写真家 永坂嘉光       大阪芸術大学教授
by Ynaggie
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
1948年、和歌山県高野山生れ。大阪芸術大学芸術学部卒業。1970年頃から故郷高野山をライフワークに撮影をはじめ、宗教と文化をテーマに日本各地やインド、ブータン、スリランカなどアジア各国を取材する。現在、大阪芸術大学写真学科教授。主な写真集に『高野山』(毎日新聞社、1980)、『弘法大師の足跡』(同朋舎、1984)、『高野山千年』(ぎょうせい、1989)、『永遠の宇宙 高野山』(小学館、2001)などがあり、とんぼの本シリーズにも『巡礼高野山』(1990)がある。2002年、東京写真文化館で個展「永遠の宇宙」、同年、アメリカ、ウェストン・ギャラリーで個展「Echoes of the Spirit」を開催。2004年、日本写真芸術学会芸術賞受賞。2007年、社団法人日本写真協会作家賞受賞。
検索
<   2007年 04月 ( 16 )   > この月の画像一覧
大峰
高野山の桜を気にしつつ、吉野山、大峰の街道に、一山になった
枯れたつるがあった。それを8X!0で撮影したく、向かった、現地には4時
についた、まだ、新芽が出ていなく、枯れたままで良かった。
450ミリをつけて、陽があたるのを待った、陽が当たると
つたは、ハイライトが出て来た。プリントにすると、このつたの
明るい所を、白く出来る。雨でぬれると輝く銀色になるが、雨はない。
その為に現像は2分増し。1秒でF128まで絞った。
1:1でも、現液現像と、考えたが8x10であるし、現液としたい。
頭の中では、もう画像は出来ているが。思惑外が楽しみである。
それから、いつもの様に、山道を天川ー高野山に向かう予定であった。
天川についた、もう陽が傾いていた、睡魔が襲ってきたので、
天川温泉に入って、高野山行キは、明日の明け方にした。
明日は、6時ー9ジまでが、撮影。
[PR]
by Ynaggie | 2007-04-28 23:25 | Diary
著作権侵害者.名のり出る
 私の写真のデータが残っていて、無断で使った方が、名乗り出た。
  (前回の違反は、は、著作権フリーのものと勘違いして使いましたと、
 東京のある方が、その言い訳をして。お代金はいくらですか、と
 人をバカにした言い方でした。お前監獄に行きたいか?
 と、言った事がある。お金はいらん、2ー3日ブタ箱に・入って
 くれと、いったものである。)笑。
僕も屋外での山上の撮影が多いから、多分命がけの撮影がおおい。
 あまり怒らないが、怒り出すと自分でも止められなく、荒くなってしまう。
 昔の話。 北アルプス白馬岳単独登山で下山中、豪雨に見舞われた、雨で
 30センチ先が見えない、眼鏡は雨がかかり大変、落ちない
 様に慎重に3時間余りした時、足が滑り落ちた、しかし、4x5カメラ
 と、ハスキーの三脚を背負ってにもかかわらず、落ちた所に大きな石が
 あり、それに座るか、ごとく助かった、2時間後、友人のペンジョンに着き
 3日間、眠り続けた。神の助けがあると信じた。
 続ー著作者ー 
 しかし、今日は率直にすみません。と言って来た、しかし、
 何千万の土地を売るのに、どうも、どうも、で済ませたい感じがした。
 私は、どうしてそうなったか、経過報告をして下さい。と話した。
 皆様解決する方向です。
[PR]
by Ynaggie | 2007-04-26 00:23 | Diary
春、
4/24
高野山は桜が最高
吉野は新緑が最高(中千本)
見晴らし台から見る、新緑は素晴らしい。
明日の大学の緊急会議等や、作品展の経済的な事で、気がめいって撮影は
全く出来なかった。残念。
帰宅して、TVを見る、写真家加納典明の、プライダル撮影料金
5分で最低30万円で、良く仕事があるらしい。
華道家のかりやざき氏の、ブーケ(花束)10万円。
それから、入場する音楽2分で100万円(著名作家)
少し有名の書道家、写真の全紙ぐらいで、200万円だそうだー。
東京で、有名になったらすごいなーと、TVを見ていた。

大学2回生の折に、美術から、写真に変わったのが運が悪かったかなー。
私みたいに、地方の写真家は損ばかりするけれどー、やりがいが、
ある芸術だと思う。
西海岸でまた作品が4点(4000ドル)売れた、しかしギャラリーの
運営代金等、半額がなくなる、売れた実績が残るのみ。売れたら、作品
の価値が上昇するのである。
[PR]
by Ynaggie | 2007-04-25 00:01 | Diary
高野山.桜満開・あしび.カメラ雑誌
昨日は霧雨.本日は時々晴れ。
昨日は霧の中の桜が最高.しかし介護等で、見るだけで
撮れなかったが、本日は朝5時30分から頑張った。8x10の
カメラは白黒、カラーは4x5のカメラを持って、朝から
霧がかかる、多宝塔と桜の新しいアングルで撮影。ここ金剛三味院
多宝塔は日本で2番目に古く、厳かな雰囲気でした。
それから、朝8時に一旦帰宅し、食べ物(お粥)とプロティンを
作り、食べて頂いた。おいしいと言っていた。
それが終わると撮影出動、今まで撮ってきた以上の場面がないので、
撮る気がしないので、私の写真が展示してある、中ノ橋の
はちように行き自分の写真を眺めた。店のオーナーが、お客さんが
私宛に残したメッセージを頂いた。展示作品に対してのレターでした。
それから、高野山役場、観光推進の方と出会いました。
高野山展を東京でされる予定であるとか、高野山宣伝に意気込んでいました。
高野山生まれの方で、昔から意気込みは凄いし、多くの企画を推進。
それから、私は伽藍に8x10カメラを持ち込み、高野山に多く見られる、あせび
と、灯篭を撮影。つまり、灯篭の頭からあせびの白い花が咲いている様に
見えるのである。(ユーモアのある写真を大型白黒で)
やがて、日が射した、奥の院入り口の、高野山で最大の山桜を撮影する気で
日がさして、桜の花が夕刻の光ですごく立体的になり、時たま雲がかかると
柔い光りになり、桜は光になごんでいるようであった。

 8x10では、始めてである。長時間かかる、花が揺れる場合もあったが、
花が揺れるのは、その一枚に長い時間の経過が写されている証しとなる。
写真は時間の隙間を記録するが、時間の経過も記録する。
それがー揺れや、ぶれになるのだー。
伽藍で写したあせびも4秒と言う、時間だ、昔なら揺れなくなるまで、
待った。今は風がなくなるまで待つ時間もないが、それよりも、風も風景
の中の要素である。
 風を写す事は重要である。
8x10の現像が、何時出来るか?である。デジタルであればもう画像が
見れている(質は非常に悪いが)。
 帰りに本屋でアサヒカメラを見たら、本年度の日本写真協会の受賞者の名
で永坂が、あった。
6月1日に記念作品展と授賞式がある、ぐずぐずしておられない
明日は、写真展の事で吉野山行きである。吉野の桜は散っているが新緑が
楽しみである。
10年前に刊行した、ガイドブック、巡礼高野山のデーターが古いので(約8万部)
少し入れ替えて再刊行の話が来た。
[PR]
by Ynaggie | 2007-04-23 22:41 | Diary
白川義員写真展『世界百名瀑』5/2ー5/22阪神
昨年の春、白川先生から連絡を 頂いたのを思いだしている。
丁度、名作写真館の編集者がこられる日と同じ日で
私はお手伝いできなく、新宮と有田の方にお願いしたのであった。
 世界百名瀑の撮影で和歌山の熊野の那智の滝の撮影だった。
先生がヘリで八尾から新宮に入り、(空撮)それから、夜8時PMに  
滝つぼから徒歩で滝のある森に入り、神秘的な夜半の滝を撮影された。
付き添った新宮の方や、宮司代行の神官さん等、夜は滝が光沢をまし、
滝が白く光って幻想的だーと 素晴らしい、別世界だー、と
同行した方々が私にその感動を話した。白川先生はさすがだーと
言っていたのを思いだした。
先生は夜中から朝まで滝の中での撮影し、70才も過ぎた
先生のその気力に敬服した、驚いたと、言われてういたのを
思い出しました。
あくる日 先生はへりで東京へ帰路に着いた。
 その撮影での写真が今回の展示会で見られるか楽しみ
です。大阪.梅田『阪神百貨店5月9日ー5月22日』まで
サイン会あり、ただし、写真集購入者のみ。
主催ーNHK近畿メディアプラン.日本経済新聞社.協力小学館
 学生さんは、300円と入場しやすいので、是非レポート
を書いて下さい。では=。
 大型作品展が本当に少なくなっています。是非ーこの凄い
写真展を皆様、観に言って下さい。
もう幾年もない我々の生命ー東京から新幹線で来る時間は
ないのである。先生は那智の滝の撮影終了後は、2ー3日
休み、アフリカ方面に撮影に向かったと言う。
[PR]
by Ynaggie | 2007-04-20 00:23 | Diary
写真著作権と社会秩序
今日は、奈良市写真美術館の方が高野山に来山。
朝、10時に高野山駅に迎えに行き、待つ間に??????霊園
勧誘のパンフがあった。とても美しいので、中を開くと、
美しい高野山の雲海の写真があった。あれ、私の写真では?
何百万の土地を販売する豪華パンフ、まさか、私の写真?
かなー。 高野山で学芸員と仕事が終わってから、
友人の写真好きな方にに、見て頂いた、ウーン、そうやなー。
これは、永坂さんの写真やなー。
しかし、木が多いし、コンピュターで創ったんかなー。制作は
昨年の9月と書いてあるわーと見つけてくれた。
著作権違反と違うんかーと、これももし、あんたの写真やったら、
ほっておいたら、OKと思われるからー相手はそれが狙いやろー
早く対処しないとー。と言われたが、知らんと制作、納品した印刷屋も
大変やなー。ー写真著作権を知らないかなとは言え、知識がないなー。
風格ある荘厳なお墓を販売するだけに、文化発展にも気を向けてほしいとは
思った。どうしたんかなー
と、雑談した。裁判しないと、あかんかなー。
 社会の秩序があってこの世の中は成りたっているしー。
 著作権は、お金をとる為といわれても困るし、
 人間の文化発展の為にあるもの、生きて行くには物を買う、
 それを、買うお金はいるんだしー。写真とるもの大変な忍耐と時間が
 かかります。高野山の雲海の場合は、15Kgの機材を持ち闇の中を
 山へ年に何度も登攀しやっと撮影できた写真です。   
 それだけに、皆使用したがっているのは、分かりますが。
 東京、大阪から1日で来て撮影した消耗、写真と同じにしか、思わない
 とは、残念です。写真芸術の故里、カーメルの人々はやはり、写真を
 心から愛してしています。写真作品を買います、と、思うのですが? 
  どうしょうー。と言う事で今日は終わった。
[PR]
by Ynaggie | 2007-04-16 23:45 | Diary
超大型8X!0
本日も朝、吉野にいったが、少し遅れたのか、散っていた。
私は、奥駆道から(五番関)を越えて、洞川(今も女人禁制の山上ガ岳への
向かう地)へ、向かった。作年は真冬に何度も雪と氷の道を車で登ろう
として、車が雪で浮いてしまい、登れず歩いて、頂きに向かったのを
覚えている。
今日は快適であったが、車のガソリンが無い、この時の運転の方法を
インドのダージリンで覚えた。それをまねしながら、下った。
エンジン、ギヤーをはずすと、ガソリンは消費しないのだー
しかし、若い方真似をしないで下さい。私は60万キロも走っていて
もう、車はわかり切っているから、出来る、新人は危ない。
これをやると、下手するとブレーキが効かずjに、谷底にまっしぐらーです。
  それよりも、今日の収穫は
まだ、芽がでていない、つたが、山になっていた。これは写真になる。
天川への道では、かれたつたの山の中で、桜が見事に咲いていた。
これは、4x5の白黒で撮影した。いいのが出来る。
[PR]
by Ynaggie | 2007-04-16 00:47 | Diary
なんばパークス写真学科展
なんばパークス(なんばに出来た新しい名所)
6月12日(搬入)ー6月18(搬出)
学生主体の作品展(4回生が運営委員)
写真の原点ー『銀塩写真による表現』と『デジタル写真による表現』
を、テーマーに作品展が展開される。
OBの招待作品は、大村克巳さん。所幸則さんです。
どちらの方々も、日本を代表として活躍しています。
[PR]
by Ynaggie | 2007-04-14 22:17 | 展示会情報
高野山の春
高野山にも春が来た。
朝、高野山でいると、寺院の奥さんが今、内のしだれ桜満開
写しに来て、と言うから見に行くと、本当に美しく咲いていた。
山桜も山内で咲き始めた。吉野ももう終わりかな=
大学の始めの為に、ここ4ー5日は桜の撮影が出来なく、その
間に暖かくなり、一気に咲いてしまった。
明日から4日間、撮影や奈良市写真美術館での企画推進にかかる。
山麓の築野食品が早くも、協賛を申しでてくれた。
皆様、築野食品の米油や、米ぬか化粧石鹸は化学的に明かされたもの
です、若返ります。
午後には、学生の悩み相談を受けた。以上。
[PR]
by Ynaggie | 2007-04-13 20:07 | Diary
方向性
今日は大学のゼミ分、コース分の日であった。
昔とは違い、学生が何を求めているかがわかりにくい。
昔はほとんど、写真を職業と希望する学生が
基本的であった。
今は何かわからないが、女性が多いのも特色。
写真を楽しみたいと、いう学生が多いのも特色。
巨匠が、学生に向かって、写真で飯を
食う方法、とか、様々に現実的な話をした。
 写真では飯は食えないと、思っている学生も多いが
それよりも、もっとアートとして面白いものを創りたい
と思っている学生が多い。別に写真じゃないんです。
と言う感じと私は見た。
明日は各々選考が決まる。パソコンでの表現や、色んな事
やって見たいと言う学生が多いと思う。
現実的(写真で生活しようは)
残念ながら方向性は少ないと思う。
時代の違いが顕著に現れるか。1時PM(11日)
また、写真事態が大いに様変わりしているからだとも
考える。写真家として多くの方々が崇めた方でも、自由人である
学生にはカヤの外かもしれない?
[PR]
by Ynaggie | 2007-04-11 00:03 | Diary


ライフログ
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧