、原点にもどるーをしたかった。
   (地球が危ないという時代に子供に伝える事は何か)
   関係者は始めてですが、伽藍の側に置いた、
   車の中(ハイエース)で現像出来る様に手配される。

主旨ー多くの子供に資源のすごさ(命)を、体得してもらう事。
  ー写真のはじまりは、ピンホールカメラに類似した現象からの認識。
  ー高野山の良さをしってもらう。
   上記の項目です。
   申し込みは、10/25日まで、
  電話fAX 073ー454ー5858まで。(芸術家支援協会)
  今ノ所、高野山小の4年、2名参加申し込みあり。
  主催ーNPO法人ー和歌山芸術文化支援協会
  協賛ー西本カメラ、オリンパスイメージ株
  協力ー高野町教育委員会、高野山小学、EUジャパンフェスト日本委員会 他。
[PR]
by Ynaggie | 2007-10-22 21:36 | Diary
奈良市写真美術館
奈良市写真美術館
入江作品と、奈良を愛した文士たちーの展示会があった。
私は、先の聖なる山々の展示会の記録等戴きに行った。
本年の夏は異常気象で、暑く、また大雨が多かったので
入場者は少ないと、美術館が側は、思ったが、美術館に客が来る
春の展示会と同じくらいの来場者があった。(9、000名ぐらいと)
と、報告を受けた。
 猛暑の中、遠路、群馬、東京、埼玉、神奈川、名古屋、香川、
      福岡、和歌山、京都、兵庫、奈良、三重、大阪府、
      米国、ヒューストンの皆様、NYの誠様、本当に有難
      うございました。
      協賛の皆様、後援の皆様、協力の皆様、
      厚くお礼申し上げます。
      デパートとは違い、写真だけを見に来られる、方々なのだから
      良かったと思う。
      とくに、ここは便利が悪いのですが、
      近くに奈良公園があるので良いと言う方もおられた。

 今開催の、『奈良を愛した文子達』の中で
     仏像の見方の違いが興味深い事があった。
     和辻哲朗と、亀井勝一郎が同じ仏像に対して
     異質な文を書いている。
     この文を読んで、ものの考え方の違いがよくわかった
     これは、面白い展示でした。必見。 
[PR]
by Ynaggie | 2007-10-17 08:12 | Diary
写真作品
沖縄のS氏様
私が始めて写真作品を買ったのは、ワークショプでアンセル、アダムス
のミュ−ジアムに行った折です。
ヨセミテ公園に在るセンターには、アンセルのコンタクトプリントが販売されていた。
アンセルのアランロス(アンセルの弟子)プリントのコンタクトが(モダンプリント)
1作品、日本円で、15、000からでした
私は少ないお金を叩いて、2枚買いました、本当に嬉しかった。
学生も1枚買っていました。
印刷物でない、プリントは本当に美しい。今、10枚程あります。
その後、そこに行けば毎年2ー3枚ずつ買いました。
今は在庫があるかどうか、わかりません。25000円ぐらいになっています。
しかし、条件付きです。転売してはいけない、展示してはいけない。
あくまでも、個人個人が楽しむものに限る。というものです。
それを守らない日本の大阪のギャラリーでは、展示して70000円で売ってい
ました。マナー違反ですねー。
本当に美しいです。(通信販売もしていましたので、希望があれば、関係者に
聞きます)
ついでに、私が手に入れたいプリントが3年越しになりますが、
カーメルのウェスト. ギャライーです。ここは老舗、ウェストン、ギャラリーと
紛らわしい、名をつけていますが、ここは、エドワードの息子、ブレッド、ウェスト
ンの作品を販売していました。私はここで16x20の彼のプリントを見た時
生を感じました。草木の写真ですが、生きているんです。これを手に入れたく
3年も心に描いていました。ビンテ−ジプリント(作家が焼いた)だから
8万円でした。2年目には10万 3年目は彼が亡くなっていたので、30万に
なっていました。あーあー買いそびれたなーと反省。
しかし、生きている感じがします。
米国なら購入して、価格が上がれば、オークションで販売が出来ます。
日本はそれが、ないので買う方が少ないですねー。
今生きている作家で、ジ−エ−フリ.ビーコムがいます。この方も凄い
8万円であった時に買わなかったのが残年。今は15万ー 20万ぐらいします。 
この方はカラー作品です。
若手作家のを買い、値段が上がれば転売できれば、
オークションで転売。
私の写真も最初550ドルと、800ドルでした。
今は全部250ドルアップですから、最初買った方は、転売すれば
儲かります。しかし、550ドルぐらいのは、安いので、儲けの対象外です。
ここで、私がNYの美術館で作品展示したら、500ドルはUPするでしょう、
すると、最初買った方は、儲けの為に転売すると、いった具合です。
ですから、今の日本の伸びそうな、日本の若手の作品を買う、5−10年で
上がると思います。
あの、杉本博の作品が高騰しています。1作品1000万円の作品もあるとか、
アンセル、アダムスが生きている時には、彼の作品は300−500ドルでした。16x20サイズ
ぐらい。今や300万円平均です。大型は3000万円ぐらいです。
それが、カーメルのウェストン、ギャラリーで展示してあった作品を、70歳近い
おばあちゃんが、夫の誕生日プレゼントに、3、000万円ですぐに買ったとか、
日本では考えられないですねー/。
[PR]
by Ynaggie | 2007-10-17 00:33 | Diary
デジタル写真の作品としての評価
デジタル写真が作品としてどれだけ、受け入れられているか
の、調査を始めた。
まず、写真芸術の古き本場、西海岸の写真オークションで、調査を
依頼した。オークションが11/1日で、母の57日法会も
11/1日で参加は(私の作品は参加)重なり、中止。
 さて、本題です。
 今までの、データーですと、デジタルは出されている
が、全然売れない、(価格を下げても売れない)
もう一つの有名オークシュンでは、デジタル写真は出てこない。
(売れないからであるーと言う)
やはり、写真を深く知った、コレクターはデジタル、プリント
の耐久性について自信がないからである。
NYに行くと、また違うと思うので、NYの調査依頼はこれからである。
多分、NYは様々なものが、うごめいている。
 日本では、デジタル写真が売れていると(東京)思う。
 デジカメで写した、現代若手作家が多くなり、デジタルプリント
と、なるらしい。
それは、写真オークションがほとんど無い日本では、写真を
絵や美術の様に、財産とする方向が確立されていないのも、
理由かも知れない。つまり財産と見なさなければ、写真の売り買い
をしないので、売る為に確立されている闇のルール(銀塩プリント)は
いらないのである。だから、デジタルは東京で普及して行く。?
 シリコンバレー、ビル、ゲイツ
約10年前に私がアンセル、アダムスの印画法のワークショプ開催の折に
シリコンバレーに立ち寄った。なんと日本で100万円する。コンピュータ
が、20万円ーそれを見て、学生は即、買っていた。
その頃は、日本は米国にコンピュターの世界では、10年遅れでした。
私がコンピュターの処理をしなくなったのも、10年遅れていたし、
アメリカで捨てる品が、日本で100万円に、頭に来たのである。
 しかし、その米国で、デジタル、プリントは作品として売れない
データであるので、これから、考えないといけないと思う。
写真を芸術品としての認識においては、日本が10年遅れかもしれない。
[PR]
by Ynaggie | 2007-10-16 07:59 | Diary
学校行事
10/13(土曜日)秋の大学行事である、写真学科展、搬入があった。
これは、毎年朝10時間から夜10時までかかる。
昨日の実習も夜まであり、かなり疲れている所へ、
また、搬入であった。まー、20ー30才台なら、平気なもの
ですが、60才近くなると、疲れは倍増、」
今日は(日曜日)は母のお墓のお参りのひであったが、調子を狂い
いけなかった。
写真学科は45ー47才の学科長とその補佐が、一番若く、?皆大部分、
70才近い人が働いているので、疲れるかなー。
しかし、救いは20才台の、特効部隊とも言える、
副手さんが、いる、彼等が、身を粉にして動いている。
特効部隊といったのは、3年間朝から、晩まで、3年間
を期限として働く、その後の保証は成し。
しかし、理性で動いている。ーので、特と言う。
この方達は、若いが今の若い世代の、ちゃら、ちゃら、とは、」
違うので、一度あってみたい方は、使ってみたい方は
大阪芸大、写真学科をお尋ね下さい。
[PR]
by Ynaggie | 2007-10-14 20:20 | Diary
今森光彦ー里山
今日は、電車で通勤した、と言うのは、電車で般若心経の意味合いを
調べていた。本をみていて、つい乗り過ごしてしまった。
午後には、ゼミであった。皆作品が少ないので、京都の烏丸の
大丸まで今森氏の里山の作品展を学生と見に行った。
芸大から、約1時間30分かかった。
氏の作品は、里山の記録として貴重である。
大型の作品が多かったが、それはデジタルプリントで、作品が
沈んでいた、学生も自ら色の彩度がないなーと話していた。
銀塩は美しいく色も生きているが、大型の田んぼの写真は ベター
と、して。他の作品と釣り合いがとれない、と言っていた。
でも、デパートはおばあちゃんが多く、懐かしがって見ていた。
その方々は色なんか、なんでもいいのである。ただ美しい
懐かしいを連発していた。
今回の成果は、やはり、デジタルプリントはいい加減だなーと
再認識したのが、成果であったのか。
私は7色刷りの図録を買った。これは素晴らしい色合いであった。2100円
学生が。なぜ買うのと言うので、7色も使ったいい図録ですと、話し見せた。
帰りは、河原町まで、歩いて阪急で大阪ー動物園前へ向かった。
それから、高野山に帰り、お祈りをして下山した/今夜中の2時です。
[PR]
by Ynaggie | 2007-10-12 01:41 | Diary


ライフログ
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧