写真家 永坂嘉光       大阪芸術大学教授
by Ynaggie
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
1948年、和歌山県高野山生れ。大阪芸術大学芸術学部卒業。1970年頃から故郷高野山をライフワークに撮影をはじめ、宗教と文化をテーマに日本各地やインド、ブータン、スリランカなどアジア各国を取材する。現在、大阪芸術大学写真学科教授。主な写真集に『高野山』(毎日新聞社、1980)、『弘法大師の足跡』(同朋舎、1984)、『高野山千年』(ぎょうせい、1989)、『永遠の宇宙 高野山』(小学館、2001)などがあり、とんぼの本シリーズにも『巡礼高野山』(1990)がある。2002年、東京写真文化館で個展「永遠の宇宙」、同年、アメリカ、ウェストン・ギャラリーで個展「Echoes of the Spirit」を開催。2004年、日本写真芸術学会芸術賞受賞。2007年、社団法人日本写真協会作家賞受賞。
検索
<   2007年 08月 ( 9 )   > この月の画像一覧
追伸、バリ島の猿
バリ島の最もメインの寺院(夕日が美しく、海が見渡せる寺院)
SFの200マイルの海岸は素晴らしい夕日だが、
それに負けない美しい所にある寺院に行きました。
ここは猿が多いから、注意と言われたが、近くの方が財布をとられ
かけたり、悪猿が沢山。
メガネに注意と言われていたが、歩いて夕日と海と大きな波が見える
絶景、思わず写した。が、
しかし、後ろからスーといたずらみたいに、眼鏡がなくなった。
ほとんど抵抗はなかった。あれーと思っていたら、小猿が持って
眼鏡を見せていた、多く観光客がいる中で、だれかが私が取りかえして
あげる、10000ルピー用意して下さい、いや、20000ルビー
なら、もっとやる気が出ると言われたので、20000渡した、
眼鏡は一部こわれていたが、なんとか手にもどった。
良かった、しかし、話が上手すぎるかなーと
後で思った。しかし、近視の私は眼鏡がなかったら、かなり危なかった。
[PR]
by Ynaggie | 2007-08-28 01:38 | Diary
Houston美術館
奈良市写真美術館の作品展を観ていただいた、米国作家が地元の、
宇宙基地があるヒューストンの
ヒューストン美術館に写真集を持って行ってくれたのか、
Houston美術館から手紙がきた。まず、あなたの作品集を所蔵した
の内容であった。
[PR]
by Ynaggie | 2007-08-23 01:49 | Diary
続バリ島
水をかぶる儀式。
バリーヒンズーでは頭から水を浴びせられる儀式がある。水で今までの汚れを取り除くらしい。しかし、キリスト教の洗礼も水の中に浸かるか、頭に水をかけられる。
水は様々な宗教の中で、神格化されている。日本の天川弁天神も、水の神様である/
さて、
鶏、豚は朝早くからゆであげられ、一部の毛を残して、飾られる。
豚の足もぶつ切りにして飾られた。
枯れた草色の中に時折に、鳥の足が見える。
最初はギョーとしたが、慣れてくると何でもない。
ハエもいないし、変な匂いもしない、新鮮な豚だからか、
式典だから、2−3時間前に結婚式典の行事の為に出来たそうである。

2年前中国の市場で食用の 豚の首を売っていたのを思いだした。
豚の表情がいいのが高い、死ぬ前の苦しい顔の豚は売れない。

 もろもろの儀式が終わると、夜8時であった。
食事については、
別に日本の様に食事の時間をとるのではなく、皆がつくった、テントに、バイキングスタイルでいつくつかの鍋にいれてある。好きな時に食べればいいのである。

食べられない骨があれば、野良犬が側にいるので、あげれば残飯処理はいらない。
私は忙しく食べれなかったが、11歳の息子 がお腹すいたと、 食べていた。
現地人の子供と川で水浴びしたとか喜んでいた。初めての旅で日本の様に規制が
ないので嬉しいのだろう。
かつて、日本もそうであったが、日本の今は子供に対しての犯罪が多いの
で大変である。社会が歪んでいるのだー。

 13年前にバリ島にいった時には、風葬のある、キンタマニーと呼ぶ山に行ったが
(骸骨がいっぱいあった)
その頃にくらべれば、やけにバイクが多い。
都会は バイクだらけであった。
 ホテルも 環境問題に対して、洗剤を出来るだけ  使わない様にしている
やたらと。シーツの交換はやめましょう。
時が過ぎ変化した地球の今後が不安である。
[PR]
by Ynaggie | 2007-08-20 05:02 | Diary
バリ島ー儀式
バリ島ー3泊3日
3日の間、バリ、ヒンズーの儀式に現地人と同じ視線でと
観光でなく、現地人と同じ立場で参加し、撮影をした。
私は、以前スリランカに10回ー5年は通い撮影した事がある。
内戦で危険な為に撮影は中断している。
スリランカのヒンズーの祭りも、(カタラガマ、ペラヘラ)
3日連続で徹夜の祭りであったが、
それや、インド等のヒンズーに比べて、バリは色彩的、デザイン的
にあか抜けしていて、ヒンズー独特の汚さがない。
島独特の感じである。
島が美しいからかもしれなし。
式典は、村人500名ぐらい参加して用意された。
朝6時から、夜8時頃まで永い時間をかけて、
開催される。
例えば、結婚する夫妻の歯を、削る儀式
  鬼歯には悪魔が宿るそうである。
  前歯から奥歯ぎらいまで、やすりで削り、日本のお神楽(獅子舞)  
  の歯の様に
歯の長さをそろえるのである、
  麻酔なしで削り、痛いので、動かない様に押さえ付けて
日本で鉄板をけずるヤスリがあるが、それと同じ大きな
ヤスリでごしごし、削る。悪魔を排除する為であるとか。
[PR]
by Ynaggie | 2007-08-18 23:15 | Diary
ローソク祭り
8/13
今日は高野山奥の院でローソク祭り
、ローソクをどうするの(若い方)
高野山でローソクを創るの/
と、言う質問がある。
実は、配られたローソクに火をつけて、立てるんだー。
夜だから美しいよー。
輝く道が出来ます。
いとも簡単な会話でしたが、まーそんな事かなー。
理論無しで、美しいよー。
日本人の習慣とあった、この祭りは何万人と言う方で
賑わう、花火の様に大金をかけていないし、    
面白いので、高野山で人気の祭りである。
何故、人気、それは
ローソクをたてる、自分の手で明かりが、ものを照らし、
光の世界を自分で作れる、面しろさがあるので
3ー10才の子供には、大人気。
大人は盆の行事と思っているが
子供にとって、メンヘルの世界、不断は危ない火を
この日ばかりは、自由にできる、
ローソク祭り、行きたいと、今年も子供連がまとめて
参加する。
[PR]
by Ynaggie | 2007-08-13 07:32 | Diary
猛暑日
8月10
    世界遺産登録3周年記念講演会ー(奈良市写真美術館)
   紀伊山地の霊場と参詣道の名称の論。不適合か?
   高野山ー熊野は、参詣道であるが、
   大峰、奥駆道は、そうではない。と山岳修験のメッカでは、
その様に言う方が多いとか。(総長の講演会の話)
   
   大峰−熊野までの奥駆道は、自然と一体になって自己を
知り自然を知る厳しい行場である。   
   命がけの行であり、参詣ではないと論じられた。、
   私、ナガサカもその様の思ったので命名すると、
   『紀伊山地の聖なる山々とその行道』
   街道ではない、奥駆道は行の道
   街道ではない参詣道ではない。
   となるか、
   霊場とすると、暗くてだれもよりつかない感じである。
   世界遺産になったとしても、訪れる方々は 増している
    しかし、地元の経済は不安であるらしい。
   高野山もであるが、吉野は桜のシーズンが終わると寂しい
   と言った具合。
   命名も今頃も、一部で考え直している。
  
   霊場と言うと、足の下に死体が沢山埋まっている感じである。
   しかし、高野山は実際そうである。
   まー1200年からの死体が埋まっている。
   古地図でみると
   死体を埋葬したかもしれない寺院のお墓の上にみやげもの屋
  とか、一般の家があり 死体を埋めた上で生活しているのですねー。
 しかし、墓場も1千年すると、遺跡として貴重な存在になる。 
     高野山に泊まらずに、竜神温泉に泊まるのは、温泉は温かいイメ
   ージ 寒く感じる 霊場は/30ー40才第の若い方は眠れないのか?
   50過ぎると、もう来世が近くなるので、気持ち良く眠れるのか。
   そんな方が多かった。
   国際的なナショナル ジオグラフィック編集の方が高野山に泊まると
   予定していたが、独りなので寂しいので、と引き上げて東京に帰宅した。
   若いお方は会社から費用が出ていても寂しいと行って帰った。 
     『恐山は本当に恐い』
   私も思い当たる事がある、
   青森恐山を撮影し、そこに泊まろうとしたが、日がくれてなんだか
   気配がした、ここに温泉があるが、ここに入ったおばさんの足に
   無数に人の手の形が赤く残ったうわさを思いだした。
   やっぱり、ここは出るわー。と思うとゾートして、車をすっとばし
   下界のホテルに泊まった。これは10年前ー。   
   それから、何度いっても恐い。
   私はよく宿坊に泊まるが、ここだけは恐い。
    いつも独り旅だから、恐い。と感じた思い出がある。
[PR]
by Ynaggie | 2007-08-13 01:43 | Diary
バリ島
本年の御盆は、どうやらいわずと知れた、バり島に行きますが、
現地人の結婚式を内部から徹底撮影出来るので行く予定です。
何が写せるか楽しですが、高野山の御盆を早くしての予定。
[PR]
by Ynaggie | 2007-08-07 21:55 | Diary
日本写真芸術学会関西シンポジウム
2007年は大阪芸大写真学科で 日本写真芸術学会
         関西シンポジウム開催である。
    10月5日、13ー00分から16時30分まで
    場所ー大阪芸大、芸術情報センターAVホール
      (大変優れたホールです) 
『人間の記録』ーフォト.ドキュメンタリ−
  第一部ー異教徒禁断の聖地『メッカ巡礼』を撮る
      野町和嘉
      国際的な写真活動は、数々の大賞を受賞
      最近では『世界巡礼』9カ国版刊行。      
  第ニ部
      『命をみつめて』小林正典氏
      世界中の難民を撮る等ー国際的に高く評価されている。
      マザーテレサのレポート等でも著名。
       その分野では名誉ある国連写真家賞ー受賞
     
      『今度は、凄い写真作家が登場です』
      だれでも、出席できます。
      高等学校生徒、 大学生は無料、芸術学会員は無料。
      一般は会費がいります。(1、000円)
      300席ありますが、早い目に申し込みして下さい。
      大阪芸大ーFAX-0721ー93ー4973
[PR]
by Ynaggie | 2007-08-05 09:24 | Diary
入江泰吉氏
今日は奈良市写真美術館で講演会とトークショーがあった。
藤田光寛先生の曼荼羅と高野山であった。多くの方々で椅子が
なくなる程であった。

その前になんばで開催の大阪芸大の展示会のテープカットがあった
少ない時間を縫って参加したが、ほとんど大学の事務関係の方々の
出勤で各学科の代表は少ない、写真学科代表も来場されていた。
私は直ぐに、奈良に向かった、東京、和歌山市、高石、大阪、奈良と
高野山、と又多くの方々が来られていた。もう展示会の度に必ず来て
くれる方々や、昨年卒業したoBの方々。
入江先生について、学芸員さんの話。
菊池寛賞を入江先生が受賞するまでは、写真フイムル代金等 取材費はひと月
に500万円使っていた。受賞してからそれらの写真が売れて奈良の長者番付の
10位以内に入った事もある。1年間で1億円の写真貸し出し料金があった。
しかし、それまで1年間すごい写真代金で大変であったと言う。
これは今、東京で作品展を開催している、白川氏の作品集を 編集された方がいて、
白川氏の取材 (撮影費2ー3億円) についての話からその話になった。
当時私も白川氏の影響で空海の軌跡を写真映像で残す事の希望を持った。
お金は無銭。絶対豪華版が出来ると願い、農協から300万円を借りたのだ。
高野山の暮らし。往復4時間かけての大学勤務を続けた。学生の励ましと
芸大給料常勤で、当時11万3、785円 の 給料でなんとか凌いだ。
それで農協に返済しながらの撮影研究活動であった。今はなき佐和隆研氏の名著が
撮影の手掛かりであった。
5年後それが実った。豪華版が刊行されて印税で借り金は返した。
しかし、家族は貧乏のどん底であった。 同じ屋根で住んでいた若い甥御が事故で
亡くなった。
[PR]
by Ynaggie | 2007-08-03 22:35 | Diary


ライフログ
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧