写真家 永坂嘉光       大阪芸術大学教授
by Ynaggie
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
1948年、和歌山県高野山生れ。大阪芸術大学芸術学部卒業。1970年頃から故郷高野山をライフワークに撮影をはじめ、宗教と文化をテーマに日本各地やインド、ブータン、スリランカなどアジア各国を取材する。現在、大阪芸術大学写真学科教授。主な写真集に『高野山』(毎日新聞社、1980)、『弘法大師の足跡』(同朋舎、1984)、『高野山千年』(ぎょうせい、1989)、『永遠の宇宙 高野山』(小学館、2001)などがあり、とんぼの本シリーズにも『巡礼高野山』(1990)がある。2002年、東京写真文化館で個展「永遠の宇宙」、同年、アメリカ、ウェストン・ギャラリーで個展「Echoes of the Spirit」を開催。2004年、日本写真芸術学会芸術賞受賞。2007年、社団法人日本写真協会作家賞受賞。
検索
<   2007年 03月 ( 14 )   > この月の画像一覧
吉野の町、活気
今日も、吉野山の撮影,早咲きの桜は満開、もう多くの桜群も
いまかと、咲くのを待っている様であった。
 人は少ないが商店は全開、冬に旅した折は、お店が1件しか開いて
いなかったが今日は、東京の原宿みたいで活気あった。
桜が満開の吉野は活気から、狂気になるー。今が一番いいと思った。
 
 撮影を終えた私はお昼に、品のいい店に入った、以前そこには、ローライ
のカメラが展示してあったのもあり、その店に行った。もうとローライは
なかった。
そこの若い方がどうやら写真が好きらしい。
私は葛のセットをいただきながら、写真集のパンフをあげたら、
奥の方から、若い方がでてこられ、写真の話で、沢山な話をした、
持っていた作品集を見せるとこれ売って下さいーと
また、店のサライの別冊を持ってこの表紙あなたのですか?
はい、と言うと、わーと言ってコーヒ出して頂いた。
その後、アオリとは何とか、色々な話をした。
そんな訳で今日も1册熱烈な方が写真集を買ってくれた。
それから、東南院の大日如来を撮影して、大阪北区まで、現像を出しに
向かった。
 一日は早い、明日はまた桜の花が開くだろう。
[PR]
by Ynaggie | 2007-03-29 23:57 | Diary
吉野撮影と散策
吉野はまだ、桜が咲いていなかったが、時が来るとあの
賑やかな(心斎橋みたいな、東京なら原宿みたいな人だかり)
季節の到来を感じながら、歩いていた。
つけもの屋の兄さんの売り込みに答えて、一つ買ってから、
私の写真集を見せたら、ウあー来れ買うわ、吉野の人だったら
皆買うよ−、と言いながら、良く話すと、芸大通信の写真学科の
卒業生のおい子さん、とわかり。世の中は狭いなー
この間卒業したばかりで、何かの縁ですねー
[PR]
by Ynaggie | 2007-03-29 01:38 | Diary
作品展準備
いよいよ、4月目前、あっと言う間に新学期が始まる。
奈良市写真美術館の作品展の企画推進にやっと取り組める。
明日から、吉野撮影と後援依頼、高野山も同じだが、吉野の桜シーズン
に、天界の道=絶対1、000は売らないと、思うのだが、
営業ばかり、やっていないので、残念。
僕が、写真集の専門営業だったら、この春で2、000は売れる
と、思う。写真集が売れなければ、写真芸術文化は廃れて行く。
変な、アイドル写真集ばかり、バカ売れして、西欧、米国では
芸術写真集が1万ー10万部と売れる土壌があるのに、
日本はアイドル写真集か、それに似た芸術写真集が(有名作家に
なった)売れて。
でも、白川義員氏を皆さん知っていますか。宇宙を越えた写真家
です。大きな図書館には必ず置いています。御高覧ください。
 アイドル写真家大好きどうかは、知らないがですがー。
 命がけの、撮影での地球のアートを克明の捕えている。
 今度、私ブータンの忿怒像を以前沢山撮影していますが、アカ
デミックな色彩は凄い、
また、合体仏に若者は何を考えるか。
密教の本質を物語る、男女合体像、それはなにを意味するか?
一度、問いかけてみようとも、考えている。
[PR]
by Ynaggie | 2007-03-27 00:05 | Diary
3月22日
 卒業式
22日卒業式であった。昼に食事の折に織作峰子新学科長が紹介された。
女性が多い、写真学科、この器用は思いきった事だ。
来年から、新しい写真学科が注目される事でしょう。
式が終わり、謝恩会があった。
やはり、若いかたは一杯飲むと、楽しそうであった。
皆が酔って終焉が近くなった折に、各々先生の挨拶を
学生が指摘した。10名ぐらいの先生なので、皆同じ事を言う感じが
するので、私は、お笑いのエンタのものまねをしながら、
卒業おめでとう、卒業してお金を稼ぐか、卒業して結婚するか、
卒業して貧乏になるかは、『自由』だー。と大きな声で言うと
皆、集中し、笑い、床に転がりお腹をおさえながら集まっていた。
。普通なら、卒業して、がんばって、
成功をいのる、とか言うのを、
頑張るか、頑張らないか、『自由』だー。と言った。
何か大いに受けていた。自由にやりたいのが、
今のわかものの心境。『本音』でしょう。
先生と言うものは、つい、説教になり祝いの場がしらけるのである。
私の次は、平木収先生の番でした。
その、折に永坂氏は、日本写真協会ー作家賞を受賞したと、
紹介していただいた。今度は違う意味で皆さんから、拍手を浴びた、
一生の思い出になった。皆手をたたいて喜んでくれた。
笑ったら、免疫力がアップすると、いうけれど、あまりアルコール
は、苦手であるが、全然酔わなかった。 
[PR]
by Ynaggie | 2007-03-24 23:42 | Diary
正御影供.奥の院
21日
奥の院正御影供であった。晴天の日ざしはいい感じ
であった。
光があり、立体感が出せる。
9時過ぎであったので、既に奥の院に入道していた、
とは、言えいつもの様に多くの参拝者がない、
奥の院の御影供は、宣伝しないから、少ないと感じたが
信仰する事 事態が少なくなっている。
10ー20年前なら、PRしなくても、凄い参拝者であった。
が、やはり信者はかわりつつあると思った。
肝心の写真は、光を感じる写真が撮れた、
空海の衣が、奥の院から出る、久しぶり追いかけて撮影した。
2、300メートルは全速力で走る。以前と違い、息がキレタ。
今度は、奥の院から行事を終えた僧の列が還る、
反逆光で、ねらい、石灯篭に衝突しない様に走りながら撮影した。
米国で発様できる様な 質のいい芸術作品ではないが、
日本向けとしては、素晴らしい作である?
 
それから、 和歌山市から タクシーでこられた方3名と
私の作品がかけられている、中の橋の『はちよう』で待ち合わせた
こんな場に写真があると、驚いていた。
[PR]
by Ynaggie | 2007-03-22 00:06 | Diary
正御影供
明日21日は高野山奥の院正御影供
この時は実に多くの方々が奥の院に参集。
空海になった、新法印が輿に載って、空海の廟前の
灯篭堂に向かう。
年に一度の法会。
法印にとっては、一生に一度しかない、行事。
詠歌の音が千年杉の森に響き渡る、なんとも言えない
法会です。
きらびやかな、僧衣を身につけた僧侶の列は、漆塗りの
木の下駄を履き、輿に載った、法印と共に奥の院に入道する。
[PR]
by Ynaggie | 2007-03-20 21:05 | Diary
写真の基礎
写真の基礎
デジタルカメラであろうと、マニアル、カメラであろうと、
多くの写真は、被写体が必要である。
被写体とは、写されるもの、
写されるものと、写すものとの関係が、写真の出来、不出来を
左右する。
写す方のー意識がどの程度であるのか、
写される、被写体の性質(物、者、人、自然)を、良く知る。
知る、織る、と、漢字で、その意味合いの段階を現わしているが
被写体をどの様に認識しているかが、問題である。
どこまで、深みにはまるか。
または、通りすがりの認識にとどめるかはー
 自由だー。と今はやりのコントがつい出てしまうが、
 今の写真表現の流れからして、自由だーの方が多いですね。
何も、被写体の本質をさぐって、長い間の撮影で本質を見る
その様な時間がとれない方が多い(現代人)。
また、現代人の評論家は、現代人の表現に大いに賛同していて
多くの現代作家が誕生している。
しかし、それも写真の原点をついているかも知れない。
粒子の荒れた、ざらざらした、写真を見ても嫌悪感が漂うだけである。
しかし、それが、今までの表現を破った新しい表現として賛美された
時代もあった。しかし、その写真に心は癒されない。
そんな表現するなら、画でも描いている方がいいのでは、ないか。
写真は被写体の本質を見極めるのが、写真の醍醐味であると思う。
いい加減な写真表現とおもいきや、コンセプトをつけられては、
文句が言えない。その様なかたは、小説家になればいいのでは、
小説が書けないから、表現分野が未開発の写真の分野に入り
その中でコンセプトの『漬け物』の中で、ひたり切っていて、
おれは、偉いと鼻ヒゲをはやしている、自己堅持欲の強い
巨匠。アンセル、アダムス?もう、それは古い、と軽々言ってしまう
じゃーお前さん、一体何を創ったのか?何も出来ていない。
じゃー文句言うなよー。と思うのである。
世の中、意見を強く言う方は、筋も通っていて、認めるが、
その、筋の通った、理論はだれかの書いた本で作り上げた
筋の方が多い。その方の言い分が正しいか、正しいくないかは
2ー3年しないと、分からない場合が多い。
だから、真実がネジ曲がる社会ができるのだー。

さんざんの悪口をたたいたが、実は
写真表現は多岐に渡っている、小説では表現できない表現が
写真には、できる。ZOOM1月2月号に掲載されている、北島
氏の写真である。同じ、分野の人を重ねて写す。
山伏、医者、看護婦、その他、10名以上の方を重ねて写すと
そこには、鼻筋、顔だちが、共通するかたちが残っていて、
それぞれの仕事の分野で働く共通の顔の相が認識できるーこれは
写真にしかできない、表現である。
だからー写真の表現はこれからいろんな分野が出て来て面白いし、
芸術として更に欧米並みに認められてくると思うのである。
[PR]
by Ynaggie | 2007-03-20 05:03 | 写真技術伝授
瞬間の美

高野山の寺院
檜の皮で葺いた屋根に(ひわだぶき)残雪が残っていた。
紅梅は、そろそろ紅い芽を出しそうである。
後、10日もすると、勢いよく紅い花をだすであろう、
今日も寒い、寒風の中いまこそと出る機会を待ち望んで
いるようである。
昨日は光があたる、瞬間を見れなかった。
その、瞬間を見る事は、
社会的には、なんの得にもなりはしない、が、私は
今まで、それに多くの時間を費やして来た。
そして、見る事によってこの一瞬を写真で留めておく、
一節を考えるのである。
[PR]
by Ynaggie | 2007-03-18 09:23 | Diary
襖画修復の撮影
名画が描かれている寺院の襖画の修復、再現
本日、由緒ある寺院の襖画の再現の撮影をした。
2年前からの企画であるが、時間がないのと、
大手の制作所に依頼すると、何千万とかかる仕事で
、私がその100分の1の研究費用で試みようと
撮影した。重たい機材を運ぶ、安価にする為に
助手は雇えない、襖は雨垂れで、ひどく斑点や傷
が、目立つがこの襖は、すごくいいものである。
修復は不可能と思える跡があるが、
写真撮影で、処理し、IT技術を使えば、同じ物
が、何枚も出きる。(和紙)
大変、安価で色が変わらないし、
いいものが、安く出来上がる方法を研究中である。
試されたいがございましたら、
是非、研究段階で、御依頼ください。
方法を教えます。
文化財保存委員会の方々が、希望されていて、
和紙にプリントをどうするか、の依頼がありました。
また、その和紙は、純粋の和紙か、色があせないか?
と、言う内容でした。
[PR]
by Ynaggie | 2007-03-18 01:32 | Diary
永坂ゼミ入門学生展オ−プニング
 
 13日、多くの方々の参加で、5名の初段階(3回生)の学生
の作品展のオ−プニングのお茶会が写真展会場で開催された。昨
年の秋に日本写真印刷を見学し(小学館の方々の手配)最新の印刷工場の見
学にあやかったのであるが、
その方々が、あの学生はどうなったか?とオープニングにまで参加し
小学館や日写や、編集デレクシュンの『エクラ』の小西様からお花まで頂き
ました。
東京で活躍するOBの方々が、約40名以上の方々も参加し会場は人で一杯。
普段、学生達は刺激の少ない環境でいるせいか、
4名の学生は経験した事のない忙しい貴重な体験をしたことであろう。
 14日はマグマム(世界最強の写真家集団とも言われていた)の
元支社長が来られて、何だか不機嫌そうであった、あんの定、女の子は
写真の意味合いについての理解度で怒られ、ついいにへんこんで、泣い
てしまった。(悔し涙??)
最近の写真教育は大学では、そこまで言えないーと言うのは、何かと
セクハラ.人権侵害.差別用語だー、がある・それは、アンケート調査をする
等、もあるので、思いきって言えないが、私はお前はブタ太り、写真を
写してやせろーなんて言うが。瞬間 言っている方であるが、 
 東京ではその点、はっきり言って下さる方がいて良かった。
 まだ、開催中でありますが、気をお使い頂き、オープニングに参加し
 て頂いた方々に深くお礼申し上げます。
 また、私も日本写真協会ー作家賞を頂きました。あわせて、お礼申し
 上げます。
[PR]
by Ynaggie | 2007-03-15 23:50 | Diary


ライフログ
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧