写真家 永坂嘉光       大阪芸術大学教授
by Ynaggie
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
1948年、和歌山県高野山生れ。大阪芸術大学芸術学部卒業。1970年頃から故郷高野山をライフワークに撮影をはじめ、宗教と文化をテーマに日本各地やインド、ブータン、スリランカなどアジア各国を取材する。現在、大阪芸術大学写真学科教授。主な写真集に『高野山』(毎日新聞社、1980)、『弘法大師の足跡』(同朋舎、1984)、『高野山千年』(ぎょうせい、1989)、『永遠の宇宙 高野山』(小学館、2001)などがあり、とんぼの本シリーズにも『巡礼高野山』(1990)がある。2002年、東京写真文化館で個展「永遠の宇宙」、同年、アメリカ、ウェストン・ギャラリーで個展「Echoes of the Spirit」を開催。2004年、日本写真芸術学会芸術賞受賞。2007年、社団法人日本写真協会作家賞受賞。
検索
<   2007年 05月 ( 10 )   > この月の画像一覧
現像
8x10インチサイズの特大の白黒の撮影をしていたのだが、
中々フィルム現像の機会がなく、(高野山の暗室を潰したので)
今日は大学で放課後に現像した。20度で12分、1:1だ。
日がくれてからの撮影であったので、1:1にせずに、現液で
と、思っていたが、1:1で現像。ASA400をASA200で露光。
これは、ゾーンシステムではない、暗部あわせないとの配慮から。
大判はほとんど、現液でしないと、軟調になると思うが。1:1で試した。
出来上がりは、やはり薄いネガですれすれの諧調であった。
『 高野山三宝院の高山植物、姫しゃがも本年は美しい。雨である
最高の撮影日だが、中々いけない。』
次回のプリントが楽しみである。
しかし、作品展が6/1日ー7日 東京銀座富士フォトサロンで、と
6/30日にいよいよ奈良市写真美術館での作品展があり、6/11日
も学生やOBの優秀作品展の(大阪ナンバーパークス6/12ー6/17)     
係りになっていて(実行委員長、明日は東京で芸術学会があるので
また、えらい、大変。
搬入から、搬出、宣伝等がのしかかって来る。また大学授業おあるし、
 どうやらプリント時間は7月後半になるのか、出来ないか。
 いい場面です、御期待を。
[PR]
by Ynaggie | 2007-05-30 23:06 | Diary
空海.最澄
今日は、空海と最澄についての、質問があった。
ここは、大阪芸大ー写真の表現についてではない、
私が空海について知っていると、芸大の学生は知っていたのだろう・
学生は、永坂は風景やっている人ぐらいしかしらない、
東京の先生なら、ワ−ワ−言って調べているが、
われらには少し無関心。が、今日は空海の質問が、始めて
された、 
さー答えを延々と言い始めた、暗室のプリント
実習の時間であったが、その答えに時間がかけられた。
最澄は費用等は、国から保護されていたが、空海は私度僧であった。
費用は自分で捻出しなくれは、ならなかった。から、はじめたが
後は、運,不運,が作用している事を話した、
詳しくは、空海の歩いた道(小学館)もしこれがもうなければ
,空海の道【新潮社)に書いているので見て下さい。
[PR]
by Ynaggie | 2007-05-25 21:38 | Diary
 作品
奈良市写真美術館での、出品作品の選定をした。
同じ原版で、同じ大きさ、(1M x 90センチ)1000X900
を、デジタルと銀塩(従来のプリント)プリント、とを見比べた。
デジタルは、ピントは甘く、色がやはりインクの色でどぎつい。
銀塩はやはり、ピントもしっかり色も出ている。
これは、2作品をくらべて始めて分かる事です。
デジタルばかり、みていると、わからないが、
くらべると、よくわかった。よし、奈良での展示会は断然
銀塩である>。7割は銀塩です。
[PR]
by Ynaggie | 2007-05-23 00:48 | Diary
新緑の季節
今、高野山でも、大峰での、一番の新緑の季節。
今日は大学での実習と、なんばパークスでの、芸大の
展示会の会合等、あった。遅れて実習に入ると
多くは風邪と五月病で欠席。元気な学生が出ていたので」
大型8x10カメラを持って、近くの当麻寺に行き撮影。
すると、カメラ本体と三脚とを、結ぶネジが入らない。
三脚は日本ネジ、本体はドイツネジで、合わない。
学生はせっかく大きなフイルムを入れ、勢いいさんで
きたのに、ネジが合わない、残念無念。 ウームと言っていた。
私は思いだした。私の8X10カメラが車に入れてあるのを
思いだし。(木製)それで、ネジも合って何とか写せた。
しかし、木製の私の安いカメラは、思いレンズに壊れそうに
なりながら、学生は何とか写すとしたが、
今度はレリーズを借りるのを忘れたらしい。またか、
仕方ないから、レリーズなしで、1秒F45で、ASA320を
ASA200で撮影させて、合計6枚写していた。
[PR]
by Ynaggie | 2007-05-17 23:36 | Diary
くまがい草
5月13日
貴重な高山植物、くまがい草が満開。
20年前は、高野山の麓の神谷の宿の谷間にひっそりと咲いていた
が、乱獲で今は自性はない、高野山の宝城院の前庭には、
もともと、信者さんが寄贈した、3株のくまがい草が、
運良く、60株にもなっている。(育てるのが難しくすぐに消えてしまう)
 私が始めて撮影した時は10株ぐらいでしたが、今日は
見事に咲き誇っていた。5日ほど前には、雨上がりで
5株は咲いていた、今日は満開、しかし、雨がないので
撮影した時の、色合いが良くないのでは、と思いながら
撮影した。
石楠花をみたが、本年は花付きが悪く、あまり期待出来ない。
残念。8x10白黒で写そうと思っている。
[PR]
by Ynaggie | 2007-05-13 21:38 | Diary
白川義員作品展
本日は梅田阪神百貨店8階の
世界百名瀑の白川氏のトークショーの模様をお伝えします。
まず、世界の滝で、日の出が見える所はここしかないー
と、言う白川先生の話が観客の頭越しに聞こえて来た。
 南アフリカのビクトリアの滝であった。
滝は多くには山中が多いが、滝から地平線が見えるのは少ない。
水の惑星、地球の創世記を思わせるずざましい風景だ、よくここまで
出かけ映像にされた忍耐に再び驚いた。
まさに、美しいだけでなく、神秘的で、地球の響きや、叫びが
木霊するのである。
全体のプリントを見ると、滝が白くなり過ぎてコントラストが強く、
今までの白川先生のプリントとは、違っていた。写真の照明が滝に
当たり、なお白くなるので、水の質感がでていない、プリントが数点
あった。
コニカが協力していたので多分、コンピューターのインクジェットの大きい
サイズ(銀塩では出来ない)かなーと思った。やはり、質が余りGOODとは
言えなかた。写真集はバッチリ出ていただけに、おしいと思った。
続いて解説に非常に興味深い事を聞いた。

 アフリカは貧乏なので、荷物持ちのポーターに、1万円程支払うと大喜び
と、思うでしょう、たしかにそうであるが、彼等はそれだけでない、
撮影者を殺害すれば、もっと大金が入るとわかっているので、荷物を持ち
ながら命を狙いに来る、そうする事によって大金を得られるからだー
だから、簡単にポーターを頼めないそうである。
また、へりのチャター代金を前払いすると、お金だけとって、ヘリはこな
かったりするので、氏はヘリが来てエンジンが廻されてから支払いをする事
が多かったと言う。
ヘリの詐欺に何度もあったとか。
 アフリカ以外の国に取材を申し込むと、(インド、ネパール、中国他)日本
と言うだけで以外に許可がおりる
氏は理由を聞くと、先進国で唯一、『武器を輸出していない国は日本だけです』
だから、我々は撮影許可をする、と言ったそうです。
 
 しかし、世界を何度も廻っていて、一番日本人がバカにされている。
日本人は意志を言わない、怒らないからだー
外国人にいやみを言われている場合でも、日本人は笑っている。
そんな場合怒らないとダメです。と氏は話していた。
 日本は武器を外国に売れば、と言う内容の法案があるらしいが、
 それを、決めると日本は良い所がなくなるーと氏は言っていた。 
 また、今の外務大臣は海外に行くと大使館から迎えが来て、
なにもしらない内に手厚く守られて帰国する。
国の事情を知らない大臣、今の政府は一体なんだー。と言われていた
が、私もその様に思う。
と言う訳でー 聞く方々を魅了する。お話が良かった。

最後に地球は後1000年持たないと学者は言い出している。
私は以前から地球が危ない事は知っていたが、学者がその様に言い出した
のは、事実が進んでいると..話された。
とにかく、すごい作品展でした。

そして、政治家にスポーツ新党がある。写真家でもし白川氏が
その気なら、立候補してほしく思った。
写真家は、戦争にしても、風景にしてもその実態を見つめて来た。
  戦争写真家は地雷を踏み消えていった。
多くの写真家は現実を見つめ、訴えて来た。 
しかし、写真家は経済的には、日本では恵まれない。

 スポーツ選手や芸能人は大金を貯え、そして政治家に
なったりしている日本。
どこか、歪んでいる。
教育現場も、有名な方をすぐに教授に迎える。 
 大学の基本姿勢−教育と研究はどこにいったのか/(これは全国的)
今の若い教育陣がひ弱でなのも、時代の流れとなるのか?
やる気のない、学生をあいてにするのも、苦しいなー。
時が、どんどん過ぎて行く。
北極の氷山はなくなる、と言うのに、アイドリングを続ける
バスの運チやん。2ー3年前に、バスに乗り込んでアイドリング
していたので、止めてくれと言った日々。
運ちゃん−すぐに止めてくれた。
日本だからである、これが海外であったら、パーンとピストルで殺される。
また、バスの アイドリングの臭いのなんのって、眼がいたくなる。
今度、見つけたら、おい、こらーと言うか。
[PR]
by Ynaggie | 2007-05-12 23:57 | 写真技術伝授
国際ワークショプ
来る、7月11日、と12日には、カラー写真芸術の創始者、
エルンスト.ハ−スを偲んで、米国のハースゆかりの
写真家が、米国の一般写真愛好者を連れて(エルンストのファン)
日本中を撮影と作品批評会をする。高野山では、三宝院に宿泊
したので、その後を追い、11日の夜は写真合評会12日は撮影
等に費やす。
日本人参加者は無いが、希望があれば、また、考えます。(通訳付
は、永年ハースのアシスタントをした方です)
 高野山は、本日  5月10日で、石楠花、白藤、くまがい草が満開です。)
[PR]
by Ynaggie | 2007-05-10 23:23 | 写真技術伝授
旧正御影供5/7御影堂
本日は弘法大師の入定を悼み、逮夜の万灯、万華の法会である。
雨の中であったので、何か撮れると思ったが、
何か撮れたと思う。4x5.8X!0,6x7でそれぞれ撮影。
明日は年に一度、伽藍の御影堂が開く昼間の撮影である。
[PR]
by Ynaggie | 2007-05-07 00:11 | Diary
なんばパースク
5/4日
5/3日は大峰の山開き、行かないとと思っていた。
しかし、高野山で結縁潅頂の三魔耶会であり、本年は
是非とも、記録したい、土生川正道法印である。しかし、これも
残念。
今年から始まった、芸大の5月のキャンバス見学会
です。仕事があってもなくても、教員が出るのが通常、
これを欠席すると変に思われ大変だー。
残念と、同僚の教授に言うと
それは、宮使いの身だから仕方ないよー。と言った。

 5/4日やっと写真が撮れる、風景でもやるかー。
と、思うと、学生から電話。なんばでの大学主催で学生が運営の、
世界で活躍する写真学科OBの、展覧会を開催するに当たり、
主旨の文や企画書を明日までなんですよー。先生お願いと、言われた
私はなにも データーがないので、データーオ送ってくれたら
書いて上げるー、しかしデータがこないので、電話すると
そのデーターは私の担当でないのー、だれだれ君が持っているから
電話して下さい。と げんきんーこれが現代っ子です。皆様ー
その、後でS君がワード持っているので、します。と電話。
また、運営委員の電話代がなくなった。とか、色々有りますねー。

 その日は、やはり私は高野山に行き、母を見て、息子とまず、釜飯屋に行くと
満員、そして、そこから15分の中華に行くとだれもいない。息子はお化け
と言って店を出た。近くのうどんやも満室。高野山でこんな事は始めてでした。
 やっと、精進料理専門店で、お昼を食べていると、火事のサイレンで、
どこや、どこや、山火事かー。自衛消防団が多いのでだ、祭日でも皆仕事を止めて
出ていた。
 それから、私の写真を飾っている『はちよう』に行くと、
大きな作品についてのコメントがあった。感動した。(2ー3作品希望)
とか書かれていた。
せっかくカメラ沢山持って来たので、
あぜびを撮影しようと思い見に行くと、まだ写す事は出来ると思い、
8X10カメラで3枚は撮影した。前回より良かった。
まだ、あれから3時間経つがす、火事のサイレンが鳴っていた。
火事現場を見てから下山した。
メールをみると、なんばパ−クスの展示会のメールが沢山、
5日の朝5時から書き、午前10時に終わった。
さーそれからです。6/1日の東京展の準備。6月30日からの
奈良市写真美術館の大型作品展の準備。
夕方はもう、疲れたー感じでした。
6日ー弘法大師の命日をしのぶ、行事がある。夕刻。
 神戸の兵庫県立美術館での、レセプションはいけなく
 なり、雨のお祭りの撮影をする事にしました。
[PR]
by Ynaggie | 2007-05-06 00:27 | Diary
日本写真協会 受賞作品展
2007年度、社、日本写真協会 『受賞』 作品展が、6月1日
『写真の日』を記念して、開催される。東京銀座、銀座フアイブ2F
富士フオトサロン/東京6/1ー6/7まで。
私は6/1、2は東京の予定。 
 
 昭和54年頃、同じ富士フオトサロンで 初の個展でした。東京高輪の
寺院に無料宿泊し、朝5時には、鳩のざわめきで、たたき起こされ、
寺院の朝御飯を頂き、銀座まで、1週間通いました。
 
 思わず会場で横になって眠っていたのを思いだした。しかし、すごい来場で
良かった。寝ていた時に、カレンダーの話や、評論家が来ていたと、後で
教えてくれた。残念。
 今度は、あれから、30年過ぎた。 受賞記念の作品展である。
時間の過ぎるのは早いものである。とつくずく感じる。
[PR]
by Ynaggie | 2007-05-03 00:45 | Diary


ライフログ
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧