写真家 永坂嘉光       大阪芸術大学教授
by Ynaggie
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
1948年、和歌山県高野山生れ。大阪芸術大学芸術学部卒業。1970年頃から故郷高野山をライフワークに撮影をはじめ、宗教と文化をテーマに日本各地やインド、ブータン、スリランカなどアジア各国を取材する。現在、大阪芸術大学写真学科教授。主な写真集に『高野山』(毎日新聞社、1980)、『弘法大師の足跡』(同朋舎、1984)、『高野山千年』(ぎょうせい、1989)、『永遠の宇宙 高野山』(小学館、2001)などがあり、とんぼの本シリーズにも『巡礼高野山』(1990)がある。2002年、東京写真文化館で個展「永遠の宇宙」、同年、アメリカ、ウェストン・ギャラリーで個展「Echoes of the Spirit」を開催。2004年、日本写真芸術学会芸術賞受賞。2007年、社団法人日本写真協会作家賞受賞。
検索
<   2007年 02月 ( 9 )   > この月の画像一覧
写真作品専門ギャラリー高野山
高野山ーといえば 南無大師遍状照金剛ーの山と、
東京からいえば、霊験あらたな、高峰に修業の方々が
経を唱えるー地ー。線香の香りが全山を覆い尽くす。
 と、連想されると思います。 もちろんそうであるが、
絵画よりも、新しい、ニューアートの写真が 
高野山写真が展示される。   
高野山の写真の代表作品や、オーナーの希望の作品を
豪華アーカイバル(永久保存)仕上げの額装入り
で、作品が展示される。
海外の方が多くあつまる高野山ー世界には写真フアン
が、沢山いる。写真を通じてより、高野山の美を知る
事でしょう。
しかし、内装や展示ライト等、装備したものの、昼の光で
額のガラスが光り、見えない。
また、喫茶店と言う形式の為に、余り、ギャラリーのイメージ
が湧かないのは残念。
[PR]
by Ynaggie | 2007-02-26 00:23 | Diary
3月13日
3月12日は高野山で法印転衣式(弘法大師の身替わりとなる、
松三法の儀式ー全国の多くの方々が来山する)
私はこの式典に参加し、撮影もするが、そればかりデは無いので、忙しい。
又、次の3月13日は永坂ゼミ展の東京展である、
夕刻、6時PMから、オープニング、パーテイを始める、
ろ、言うのは大阪芸大写真学科OBや、私の知人や、皆来て下さい
展示された、作品は2004年度の学生で(3回生)まだ、いい
作品とはいかないが、テーマーを『五大』と決めて
地、(島田真希)水(長澤茂)火(高大樹)風(渡辺光容)風(永吉英吉)
参加作品はーoBの秋山華子(蔵王権現撮影の折に、未明から荷物を運んでくれた方)
      下田康晴(毎日10本は撮影し、多くの作品を創った。掃除が大好き)
 ギャラリーはRooneeー四谷4ー11 03、3341、8118
       元赤坂のー東京写真文科館のデレくター(篠原氏のギヤラリー)
       13日ー夕方から、お茶パーテイ
       13日はまた、(社)日本写真協会賞の選考がはじまる
       今年はだれかれかなー。
[PR]
by Ynaggie | 2007-02-20 22:34 | Diary
zOOM
イタリア版ZOOM誌が送られて来た。
素晴らしい、写真芸術雑誌である。
イタリア、始めフランス等西欧の国々、ロシア、アメリカ、
で販売され、日本でも3000部から販売される様になった。
小生は大御所、細江英公氏の次のページに紹介され、
p-30からP-35までである、掲載写真は叙情的な写真はなく
すべて、アート写真である。
もし、手に入いれたい方は、 FAX,NO03ー3226ー7498
に連絡して下さい。
[PR]
by Ynaggie | 2007-02-17 23:06 | 写真集
釈迦涅槃会(常楽会)14、15日


 釈迦涅槃会は一般の方々は、行が修される大広間の横の囲炉裏
(いろりの間で)詩人、俳句の会の方が参加する。
ここには、パソコンを持って来る方はいない。
 囲炉裏の間は高野山独特で、薪をたくと、煙りがまっすぐに
出る。 煙突が屋根の上まで創られているので、室内でいくら薪を燃や
しても煙がたたない。 空海が考案した、部屋全体が暖まる1200年前
のストーブである。もちろん停電しても関係ない。
[PR]
by Ynaggie | 2007-02-14 23:36
3月12日、高野山 法印転衣式
高野山で、1年の間、弘法大師の身替わりとしての、代役を勤める
儀式がある。法印転衣式といい、1000年以上まえからの、法灯
を告ぐ。本年はつい前の高野山真言宗宗務総長、総本山金剛峰執行長
土川正道(はぶかわしょうどう)猊下(げいか)である。
私の若い折から撮影等 お世話になり、
特にイタリア、リミニィ世界平和ミーティング、私の写真展を開催
(30万人参加、来場者は10万人と言われている)していただいた
のをついこの間と思い出す事もありました。
その後は、高野山に西欧の方々が良く来山する様になった感じである。
今は、高野山には海外の方々がかなり多く、高野山で、私の写真集の
多くは海外の方の間で人気である。(それで英字を入れている)
土生川正道猊下は、高野山世界遺産登録にも中心に尽力された方で
3月12はお呼びがかかり、式典に参加致します。
式典は、金剛峰寺大広間に、山内の住職が左右に正座し、普段と違う
装丁。全国から3000名以上の方々が、お祝に来山、地元の方も
300名以上は参加し(この時のお昼御飯が美味しいー飲んだリ、食
ったり)毎年ーこの式典はあります。
人数を集める、競い合いや、お昼の食事がどの様なものが、出るか
それで、威力を量るから、この式典を迎える法印さんはー大変である。
我々、大学教授は、本をたくさん出版していればーおのずと学生も増し
なんとかなるが、法印さんは、政治力を見せないと、ダメだなーと、
大変と思います。1年の間、法印を勤めると、前管様になり、管長位へと
すすむのである。
 この日は、高野山に春が来た感じと、床の冷たさ、金剛峰寺の台所の
  湯気がなんとなく、気持ちがいい。空気が清々している。
  大きなー 台所の廊下が光り、そこにうつる僧影がなんとも言えない。
   
 
[PR]
by Ynaggie | 2007-02-11 10:59
新教授
写真学科に、世界的な写真家ー野町和嘉氏、榎並悦子各方々が今年度
4月から教授されます/
しんもと様ー 沖縄はいい天気ですか?   
[PR]
by Ynaggie | 2007-02-10 22:21 | Diary
アンセル、アダムス作品販売企画、残念日本
東京でNYの藤松忠夫氏(NYの長寿の方の研究された、それらの本の著者です) 
老いて動ける米国人)と藤松さんの本を出している、飯田徹さんと
(東大卒がやけに多すぎる)両国まで、そばを食べにいった、天下の知恵袋
で文句いいの藤松氏もうまいと、御満悦。私も信州にぃつて食べるより、
断然おいしいと、談笑した。
それは。全部手造りだからであった。機械が全然はいらない、
心のこもったそばです。と、
現代のIT世界とは、全く逆行するが、停電になっても、このそばは
作れると自慢のそばやでした。
 しかし、デジタルカメラは、ビジネス大国米国が創った、人の
心まで、破壊するビジネス機械だーと、盛り上がった。
ブッシュ大統領は、世界に炭酸ガスをまき散らし、おおばか野郎だー
といいながら、鉾先は中国の格差社会に向けられて行く。 
中国は共産でなくなる、出来る人が延びる社会だー
上海には、日本人よりも、大金持ちが集まり、多くの美術品を買い
写真等も、日本の数倍の速さで売れる。先日高野山に中国の団体が
宿泊したが、あくる朝1万もするメダル等、全員が買って行った
そうです。
それに変わり日本は格差が少ないし、社会主義か共産の国ではないか。ー
お互い肩を並べ協力しないと、日本は世界に対抗できなくなっている。
そうですね、年功序列社会も、社会主義みたいな、流れがある。土地を
民間に譲渡する、中国の今後の政策は、中国を自由主義大国への道みた
いなものだーと話がはずんだ。日本経済発展を見れるバロメーターの
新日鉄も、資本提携を繰りかえし、米国や中国の大企業からの買収に
対抗していると言う。このままいけば、日本企業は海外の企業の買収
に合うといわれる。
出版会にしても、今のドル箱は、マンガの収入によるものが多いと
言う、海外の企業に軽く買収される可能性は大である。それは、
日本の出版物は、日本国内のみに、多くは留まったからと思うが、
今後は海外と提携していくであろう、いかなければならない時代である
と思う。      実は。。。。
と、言うのは、実は写真界の巨匠アンセル、アダムスのミュージアム
セット、と、エドワード、ウェストンのコールプリントのセット
、やイモジン、ルース、バン、ハート、そしてブレッド、ウェストンの、
150作品以上写真作品(総額1億円近い)これは日本のコレクターが
所持、この、コレクションの行き先は、いまや、中国しかないのである。
日本では購入者がいない状態。せっかく、写真文化向上を夢見て
米国から、購入した作品群が、日本で役にたたずに、手放す事に
なる、日本人として悲しい事実がやって来る。
この、購入は私もお手伝いしたので大変残念。
[PR]
by Ynaggie | 2007-02-06 22:05 | Diary
節分の雪
2/2日の夕刻、吉野蔵王堂に行ってみた、明日節分の前夜祭で、ライト
アップされて、まだ日が明るいので、いい感じの雪景に出会えた
撮影したが、祭りの膜やライトが邪魔であったが、かまわず
撮影した。日が落ちると、吹雪で雪がライトアップされ、星くず
の、様であった。炊き出しのぜんざいの湯気が美しかった。
明くる朝、吉野に向かうと、観た事もない、雪景色、高野山と違い
広い風景があった。しかし、吉野の節分の豆まき時間があったので
で撮影せずに走った。
全国の鬼があつまる、吉野金峰山寺、多くの方々が、参拝に
来ていた。
鬼は内、福は内と、、、これはここらへん(天河も)の節分である。
[PR]
by Ynaggie | 2007-02-05 21:56 | Diary
存続、強い芸大
写真学科の入学試験
1月の試験としては、昨年の倍増し、一時、学科運営が
危ぶまれていたが、昨年の1月受験を約倍の受験者で賑いを
見せた。  
老舗、大阪芸大の写真学科の存在を再認識された
結果と思いますが、来年はさらに倍増しを願い頑張ります。
[PR]
by Ynaggie | 2007-02-01 00:43 | Diary


ライフログ
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧