写真家 永坂嘉光       大阪芸術大学教授
by Ynaggie
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
1948年、和歌山県高野山生れ。大阪芸術大学芸術学部卒業。1970年頃から故郷高野山をライフワークに撮影をはじめ、宗教と文化をテーマに日本各地やインド、ブータン、スリランカなどアジア各国を取材する。現在、大阪芸術大学写真学科教授。主な写真集に『高野山』(毎日新聞社、1980)、『弘法大師の足跡』(同朋舎、1984)、『高野山千年』(ぎょうせい、1989)、『永遠の宇宙 高野山』(小学館、2001)などがあり、とんぼの本シリーズにも『巡礼高野山』(1990)がある。2002年、東京写真文化館で個展「永遠の宇宙」、同年、アメリカ、ウェストン・ギャラリーで個展「Echoes of the Spirit」を開催。2004年、日本写真芸術学会芸術賞受賞。2007年、社団法人日本写真協会作家賞受賞。
検索
<   2007年 01月 ( 8 )   > この月の画像一覧
インド
インド建国66周年
核兵器保有ー米国に認めさせた国、巧みな交渉
好景気、
[PR]
by Ynaggie | 2007-01-30 22:18 | 高野山
揺れる写真教育
 斜陽化した教育からの模索
写真が学問として、認められ始めたのは、ここ最近であるが、
さすが、東京は日大写真学科が古くからあり、日本の評論家や
写真家の大御所は、この大学の出身である。日大に行くと金丸
重嶺氏の肖像がかかげられ、崇められている。
決して新築の建物ではないが、それなりの風格があった。
私は大阪芸大の美術に入学した(著名な画家が教授をしていた)
写真はしらなかった、東のニュースなんて、入ってこなかった、
カメラ雑誌も、私の地方では販売はしていなかった。
しかし、新しい芸術(故ー三木淳氏が高野山に来た=皆ーライフ
の仕事している、凄い方が家に泊まったんよー。(和歌山の島村
安彦氏の紹介。)と、写真フアンになった、寺院の奥さ
(没)んは、私の作品をよく買ってくれたものだ。
あの、中川善教大師(故)も、昭和の初旬ぐらいから、ハッセル
を持ち暗室を持っていた。
とにかく、写真は高い買い物であるので、豊かな方々に広がって
いたのだ。
そして写真家と言うか、広告写真と言うか、写真を売る職業が
ます、ます広がっていくのである。写真専門学校はもとより古く
からあったが、写真屋さんの学校から、アーチストの養成に
乗り出した。
そのころ、大阪芸術大学に写真学科が創設される事になった。
専門学校で、アーチスト養成をはじめた、さとう健先生や
その弟子の御内朗成先生、秋田哲周氏、他が芸大に引っ張られ
て、教職についた。
時代に即した、芸術写真家養成大学が誕生したのである。
私は、いつの間にか、美術から、写真へ転向していた。
それは、美術があまりにも、自分のものを追求するもの
に、対して、写真はそれ以外のものを伝える事ができるし、
人の為になることも出来る。また自分の個性を発揮出来る。
ト、いう事から写真の醍醐味を感じたのである。
最近はコンピューターでなんでも操作出来て写真が多くの方々に
使われているー。 ある報道カメラマンが、野球場での撮影で
飛んで来た球の位地を換えて、本社に送ったのであるが、
それが記事になり、
問題になってから、あまりそれはしていないが、その問題に
なるまで、さんざん、パソコンで偽写真を新聞に掲載していた
のではないか?
これは、写真の問題だけではない。最近の建物の偽装事件や、
ケーキ(不二家)の問題
世の中は揺れている様である。
芸大写真学科の建物は、まだ、
耐震装置はないし、早くその装置をつけなくては、と調査し
ている様である。昭和ー40年代の鉄筋の建物であるし、
多くの学生が学ぶ地域である。
 最近の写真教育は難しい、ますます減少している受験性
であるが、ますます増している学部もある。
キャラクター造形学科の人気は凄い=(時代の流れ)
 写真も昔の形から、コンピュターを使う授業は大半である。
社会が求めるものは、コンピューターの熟達者である、
しかし、ほとんどの小学生からパソコンをいじっているので
写真学科でパソコンと映像を教授しても、時すでに遅し、?
かなー。と言う意見もあるが、さらに専門的な機械を
導入しないと駄目である。
私は日本写真印刷で本年特別許可を得、ゼミ学生徒と日本
最先端と言われる、デジタルカメラの再現撮影を見学した。
それを扱う方が、大阪芸大写真学科生OBで、大変安心した。
撮影に15分かかるが、ものの見事に
国宝の障壁画が再現出来るのである。すごい技術である
ビジネスとして使える最先端だ。
25年ぐらい前に、大御所のK教授が(当時写真学科在籍)
電子画像室を、写真学科に創ってーから、それをある方々が 
受け継いでいる、写真学科は時代に速かった。25年前にも
っと宣伝しておけば良かったのでは?と思う。
 しかし、それだけではなにもならない。
人格の形成・・・が、もっとも重要な課題でないだろうか。
34年後の北極がほとんどなくなる、時代と言われている
そこで、やはり、人間の原点を教えていく事が重要である。
パソコンで、簡単に制作出来るのは、簡単に地球を壊して
勧めているのではないか。
 新聞の写真を創る偽装は、わからない手口で増して
行くのではないか?広告は、作り物である事は
もちろん御存じですが、もうそれは古いらしい。
3/13から、東京で五大、(地球を構成する要素)
地、水、火、風、空の永坂ゼミ学生の展示を致します。
一切のコンピュータは使用していないと、言う。
まだ、この世の中で、マニアルな、学生が存在して入る事に
将来の地球に対して安心感を覚えます。
しかし、学生70名中の5名ですので、後65名には、
攻撃されるだろううー(平家みたいなもの)
 3/13はーオープニングです。是非一般の方々も
御参加ください。
 場所等ー東京のギャラりーですが、後に公開致します。
[PR]
by Ynaggie | 2007-01-23 10:07 | Diary
行者一行と会った
本日は21日空海の日
本日は母の看護交代や、(いつも兄やヘルパーさんがしている)
高野山で空海に会いに行く日。
空海廟に行く、中の橋で、『天界の道』で映っている
女性の行者と会った。
撮影してから、会えず2年振り、犬鳴山は女性の修験で有名
一行と共に奥の院へ、出来上がった本を撮影お礼にプレゼント
した。
そこで、犬鳴の滝は打ちつけるから、気合いが入るので、
行中は寒さなんか感じないが、おわると、ウワーと寒い
を、体が寒さを越して、針を射す様に痛い、痛いを連発した。
 しかし、一番きついのは、高野山の奥の院の玉川、
ここは私も良く写すが、滝はない、川に浸かるのである。
 体全体首まで冷水に浸かる。滝の様に体に強く水が当たらない
ので、えいー、と気合いが入らないし、全体が冷水の中である
ので、かなり答えると話してくれた。
写真の映像では、犬鳴山の大滝の方がきつく見えるが、
行者にしてみれば、高野山の冷たさは格別だそうだ。
次回の撮影をお願い致しました。
行者の若い方の話は、看護婦さんをしているそうである。
いつも、病の方々と相手に気合いを入れているとか。
久しぶりに、雪が積もった。今、明くる午前2時
1/21、空海の日、久しぶりの積雪であった。
[PR]
by Ynaggie | 2007-01-22 01:32 | Diary
作品展終了and世界遺産フォーラム参加
2007年度1月14日  橋本ユネスコ主催永坂作品展終了

 ユネスコ橋本協会の主催の永坂嘉光作品展は1/12 1/13 
1/14の、3日間であったが、約800名の来場者で新年の賑いを見せた。
NHKテレビ、朝日新聞、毎日新聞、読売新聞、産経新聞の全社で
報道されたので、橋本文化会館に多くの方々が遠路から来場した。
橋本で、写真展等は珍しいのであるが、展示作品は1m60cX1m30cの
大型作品を展示した、現実感あふれる構成は効果があった。
搬入、搬出は写真を扱った方でないがで、10名の方々がかけつけられ
無事に終了した。親切な方々でした。
1/26日は、高野山に出来ました。新ホールである、黎明館で15作品
 を、
 [世界遺産フォーラムin 高野山」1/26
 基調講演Alex Kerr,(東洋文化研究家)パネル、デイスカション(五十嵐
 敬喜ー法政大学教授)杉本俊多(広島大学教授)
 西村幸夫(東京大学教授)他の講演等。そのイベントに合わせて出品ー
 永坂作品がイベントに参加します。
[PR]
by Ynaggie | 2007-01-16 23:55 | Diary
現実と非現実
表現ー1
写真が日本で主に認識されているのは、物があり、その物を
美しく、忠実に写す方法を良しとしているのが、大方の人々
である。
被写体が無くても写真が出来ると、言えば、なぜ?と言うだろう
そうなのである。
印画紙の上に、手や物を置きその影絵をつくる、これも写真なのだ。
別に難しい事は無い。
私は、以前、南の国のおくりものと言うタイトルでバナナ、パパイヤ
等を写した。バナナに絵の具で色を塗った、グリーンの葉っぱに、
色々なグリーンの色を施し、それを撮影した。
現実と非現実(絵の具で彩色)のミックスに、夏の果物の情感が溢れ
出ていた。作品は講評であったが、永坂の写真でない、とも言われた事がある。
しかし、私は吉野の蔵王権現様を自然の光と、ライトアップの光で
撮影した。色温度の関係で、青い蔵王様が、赤くなり、その中で青が光る
場面を撮影出来た。しかし、決して青い御神体の蔵王様の忠実な表現では
ない、歴史の関係者から言わせると、赤い蔵王権現様なんか、あるものか、
と、怒られそうであるが、写真は表面を写すのではない、眼に見えない
空気、心、波動を写さなければならない。赤い蔵王様に多くの方々は
感動して頂いた。また、秘仏、弘法大師像も蝋燭のあかりで撮影した
そこには、普段見えない、何かを感じる事が出来る。
光の方向、色合い、フィルムの種類、等で違うのである。
それが、表現である。
[PR]
by Ynaggie | 2007-01-07 00:52 | Diary
NYの企画
NYの藤松氏来日。
NY、元JIISの会長が、第2回めの大きな企画をNYのメトロで
企画。以前はマンハッタンのカーネギ、ホールで高野山の声明
講演会に多くの方々が入場する様にして頂いたが、途中JIISを
退職されたのですが、カーネギ、ホールは満杯になった。
今回はNYトヨタの協賛をさげて、高野山の仏像展の開催の
企画で来山すると言われている。
[PR]
by Ynaggie | 2007-01-04 17:32 | Diary
初詣
秘仏空海ー初詣
2007年の初詣では、元旦の1時過ぎ、秘仏空海像との体面から
始まった。31日の夜半、竜光院の松明を見送った後、家に帰り
24時PM過ぎに、三宝院の新年の護摩を撮影し、その後、空海像
と、あった。昨年は空海の歩いた道15万キロの写真展を全国で
開催した。その報告もあった。
夜が明け、昼は慈尊院ー夕刻に天野神社に家族3名でお参りした。
皆、すき腹にぜんざいを頂いた、大変おいしかった。
眠いので、いつも飲まないーコーヒーを飲んだ。目がさえた。
3日ー
高野山の修正会にでむく、
いつものパターンはもう撮らない。
本年は、入り口には、見事僧侶の下駄が並んでいる。大型カメラ
で撮影。すると行事が終わり、僧侶が下駄をはく、1秒で5ー6名の
動く僧侶と、置かれている下駄を撮影した。
この、写真はだれも買わない、雑誌にも使われない写真だ
よければ、作品になるぐらいで。
しかし、私は実はこの様な写真が好きである。やはり、美術家肌
かもしれない。
[PR]
by Ynaggie | 2007-01-04 01:22 | Diary
天川、大払い、高野山竜光松明、三宝院護摩
12/31日
 NYの気孔の友人が天川に来ると言う、その気孔の方に、天川の大払い
 の儀式の事を教えてもらった。一年の汚れ?を流す儀式。和紙を人の形に
 切り、それを川に流し1年の汚れを洗い、新年を迎える儀だそうだ、
 30日はほとんで徹夜で、やっとの事で天川についた。
 NYの方はまだであった。まず日本最古の弁天様に礼拝の儀に参加した。
 最後のに人の形をした和紙を手渡された。その和紙を体に当てて、息を三
 度かけて、それを宮司さんに手渡した。NYから来られた方が玉串を代表で
 いただいてくれた。
 そして、川に向かい、10名程で宮司さんが、祈りながら流してくれた。
 神秘的な儀式であった。私は宮司さんが、あちらから写してと言われた
 ので夢中になる、川の中で足はもちろん川の中どぼどぼであったが撮影し
 た。90枚写したが、
 1ー2枚がいいのがあると感じた。宮司さんは家に来て下さい、なんて
 言われるので、木造の素晴らしいお家にみんなで、暖かくこたつに入り
 ました。はじめて会うのに、京都の弁当をくださった。皆泊まるらしいが
、あなたも泊まると宮司さんが言っていたよ、と言われ、すごい良いふとん
 があるし、あんなふとんに寝たいと、一時思ったが、こんな美人がとなり
 の部屋に寝ていたら、休めないと冗談をいい(実際天川に来る女性は美人
  が多い)明日又来ますと、いって、 高野山の松明の義に向かった。
 途中山越えで、雪があった、普通のタイヤですべるし、睡魔が襲って来る。
 2ー3回運転しながら、眠ったが、対向車のない田舎道ー(タヌキはでます)
  しかし、あのお払いは、体にいいのか、今は夜中の3時30分。2日連
 続で 徹夜でしかも大移動してい、まだ文が書ける。
 天川の31日の大払いは、何か不思議であった。
 明日は、熊野か、お家で子供の相手か/天川か?
 あけまして、おめでとうございます。これから年賀を出します。
 
[PR]
by Ynaggie | 2007-01-01 03:31 | Diary


ライフログ
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧